スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが本当の柔らかい胸トラップながやちゃ

ブログネタとか、あんまし無いもんやから、テキトーに動画貼ってみるちゃ。



あいよ。この姉様どまちゃ、えらいリフティング上手いがやちゃね。えらい綺麗なねーさまどまがよぉ、肌さらけだしとるもんやから、オラちゃ、鼻の下伸ばしてよぉ、これ見とったがいちゃ。か!またこれ作ったもんちゃ、いいセンスしとんがやねえ。オラみたいなダラなもんちゃ、21インチのモニタをよぉ、最大に拡大してよぉ、目かっぽじって見ととったがいちゃ。ダラやちゃ。

カターレの試合以外ちゃ、ブログサボってばっかしやしよぉ、またいろいろおもっしい動画拾ってみようかのう。
スポンサーサイト

いいちゃん、カターレ勝ったがやぞ!

アウェーのニンスタで、愛媛FC戦やったが。

愛媛FC 5.27 ニンスタ
有田光希 大山俊輔
前野貴徳赤井秀一
田森大己村上巧
内田健太関根永悟
園田拓也アライール
 秋元陽太 


カターレ富山 5.27 ニンスタ
平野甲斐黒部光昭
 木村勝太 
西野誠大西容平
加藤弘堅平出涼
吉川健太足助翔(c)
 福田俊介 
 飯田健巳 




2連敗中のカターレちゃ、アウェーで愛媛FC戦やったがよ。この試合ちゃよぉ、前節の警告でヨンドクが出場停止ながよ。その代わりによぉ、木村勝太が出場したがいちゃ。これまたよぉ、チャンスメーカーのヨンドクとは違ってよぉ、ストライカーの木村勝太を起用するもんやから、何考えとらーかと、オラちゃ、試合前に気になっとったがいちゃ。

チャンスメーカーのヨンドクがおらんもんやからよぉ、3人もストライカーを起用して、どうやってゴール奪うつもりながやろ?とか思っとったがやけどよぉ、ショータちゃ、前線からよぉ、えらいガンガンプレス掛けてよぉ、頑張っとったじゃ。ストライカーというよりもよぉ、ディフェンシブフォワードみたいなもんやちゃね。そんでよぉ、ボール奪ったら、積極的に前線に絡んどったじゃ。この試合ちゃ、ショータの動きがえらい目立っとったのう。ショータが上手いことプレス掛けてくれるもんやから、カターレが上手いことペース握っとったじゃ。

良い感じによぉ、試合が進んどったがいど、28分によぉ、愛媛のロングスローから、いーちゃんがボールを処理しそこなったところでよぉ、西野と味方同士でぶつかってよぉ、西野の膝がいーちゃんの頭にかつかったがいちゃ。イケメンのいーちゃんの顔がよぉ、えらい腫れ上がっとんがで、痛そうやったがいど、そんでもプレーしたがよ。やけどよぉ、ゴールキック直後によぉ、変な倒れ方するもんやから、オラちゃ、心配で心配で画面見るのが辛かったじゃ。その後よぉ、救急車の音が聞こえたもんやから、前半ちゃ、試合どころやなかったがいちゃ。

後半もカターレが結構頑張っとったがいよ。アグレッスブにプレーしてよぉ、愛媛のミスを誘って、上手いことペース握っとら。ボール奪ったらよぉ、大西のクロスを軸にしてよぉ、積極的に相手の最終ラインに仕掛けとったがよ。愛媛の秋元がえらい頑張っとるがで、なかなかゴール決められんがやけど、良い感じやったじゃ。

そうしたらよぉ、54分にゴール正面でよぉ、ファール貰って、フリーキックのチャンスながよ。キッカーは弘堅やちゃ。いっつもやったらよぉ、福ちゃんとか誰やらにいっつも合わせとんがやけど、今度は直接狙ったがいよ。それがよぉ、左隅に上手いこと決まってよぉ、カターレが先制ゴールゲットながいよ。

その後ちゃ、カターレのもんがよぉ、前半からよぉ、走っとるもんやから、ダヤなってよぉ、足が徐々に止まるようになってきたやちゃ。そこでよぉ、愛媛がペースを掴むがんだがよ。カターレちゃ、いっつもよぉ、ゴール決めた後に、いきなし取り返されることが多いもんやから、オラちゃ、えらい心配にしとったがやけどよぉ、この日は違っとったじゃ。みんな集中しとってよぉ、愛媛の攻撃を跳ね返しとったじゃ。

逆によぉ、カターレがカウンターを上手いことしかけとったじゃ。特によぉ、ショータはえらい頑張っとったじゃ。カターレのもんがよぉ、みんな守備に奔走しとるとこながやけど、ショータはカウンターからよぉ、前線でえらい踏ん張っとったがいちゃ。決定的なチャンスちゃ、2回ぐらいは作っとるちゃね。枠にさえいれとったら、ゴールできたかもしれんちゃ。甲斐くんに、クロさんがよぉ、やっちゃん、池ちゃんと交代して、守備固めに入っとったがやけど、ショータだけは最後まで残っとったじゃ。そんだけよぉ、えらい走って、頑張っとったということやちゃね。前評判ちゃ、あんましよぉ無かったがやけど、この試合見てる感じだとよぉ、十分戦力になっとるにか。あとはよぉ、このパフォーマンスを続けながらよぉ、シュートの精度を高めてもらわんならんちゃ。

そんでもよぉ、パスミスちゃ多いし、守りぬくつもりながいけど、えらい焦ってよぉ、前線に蹴っとるとことか見られて、いろいろ課題が多いがやけどよぉ、そんでも必死にゴールを死守しとったじゃ。安間さんちゃよぉ、「汗かいてアグレッシブに いずれ美しく」というテーマを設けとるがやけどよぉ、今ちゃ、まだチームを作る途中ながいちゃ。やけどよぉ、勝つためにはよぉ、できることを何でもやってかんならんがいちゃ。

理想ちゃ、日々の練習で近づいていくもんやけどよぉ、試合になったらよぉ、今できることを尽くさんならんちゃ。4バックの頃ちゃ、グダグダな試合ばっかしやったがやけど、やろうとしとることはブレんようにしてよぉ、頑張ってもらいたいもんやっちゃ。

アンチフットボールとか、そいダラこと言うなま。めたくさいにか

チャンピオンズリーグリーグ決勝見たがよ。

守備的とかいろいろゆわれとんがやけどよぉ、えらい熱が入った試合やったじゃ。オラっちゃ、ミュンヘンへ行ったことあるからよぉ、ちょっこしバイエルン寄りのつもりやったがやけど、チェルシーも結構好きなもんやから、どっちも応援する感じで見とったがよ。やけどよぉ、夜中にあんちゃんを迎えに行っとったがで、全然仮眠が取れんかったがでよぉ、途中で睡魔に負けて、寝てしまったがよ。ドログバのゴールまで見たがやけど、延長まではちょっこし辛かったじゃ。

そこでよぉ、ナンバーの記事がよぉ、ツイッターのタイムラインが出てきたがよ。

プレミアリーグから美学が失われ、ゲルマン魂も消えた、CL決勝の真実。
http://number.bunshun.jp/search/author/%E6%9C%A8%E5%B4%8E%E4%BC%B8%E4%B9%9F

木崎さんちゃ、「ミキッチのJリーグ主義」とか書いとらーに、今回ちゃ、えらいめったくさい文章やぜぇ?「アンチフットボール」とか、「勝者のメンタリティ」とかちゃ、サッカーライターで飯を食っとるもんにとっちゃ、あんましいい言葉に聞こえんちゃ。オラっちゃ、結構楽しんどったがに、ああいう言い方されたらよぉ、ちょっこし興ざめになるにか。

しかしよぉ、チームが上手くいかんがで、リーグで5位になったがに、よぉチェルシーは優勝できたと思うちゃ。そいときにできるサッカーちゃ、やっぱし守りをしっかり固めてよぉ、失点せんことが大切やにか。そんで少ない人数でカウンター仕掛けるがよ。テリーとかイヴァノヴィッチがおらんしよぉ、守備に人数を掛けるのは仕方がないもんやちゃね。そこんところの背景とか無視してよぉ、いらんことばっかし書いとんがやちゃ。ならよぉ、他にどんな方法があるとか言いたいがかのう?そこんとこをよぉ、ちゃんと言わんとって、「アンチフットボール」とか、人をダラにした言い方しとったらよぉ、あんた本当にサッカー好きながかと、オラっちゃ、問いたくなってくるちゃ。

バルサのパスサッカーちゃ、えらい賞賛されとんがやけどよぉ、アレちゃ、どこでもできるもんでもないちゃね。シャビがおって、ピケがおって、ブスケツがおってよぉ、なんたってよぉ、全能なるフットボーラーであるアンドレス・イニエスタがおらんからのう。イニエスタみたいのがおったら、他の選手も活かせられるしよぉ、上手いことできるにか。えらい細いとこをよぉ、ちょこちょこと通して、正直凄いもんやちゃ。あんなもんちゃ、日々の鍛錬でしっかりできとるもんやし、どこのもんが真似しようとかゆってもよぉ、簡単にできるわけないにか。

バルサとか賞賛したけりゃ、勝手にやってもらりゃいいがやけどよぉ、やっぱし他のもんを、「めたくさい」だとか「アンチフットボール」とかダラにしとったらダメやちゃね。バルサのやり方もよぉ、チェルシーのやり方も、勝利のためにやっとることやにか。

なんやら、オラちゃも何ゆーとらーか、分からんがになったがやけどよぉ、なんのせ、イニエスタおったらできるかもしれんちゃ。そういうこっちゃ。

心一つにやるしかないがやちゃ

ホームでアビスパ福岡やったがいちゃ。

カターレ富山 5.20 県総
平野甲斐黒部光昭
 ソ・ヨンドク 
西野誠大西容平
加藤弘堅平出涼
吉川健太足助翔(c)
 福田俊介 
 飯田健巳 


この試合ちゃ、オラまだ見とらんがやちゃ。いろいろ予定があったもんでよぉ、この試合見れんかったがよ。とかゆっとってもよぉ、酒ばっかし飲んどったがやけどのう。

試合のことはよぉ分からんがやけど、県内ニュースのハイライトを見とったらよぉ、カターレちゃ、結構攻めとったみたいがやちゃ。先発で起用されとるカイくんとかえらい積極的に仕掛けとるしよぉ、ハイライトだけながやけど、えらい気合が入っとるにか。前節で全然ダメやったもんやから、気持ちを入れ替えとったがかのう?気合がえらい入っとるにか。

でもよぉ、試合は負けながよ。ロングボールからよぉ、西田が落として、最後は城後が決めたがよ。上手いことマーク外されたもんやちゃ。それによぉ、西田のヘッドをすかしたもんの動きに、カターレのもんがつられとるちゃ。

しかしよぉ、カターレのゴール裏ちゃ、えらい思い切ったことやっとるぜぇ?いっつもの弾幕が無くなってよぉ、「心一つにやるしかない」だけが掲げられとったじゃ。ツイッターのタイムラインでしか確認しとらんがやけどよぉ、えらい応援が漲っとったみたいがやちゃね。そい話聞いとったらよぉ、オラちゃ、次の試合こそ、県総行かんならんやと思うちゃ。

10位以内は諦めとらんちゃ

横浜FC戦の後によぉ、安間さんが「オラ一人で目標ちゃ、変えられんもんやからよぉ、会社と相談してよぉ、強い意志付けせんならんちゃ。」とかゆっとらっしゃったがやけどよぉ、今日はよぉ、「目標は変えんちゃ」とゆっとったがやと。

5/13 J2第14節 横浜FC戦後の監督会見でのコメントについて
http://www.kataller.co.jp/news/2012/0517_3.html

安間さんちゃよぉ、選手達に危機感を募らせるためにゆっとったんがやと。「いっつまでもこんなだらだらやっとったらよぉ、目標の10位以内に行けんがになるにか!目標変えんなんがになるちゃ。もっときっときとになってよぉ、ちゃっちゃとせられま!!」とか言いたかったがみたいがやちゃ。本当のことちゃ、どいがになっとらーか、オラっちゃ、全然分からんがやけどよぉ、目標とかよぉ、サポーターとかスポンサーとかよぉ、いろいろゆってきとんがで、もうちょっこし上手い言い方無いがかのうとか思ったじゃ。まあよぉ、安間さんもあんな試合やったあとやったら、自信なくしとったんか、凹んどったがか知らんがやけど、そうなるがかもしれんのう。その割にはよぉ、試合の分析とかできるがやけどのう。

しかしよぉ、3分の1終わってよぉ、22チーム中の21位ちゃ、えらい厳しい成績やちゃ。開幕当初からよぉ、えらい怪我人が多くてよぉ、主力メンバーもなっかなか揃わんしよぉ、フォーメーションもいろいろ変えたりしとっても、なっかなか結果が出んがやちゃ。横浜FC戦の出来とか見とったらよぉ、正直ゆったらよぉ、前途多難やちゃ。

やけどよぉ、10位の栃木SCまでちゃ、まだ勝ち点10差ながで、まだまだ望みはあるちゃ。上手いこと連勝を続けられたらよぉ、なんとか届くくらいの差やしよぉ、どっかできっかけを見つけて、なんとかしていきたいもんやちゃね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。