スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨンちゃんの親孝行ゴールで勝利やちゃー

ホームで京都戦やちゃ。

2013-3-24_3.jpg

なんか新しいもん使ってみたがよ。ちょっこし面倒ながやけど、これなら正確なフォーメーション図が作れるちゃね。これちゃ、いろんなことができるがで、オラもいろいろ研究してみるちゃね。



まずカターレのスタメンやちゃ。京都からレンタル移籍しとる守田くんとサンコンは出場できんが。GKはいーちゃんが起用されたが。あと、足助キャプテン、吉井くん、コケちゃん、黒部組長が怪我で出られんが。今季も結構怪我人が出とんがやけど、ベンチには開幕戦に退場したケースケが入ったがやちゃ。

試合はよぉ、前半からお互いに狭いとこで、パスまわしてよぉ、えらい落ち着かん展開やったじゃ。サイドライン際のとこでよぉ、ボール回すのちゃ、カターレはいっつもやっとんがやけどよぉ、京都もえらい狭いとこで回しとんがよ。ボールカットしたらよぉ、どっちの選手もえらいプレスを掛けて、えらい激しい試合をしとんがよ。そんでもってよぉ、攻守の入れ替えもえらい激しいがで、さっすがよぉ、師弟対決だけあってよぉ、似たようなサッカーしてくるちゃね。

でもよぉ、やっぱし京都のメンバーの方が個々の能力ちゃ高いもんやから、やっぱし押され気味な展開になるちゃね。そういう展開ながやけど、カターレはよぉ、ミックを中心の3バックがよぉ、高い位置を保ってよぉ、前から前からしっかり守備しとったのう。去年対戦した時ちゃ、カターレが残留争いしとるときやったか、ラインを引いた守備やったがやけど、今回はライン上げて、コンパクトにやっとったじゃ。裏を抜けてくるもんには、オフサイドトラップかけてよぉ、突破狙ってくるもんは、舩津と平出が対応しとったがやちゃ。

やけど、前半の40分越えたぐらいからよぉ、京都が押し気味にきたのう。泰次郎のとこにボールがなかなかおっさまらんで、その時間はチグハグなとこが見えて、ちょっこし押し込まれとったがやけど、締めるとこはちゃんと締めとったのう。コーナーとかセットプレーは京都にでかいと与えられたがやけど、カターレはペナルティエリア内でほぼ全員が守るゾーンディフェンスでよぉ、ちゃんと凌いどったのう。

後半も京都が押し込む時間があったがやけどよぉ、55分にカウンターからビッグチャンスが来たがよ。自陣でよぉ、ヨンドクがボール奪ってよぉ、一気に縦パス。それを優大がつないでよぉ、朝日がGKと一対一になったがよ。これはいけるかと思ったがやけど、相手GKオ・スンフンにセーブされたじゃ。朝日は絶対決めんなんがやけど、オ・スンフンを褒めてやらんなんちゃね。

その直後によぉ、京都のCKが来てよぉ、秋本選手がヘッドでドンピシャやったがやけど、これはいーちゃんがビッグセーブながよ。いーちゃんはよぉ、顔面骨折で救急車で運ばれた、去年の5月の愛媛戦以来の出場でよぉ、久々やったがやけど、仕事はえらい落ち着いとったのう。キック以外は最高やったじゃ。

その後も京都が狭いとこもパス回してよぉ、チャンスを作るがやけど、この試合のカターレの守備ちゃ、えらい集中しとってよぉ、本当にいい守備しとったじゃ。中山博貴とか駒井とか、おっかない選手がでかいとおってよぉ、秋本とか工藤がえらいボール拾うようになってきたがやけど、この試合はよぉ、3バックが全然1対1で負けることがなかったがよ。セットプレーを与える機会ちゃ、多かったがやけど、京都がセットプレーでミスが多かったし、あんましアイデアもなかったのう。セットプレーなら、ヨングンがおる分、カターレの方が期待感があったのう。

守備陣が頑張っとる中でよぉ、安間さんが交代のカードを切ってきたがよ。アンカーやっとる泰次郎が下がってよぉ、ケースケを投入したがよ。ケースケが右サイドに入って、大西がアンカーに動かしたがよ。そんで、76分にはヨングン下げて、大山投入ながよ。ここはそのまんま交代ながやけど、朝日とヨンドクの位置も交代したがよ。

するとよぉ、85分に自陣でボールを奪ったカターレがよぉ、大山が右サイドの広いスペースに出してよぉ、そこにおったケースケがドリブルで仕掛けて、ドリブルで福村をかわしてよぉ、スルーパス。そこでスペースに走っとったヨンドクがよぉ、ダイレクトで豪快に振りぬいて、カターレが先制ながよ。

試合は狭いとこでのパスサッカーでの勝負が目立っとったがやけどよぉ、ゲームを決めたゴールちゃ、広いとこに出したカウンターやちゃね。前半からよぉ、お互いがコートを広く使わんと、狭いとこでえらい密集しとるサッカーに終始しとったがやけどよぉ、運動量が落ちてきたときによぉ、相手がえらい攻めこんできとるときに、一気にスペースにだしてよぉ、ドリブルで勝負できるケースケが自分の特徴をはっきり出したとこが大きいちゃね。トップ下を入れ替えたのちゃ、前半からえらいスペースに飛び込んでくる朝日を警戒しとった相手の守備陣を欺くためかもれんちゃね。

その後はよぉ、池端投入して、カターレが守備の人数を増やして逃げ切りを測ったがよ。ラストの京都のプレーでよぉ、ゴールが入ったかと思ったがやけど、オフサイドの判定ながよ。オラはたぶんオンサイドやと思うがやけどよぉ、オフサイドの判定やったじゃ。

これで試合終了ながよ。1-0でカターレが勝利やちゃ。京都戦はまた無敗ながよ。攻撃面では朝日と優大の頑張りに頼ってしまったとこはあるがやけど、守備陣は完璧ったじゃ。ヨンドクとヨングンちゃ、両親が見にきとったがやけど、京都相手やったがか知らんがやけど、守備とか見てりゃ、気合が入っとんがは見えるがやけど、いつもよりは大人しい感じはしたじゃ。ヨンドクもゴール以外は、そこまでいかったとは言えんちゃね。

やけどよぉ、ヨンドクも在籍3年目になるがやけど、やっとかっと県総で初ゴールながよ。いつも通りのプレーとかできんでよぉ、審判に抗議しとったりしたがやけど、本当にゴール決められていかったじゃ。いろいろプレッシャーはあったがかもしれんがやけど、これを励みによぉ、これからは県総ででかいとゴール決めてほしいじゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/603-71205030
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。