スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カターレ開幕戦勝利やちゃー

Jリーグ開幕ながよ。3月3日にJ2開幕してよぉ、カターレはアウェーでギラヴァンツ北九州戦やったじゃ。

ギラヴァンツ北九州 2013.3.3 本城
大島秀夫 ナム・イルウ
渡大生内藤洋平
鈴木修人アン・ヨンギュ
松本陽介田中優毅
市川恵多前田和哉(c)
 松本拓也 


カターレ富山 2013.3.3 本城
西川優大朝日大輔
ソ・ヨンドクキム・ヨングン
木村勝太國吉貴博
 大西容平 
舩津徹也足助翔(c)
 平出涼 
 守田達弥 


2013.3.3 Jリーグ全ゴール(カターレは1:01~)



待ちに待ったJリーグが開幕やちゃ。開幕前からよぉ、新しいフォーメーションとか使うとかゆってよぉ、なんかどこやらのまとめサイトとかでもよぉ、おもっしいことやろうとしとるとか言われとるしよぉ、マスコミとかも結構期待しとる感じになっとるもんやから、首を長くして待っとったがやちゃ。

カターレはシーズン前に言われとった通りの3-1-4-1-1ながよ。面倒くさいから「3-6-1」と言わせていただくちゃね。シーズン前に予想されとった、ミクちゃんはよぉ、肉離れで開幕間に合わんでよぉ、その代わりで期待されとった吉井くんとよぉ、アンカーのタイジローがインフルエンザで欠場することになったがやと。CBの真ん中が平出さんでよぉ、アンカーが大西がスタメンやったがやちゃ。

試合はよぉ、前半からカターレがよぉ、風上に立ってよぉ、良い感じにチャンスを掴んどったじゃ。両チームの最初のシュートをよぉ、ヨンドクが打ったとこで、いい流れ掴んだがやないかのう?で、12分によぉ、ヨンドクのスルーパスからよぉ、優大が左サイドを抜けて、最後は國吉くんが逆サイドから走りこんで、カターレが先制ゴールながやちゃ。走っていくコースとか、シュートとかも難しいがやけど、優大もいいボール蹴っとるし、國吉くんもよく合わせられとるちゃね。あんだけ綺麗にゴール決めるだけで、カターレのサッカーのレベルが高くなっとるのが分かるちゃね。國吉くんが逆サイドからよぉ、あんだけ走ってゴールするちゃ、またおもしいゴールやったじゃ。

去年までのようによぉ、ただ前に蹴るサッカーはやらんとよぉ、みんながポジション移しながらよぉ、良い感じにパスを回しとったのう。真ん中の朝日、ヨンドク、ヨングンの3人がえらいポジション入れ替わるしよぉ、1トップの優大もよぉ、中盤やらサイドやらにポジション動かしてよぉ、他の選手が飛び出すスペースを作っとったのう。あと、両サイドのキムショーと國吉くんがスタミナが凄くてよぉ、サイドだけやなくて、ゴール前まで駆け込む体力があるがよ。

守備はよぉ、北九州の大島のポストプレーとかよぉ、渡の突破によぉ、えらい苦労することがあるがやけど、そんでも集中したディフェンスで防いどったのう。足助と舩津がよぉ、対人では負ける感じはせんかったし、平出さんもカバーがしっかりしとるちゃね。大西さんはバイタルを開けんようにしながらよぉ、ビルドアップに大きく貢献しとるちゃね。守田君は、中川コーチに伝授されたがか知らんがやけど、飛び出しが上手くなっとるちゃね。前半戦は素晴らしい内容やったと思うちゃね。

しっかしよぉ、後半からは北九州の巻き返しがおっかなかったのう。立ち上がりの入り方があんまし上手くなかったがで、結構セットプレーを許しとったしよぉ、プレスもちゃんとしとらんだのう。これは柱谷兄さんが対策ねってきたがか知らんがやけど、キム・ドンフィ選手が入ってきた後はよぉ、彼のスピードでよぉ、えらい翻弄されとったのう。他の選手以上にガッツガツくるもんやから、カターレの守備陣もえらい手を焼いとったのう。

やけどよぉ、52分によぉ、折り返しのボールを大西がよぉ、アーリークロスを蹴ってよぉ、これを左サイドから真ん中に流れとったキムショーがよぉ、倒れながらもしっかり合わせてよぉ、このボールが良いコースに入ってよぉ、カターレが追加点やちゃ。本人だってよぉ、なんべんでもできるヘディングシュートやないと思うがやけどよぉ、長い距離を走ってから、よぉああいうボールを合わせられたのう。1点目を決めた國吉くんのゴールと似たような形ながやけどよぉ、あのフォーメーションでゴールを狙うパターンとしてよぉ、両サイドの2人が飛び込むのが、もう確立されとんがやね。アレは相手もマークしづらいと思うちゃね。

この2点が入ったからいかったがやけどよぉ、その後は一方的に攻められとったのう。渡、キム・ドンフィのスピードによぉ、小手川のクロスとかよぉ、鈴木修人のロングスローとか、いろいろやってくんがやけど、カターレは守備的になってよぉ、クリアばっかしになって、なっかなかボール収められんがになっとったのう。そんでも、1回、おもしいカウンターをやっとったがやけど、どっからでも攻められる多様性は秘めとるのが分かったじゃ。

80分過ぎたらよぉ、ギラヴァンツさんがよぉ、長身の柿本選手を投入してよぉ、放り込みを始めたがやけど、そのこぼれ球を拾わてよぉ、柿本選手にシュート打たれて、舩津の顔面に当たったボールがゴールに吸い込まれたのう。これはちょっこし運がなかったがやけど、この時間になってくるとよぉ、クリアすんがかパスながか、はっきりせんとこも結構目立ってきたのう。運動量も落ちてきとんがで、前半にできとったパスサッカーも機能せんかったのう。

そんでもよぉ、なんとかカターレが耐え切ってよぉ、開幕戦勝利ながよ。前半からよぉ、えらいパスを回してよぉ、なかなかおもしいサッカーになっとって、今後が楽しみな展開やったのう。そんでもよぉ、後半の入りが悪かったがで、まだまだ課題も多いちゃね。クリアの一つ一つもよぉ、福ちゃんがおらんがになって、小さくなった印象ちゃ否めんしよぉ、後半から入ったケースケがよぉ、あんまり機能せんと、退場までしてしまったもんやから、交代する選手の選択とかも、なっかなか難しいとこやちゃね。課題が多いのも事実やちゃ。

対するギラヴァンツはよぉ、渡がおっかなかったのう。昨シーズンもよぉ、カターレちゃ、渡にゴール決められて負けとんがやけど、あのスピードとフィジカルは大したもんやちゃね。足助とのマッチアップはえらい見応えがあったじゃ。あと、キム・ドンフィ、柿本もおもしい選手やちゃね。左SBの松本陽介選手ちゃ、関西リーグのアミティエからやってきとんがやけど、ガンガン攻撃参加しとるしよぉ、なかなかおもしい選手やと思うちゃ。組織はまだまだやしよぉ、サッカーの方向性もまだまだ見えた感じはせんがやけど、個々の能力ちゃ、なかなかいいもん持っとるし、噛み合ってきたら、怖い存在になりそうやちゃね。これでよぉ、池元と森村がおったら、結果は違っとったかもしれんちゃね。序盤戦で当たっていかったと思うちゃ。

なんのせよぉ、お互いによぉ、今後が楽しみやちゃね。カターレはよぉ、コメントがアップされとんがやけど、この結果は満足してもよぉ、試合内容には全然納得しとらんみたいやのう。満足せんとよぉ、もっともっと高みを目指しとるしよぉ、後半が悪かったことも自覚しとるのう。チーム始動のときによぉ、國吉くんが「目標はJ1」とかゆっとったがやけどよぉ、監督も選手もJ1を意識して取り組んどるちゃね。シーズン通して成長してよぉ、最後には目標のJ1昇格を果たせるようにせんならんちゃね。楽しみにしとるちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/596-7d3ed697
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。