スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Puskas Ferenc 1927-2006

キラーイの大先輩の、プスカシュさんが亡くなったがよ。
享年79歳やったが。ご冥福お祈りするがよ。

プスカシュ・フェレンツ


オラ、プスカシュのプレーとか全然見たことないげどよぉ、
プスカシュの逸話にゃ、えらい感動すとるがよ。
マジャールのもんが、世界最強やったころの中心選手でよぉ、
コシチュ、ヒデグチ、グロシッチと一緒によぉ、
1954年W杯直前までよぉ、1950年のポーランド戦から、32戦無敗やったがよ。

W杯スイス大会でもよぉ、マジャールはえらい強かったがやけど、
2次リーグの西ドイツ戦によぉ、プスカシュが怪我すたもんで、
準々決勝、準決勝と試合に出られんだがよ。

準々決勝には、ブラジルのもんと乱闘すたり、
準決勝には、ウルグアイと豪雨の中で延長戦やったりと大変やったがよ。

決勝は、西ドイツが相手やったがやけどよぉ、
マジャールのもんは、えらい疲れとったがよ。
プスカシュは怪我を押して出場することにしたがやけど、
すでにマジャールのもんは、満身創痍やったがよ。

準々決勝、準決勝と90分で勝っとらす西ドイツは、
万全な状態で決勝に望んだがよ。

えらい疲れて、しんどい目にあっとらすマジャールは、
序盤に2-0でリードしとったがやけど、
立て続けに西ドイツのもんに、3点取られたがよ。
これでよぉ、マジャールは2-3で負けたがよ。
4年も作り上げた33戦無敗神話は終わったがよ。

試合終了直前にプスカシュがゴール決めたはずやったがやけど、
イングランド審判がよぉ、オンサイドながに、オフサイド取ったがよ。
W杯前によぉ、マジャールのもんはイングランドに2回も大勝すとったがで、
こんなところで、イングランドのもんの妨害を喰らったもんかと、
今でも論議の的になっとらーよ。

しかすよぉ、この33戦無敗の記録はよぉ、
今でも破られとらん記録ながよ。大すたもんやじゃ。


1958年大会でのリベンジを誓ってよぉ、
マジャールのもんは再び勝ち進んだがやけどよぉ、
1956年のハンガリー動乱で、マジック・マジャールが解体すたが。
プスカシュは、スペインへ亡命することになったがよ。

しかすよぉ、ハンガリー政府の圧力によってよぉ、
2年間、試合に出られんだがよ。

2年間の出場停止を開けたらよぉ、
スペインの名門、レアル・マドリーと契約すたよが。
そこからはよぉ、5年連続チャンピオンズリーグ制覇すて、
世界的な名門チームになったがやぜぇ…。

その後よぉ、プスカシュはスペイン国籍を得たがよ。
1962年のW杯に出場すたがよ。

39歳で引退すたがよ。
その後は、スペイン、ギリシャ、エジプト、チリなど、
世界中、様々なところで監督やったがよ。

1971年にはよぉ、ギリシャのパナシナイコスを率いてよぉ、
チャンピオンズカップ決勝まで導いたがやぜぇ…。
決勝じゃ、クライフ率いるアヤックスに負けたがやけど、
選手とすても、監督とすても、偉大な人物やったがよ。

冷戦が終わってよぉ、
1992年に、36年ぶりに祖国マジャールへ帰ったがよ。
国を捨てた石のぶてを覚悟すとったがやけどよぉ、
プスカシュを待っとったのは、国民的英雄を祝う熱狂的な歓迎やったがよ。

様々なチームを率いたがやけど、
最後に監督を務めたとこは、マジャールやったがよ。
1年間だけ監督務めたあと、監督としてのキャリアを終えたがよ。

2001年にはよぉ、マジャールの国立競技場の名前がよぉ、
「プスカシュ・フェレンツ・スタジアム」と改称されたがよ。

その後はよぉ、2000年からのアルツハイマー病の影響でよぉ、
6年間も寝たっきりやったがよ。

2006年11月17日、プスカシュは肺炎により、79歳で亡くなったがよ。

ご冥福お祈りするがよ。ゆっくり休んでくりゃっせま。
天国で、セベシュ監督やコシチュやヒデグチとともに、
天国最強のチームでプレーすて欲しいもんやじゃ…。

オラ、直接じゃ全くすらんねど、
さよなら「オーツィ・バーツィ(われわれの弟)」
ありがとう、プスカシュ・フェレンツ…。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/20-31d61eb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。