スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービーで負けたじゃ。

ブンデスリーガ2部33節、ガボール・キラーイのあんさまがおる、1860ミュンヘンは、同じバイエルン州のクラブ、3位アウグスブルクと対戦やったがよ。

この試合、ちょっこす試合を見とったがやけどよぉ、好調のアウグスブルクが常に有利でよぉ、1860のディフェンスはガタガタになっとったじゃ。中盤の守備がちゃんとなっとらんがか、ゴール前にボールを運ばれて、結構危ないシーンが多かったがやけどよぉ、決定力があんまりなかったがで、途中まで助かっとったじゃ。

だけどよぉ、昇格がかかっとるアウグスブルクは勢いがあるんかすらんねど、後半の65分ぐらいで、イェンス・ヘゲラーのヘディングシュートが、キラーイのあんさまの頭上を通ってよぉ、点取られたにか。上手いこと決まっとるもんやから、運が無いがやけどよぉ、あんさま、ちょっこす前に出過ぎやったじゃ。次ちゃんとして欲しいもんやっちゃ。

でよぉ、この試合で、アウグスブルクが1-0で勝って、3位以内を確定にしたがよ。2位のザンクト・パウリが点をでかいと取っとるもんやからよぉ、3位濃厚で昇格プレーオフ行きが決定的ながよ。

しかしよぉ、2位以上が濃厚のザンクト・パウリは、えらいおっかないチームやぜぇ?アウェーのグロイター・フュルトのスタジアムながに、試合終了後にサポーターがピッチに雪崩こんどるにか。昇格した気持ちはよぉわかるけどよぉ、きゃ、グロイター・フュルトのファンが可哀想やにか。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/270-923a37c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。