スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果至上主義って何ながけ?

今回のW杯はよぉ、守備的なチームが多いのかすらんねど、「結果至上主義」の大会とか、よぉ言われとるっちゃ。

日本もよぉ、どこやらの評論家が「勝ったけど面白くなかった」とか「苦く悲しい勝利」とかゆーとって、韓国のことをえらい褒めとらすもんがおる。確かに韓国の方が試合内容が良いし、ゆっとることも分からんでも無いがやけどよぉ、自国のナショナルチームを応援しとったらよぉ、試合内容とかあんます考えんと、勝つか負けるかの勝負に夢中になるもんやと思うっちゃ。負けたら、「代表の試合は勝利こそすべて」とかブレたことゆうから、批判ばっかすの評論家っちゃ、オラいまいち信用できんっちゃ。上手いサッカーやっとったら、確かに面白いけどよぉ、だからとゆって、集中力を欠いとる守備とかしたら、ただのダラベショやじゃ。

でもよぉ、他国の試合とか見とったらよぉ、スペインの試合が面白いとか、スイスのやり方がつまらんとか、結構すき放題言うもんやっちゃ。第三者の立場やったらよぉ、おもっしろいサッカーを求めるもんなが。

スペインとかと比べたらよぉ、ニュージーランドとか北朝鮮のサッカーっちゃ、ヘタクソで面白くないもんかもしれんっちゃ。だけど、目先の勝利のために、一生懸命守備したり攻撃したりすとるにか。自分達の出来ることを全て振り絞ってよぉ。ああいうのが、国民に感動を与えるしよぉ、今後の成長につながっていくもんじゃないかのう?

これだからサッカーは面白いとオラは思うがやけどのう。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/288-02df551c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。