スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近ちゃ、3バックのチームが増えとんがやと

先週のフットボリスタ見とったがよ。なんかよぉ、セリエAちゃ、3バックのチームがえらい増えてきとんがやと。カターレもよぉ、3バック採用しとるもんやから、オラも買って読んでみたがよ。要約したら、こんなこと書いてあらーよ。

1.守備の安定
3人のCBでよぉ、真ん中を固めるもんやから、中央の守備っちゃ、えらい安定してくるがよ。両サイドのウイングバックがよぉ、サイドの守備もしてよぉ、横幅を抑えとったら、より安定してくるがよ。サイドでよぉ、数的不利になるがやけど、そういうチームちゃ、多少サイドは犠牲になってもいいと思ってやっとるがやろうのう。

2.数的有利の作りやすさ
相手よりもよぉ、1人多い形になるもんやから、チーム全体を押し上げる時間を作りやすいがやと。ウイングバックもよぉ、えらい高い位置を取るもんやから、ポゼッションを高められるがやと。一人余っとるCBの選手がよぉ、上手いこと攻め上がれたらよぉ、中盤にフリーの選手ができるがやと。

3.相手との噛みあわせ
イタリアのサッカーちゃ、相手や状況次第でよぉ、3バックを採用することがあるがやと。3バックを基本としとるとこちゃ、結構あるがやけど、攻守のメカニズムがあんまし変わらんから、併用できるがやと。ザックさんがよぉ、3-4-3をサブで取り入れたりしとるがやけど、アレもレパートリーを増やすのが目的ながやろうのう。

詳しいことは、ボリスタのバックナンバー(2/8)を、BOOKSフナキなど、お近くの書店で注文してみられ。



でよぉ、カターレも3バック採用しとんがやけどよぉ、結構意識しとるかもしれんのう。3人のCBでよぉ、中央を守るもんやから、常に真ん中がえらい分厚い状況になってよぉ、数的には問題ない形にはなっとるちゃ。そんでも、サイドからえらいえぐられてよぉ、ポロっと失点しとるとこもあるからよぉ、決してカターレのは、3CBで安定しとるとは言えんちゃ。まあよぉ、4バックにしてもよぉ、サイドバックがおらんもんやから、しょうがないがやけどのう。

カターレの場合やったらよぉ、数的有利は、攻撃面ではあんまし生かされとらんのう。守備で分厚い中盤を生かしてよぉ、ボールを奪ったりしとんがやけど、パス回しでは、選手の基礎とか、連携が上手いこと確立されとらんのか知らんがやけど、ミスすることが多いちゃ。相手に支配されとる時間がえらい長くてよぉ、ポゼッションが30%台の試合も結構あるみたいがやけど、前線への放り込みを選んどることが多いがで、ポゼッション向上には生きとるとは思わんちゃ。


カターレの3バックちゃ、個人的にはよぉ、上手くいっとらーかどうなんかちゃ、オラは判断できんしよぉ、昨シーズン16位のチームが上手くいっとるわけないはずやないと思っとんがやけど、4バックにしたら、逆にうまく行くがか分からんしよぉ、なんとも言えん気分やちゃ。やけどよぉ、FC東京戦の前半とかちゃ、上手いことパス回ししとったりしてよぉ、瞬間だけでもえらいできとったりするがで、その理想像に向かってよぉ、一歩一歩進んでよぉ、漸進していってほしいもんやちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/496-8f6d6683
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。