スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサがアンチフットボールやにか

チャンピオンズリーグ決勝を見たがよ。結果はバルセロナがマンチェスター・ユナイテッドに3-1で勝って、4回目のチャンピオンズリーグ優勝ながよ。

バルサっちゃ、えらい強かったじゃ。まずよぉ、シャビ、イニエスタ、メッシがよぉ、えらい上手いもんやから、全然ボール奪われんにか。しかもよぉ、ピッチ中央の狭いとこで、選手が密集しとっても、ボール取られんがで大したもんやっちゃ。それでよぉ、ボール失っても、プレスが早いもんやから、全然ボールを前に運べんにか。

この試合の前に、フットボリスタという海外サッカーの雑誌を買ったが。300円でえらい安くて、ぜん掛からんねど、中身がえらい濃くてよぉ、面白かったがやけど、特によぉ、元アルメリアの監督だった、ファンマ・リージョのインタビューがえらい面白かったがよ。そこにはよぉ、バルサがパス廻ししてよぉ、相手が奪われんために、どんどん動いとったらよぉ、ポジションが崩れてくが。そこでよぉ、ボール奪い返したら、ポジションがグチャグチャながで、瞬時に反撃できんとかゆっとったがよ。そういう発想はできんだじゃ。

詳しいことは、フットボリスタのバックナンバー取り寄せて読んでくりゃっせま。300円で安いっちゃ。

しかしよぉ、バルサっちゃ、うますぎて、やりすぎやにか。シャビとかイニエスタとか、うますぎてよぉ、ボール全然奪われんがで、どの試合でもよぉ、バルサが60%以上のボール支配率なが。サッカーで勝負しようとしたらよぉ、レアル・マドリーだって、チェルシーだってよぉ、どこなとこも自分たちがボールを持って展開できんにか。支配されることを前提にして戦わんならんがよ。

しゃあよぉ、シャビとか、最初から守備的になってよぉ、カウンター狙っとる相手チームを、「アンチフットボールだ」とかゆっとるけどよぉ、アンタ、相手にフットボールさせとらんから、無理なことゆったらダメやにか。バルサ相手に、まともにやってよぉ、前からプレッシングばっかす掛けとったら、後半っちゃ、体力が持たんがで、全然走れんくなるにか。

サッカーの試合っちゃ、90分もある。バルサのサッカーっちゃ上手いしよぉ、多くのもんに美しいとかゆわれるのは分かるっちゃ。でもよぉ、競技として見たらよぉ、相手が走れんくなってしまたらよぉ、興味薄れてしまうにか。サッカーが上手くなりすぎるっちゅうこともよぉ、競技性という意味で考えたら、あんますいいと思えんっちゃ。サッカーを上手くなろうとして、いくら努力したって、バルサにかなわんにか。

やっぱすよぉ、ラグビーで勝負するしかないかのう?シャビとかイニエスタとかも上手いがやけどよぉ、クリーンにボール奪おうとしても、簡単にボール繋いでいくにか。やっぱす体をぶつけて、持ち味を消してよぉ、体力を奪っていかんとダメやじゃ。そう考えたらよぉ、普段から守備的にやってよぉ、フィジカルとスタミナがおっかない選手が揃ってよぉ、オイルマネーで大型補強できる、マンチェスター・シティこそがよぉ、希望の星に見えてくるにか。

チャンピオンズリーグで、バルサvsシティとか期待したいもんやっちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/385-12c26b36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。