スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前節に続いてよぉ、船山兄弟にやられてよぉ、はがやしなってくるちゃ。なんすとらーよ。

アウェーで松本山雅戦ながよ。

2013-5-26.jpg

あんまし書きたくない気分ながやけど、いろいろ書いとくちゃね。



カターレはよぉ、この試合から朝日とミクちゃんがスタメンに復帰ながやちゃ。怪我して出られんだ分もしっかり頑張ってきてほし…かったがやちゃ。

松本のフォーメーションちゃ、よぉ分からん形にはなっとるがやけど、あそこのサッカーのスタイルを考えたらよぉ、前線からプレス掛けてきてよぉ、カウンター狙うのが得意なチームやちゃね。塩沢の高さとガンガンシュート撃ってくる船山は要注意やちゃね。今季好調の長崎と結構似とるサッカーをやってくる、カターレにとっちゃ、厄介なチームやちゃね。

カターレはよぉ、前半の立ち上がりちゃ、細かくパス繋いでよぉ、良い感じに攻められたじゃ。うまいことゴール前まで行ってよぉ、シュートまでいく形が出来とったしよぉ、まずまずやったがよ。そんでも山雅のディフェンスちゃ、なかなか分厚くてよぉ、ゴールこじ開けるのが難しかったじゃ。

やけどよぉ、徐々に山雅のもんちゃ、カターレのパスサッカーに慣れてきた感じがしたがやちゃね。徐々にプレスを掛けていってよぉ、なかなか思うように組み立てられんがになっとるがよ。相手にボール持たさせてよぉ、えらいプレスを掛けてきてよぉ、一気にディフェンスの裏を狙ってくるサッカーちゃ、昨シーズンの山雅から見られるサッカーながやけどよぉ、徐々にその流れに持っていく感じになってきたのう。あとよぉ、オフサイドトラップを掛けて、リズムを作ろうとするカターレのサッカーに対してよぉ、塩沢と船山が狙うがやなくて、飯尾竜太郎やったり、他の選手が狙っていくがで、狙いが絞りにくい感じがしたのう。舩津とか手を挙げとんがに、なっかなかオフサイド取ってくれんがよ。

そんでもよぉ、山雅の決定機ちゃ、さほどあったわけでもないしよぉ、カターレもセットプレーのチャンスまで持っていく流れは作っとったがで、まだゲームちゃ、どうなるかも分からん感じやったがやけどよぉ、31分によぉ、まずいプレーが出てしまったじゃ。

2013-5-26_1.jpg

これは痛いミスやちゃね。舩津ちゃ、ボールの回転をしっかり見て判断したがか分からんがやけどよぉ、ゴールラインを割ると思っとったがか知らんがやけど、対応が迂闊やちゃね。たぶんよぉ、御厨がよぉ、ボールを競りにポジション離れたがやと思うがやけど、舩津が自分で対応せんなん局面になってしまったがかもしれんちゃね。そこら辺をよぉ、もっと足助くんが気を効かせてよぉ、フォローに回っとったら、失点は防がれたかもしれんちゃね。山雅でプレス掛けてきとるもんちゃ、アンカーの岩沼やけどよぉ、カターレちゃ、ポジションとかこだわり過ぎとんがかもしれんちゃね。今季のカターレちゃ、後ろから繋げる意識が強いしよぉ、最近ちゃ、セットプレーからの失点が多いもんやから、尚更意識したかもしれんがやけど、ここはセーフティに行くべきやったじゃ。そのミスちゃ、仕方がないちゃ、仕方がないがやけど、國吉くんが逆サイドをケアしとったがやから、守田くんもコースを限定できたがやないがかのう?欧州の選手と比べるのちゃ、良くないがやけどよぉ、アレは止めんとダメやちゃ。

こうなってくるとよぉ、日差しが当たって、あっついもんやからよぉ、山雅もカターレにボールを持たせてよぉ、2列目あたりのボールを引っ掛けさせてよぉ、カウンターで塩沢か船山に当てたりよぉ、飯尾竜太郎とかに裏を狙わせるカウンターサッカーをするちゃね。カターレちゃ、決定力が無いもんやから、ある程度よぉ、苔口とか西川の受け手を潰してよぉ、中盤のボールホルダーにプレスを掛けてよぉ、パスサッカーを壊しにくるちゃね。千葉戦から明らかにやられてきとんがやけど、ボールの奪うポイントちゃ、見破られてきとんがかもしれんちゃ。

そんでもよぉ、カターレちゃ、足下でボールを廻したりするから、ツボにハマるがやね。そこでよぉ、山雅も3バックのチームながやから、3バックの裏のスペースにボール置いていくプレーでもすりゃいいがやけど、それが積極的にできん感じやったのう。実際に良いボールがやった44分の場面ちゃ、ショータが裏に抜けてよぉ、センタリングで野澤をポジションから離させてよぉ、最後は朝日が詰める形はあったがやけど、これがこの試合最大の決定機やったのう。朝日はきっちり決めて欲しかったがやけどよぉ、この場面ちゃ、向こうの飯田さんがよぉ、いいカバーリングをしとったがやちゃ。山雅も細かいとこでミスちゃあるがやけど、その後のリカバリーの精度ちゃ、やっぱしカターレとは差があったじゃ。

後半に入ってもよぉ、山雅が効率よくカウンターを狙う展開は変わらんだのう。カターレちゃ、もうちょっこし工夫をすんがかと思ったがやけど、暑いがか知らんがやけど、足が上手く動いとらんだのう。山雅のプレスが上手いこといっとったがか、カターレのパスがよぉ、全然繋がらんがやちゃ。細かいパスが上手いこといかんもんやから、ロングパスが多くなってくるがやけどよぉ、あんまし慣れたことやないがか、精度は全然やったのう。出してと受けての意志が噛み合っとらんだがやけど、特にヨンドクと他の選手がよぉ、えらいズレとったじゃ。

2013-5-26_2.jpg


でよぉ、70分に追加点を奪われるわけながやけどよぉ、セットプレーからの跳ね返りからのボールをよぉ、左サイドから展開しようとしたがやけど、ヨンドクと舩津の意図が合わんでよぉ、そっからカウンター食らったがやちゃね。スペースに入ろうとした舩津とよぉ、ボールを足下で受けると思ったヨンドクやと思うがやけど、あそこも引っかかるとこやちゃね。コース的にはよぉ、朝日に出したような感じやったしよぉ、ちょっこしヨンドクの意図が曖昧やった気がするちゃね。でよぉ、問題はここからながやけど、カウンター仕掛けられてよぉ、船山が一人で孤立しとったがやけど、ここをぶち抜かれてゴール決められとんがやね。これちゃよぉ、足助くんと國吉くんで対処せんなんがやけど誰がカバー行って、誰が当たりに行くとか、そういう意図が見えづらい、まずい守備やと思うちゃね。ちゃんとよぉ、周りの選手とかの状況を把握しとったら、こんなんちゃ失点にならんちゃね。しかしよぉ、この2点目の船山のシュートは彼を褒めるしかないちゃね。

2013-5-26_3.jpg


その後はよぉ、何分もたたん先によぉ、塩沢が御厨に競り勝ってよぉ、そこから最後はまたも船山に決められたがやちゃね。今季二度目の被ハットトリックやちゃね。はがやしなってくるちゃ。

これもよぉ、競り合いに負けたミクちゃんの責任もあるがやけどよぉ、その後のリカバリーの反応が悪いがやちゃね。競り負けたとこで慌てて反応しとるようだとよぉ、おかしな話やちゃね。カターレぐらいのチームやったらよぉ、そんぐらいのことが起こるようなもんだと常に準備しとらんだら、勝てる試合も勝てんがになるちゃね。あの後によぉ、船山に決められたがやけどよぉ、アレも山雅ボールになってからの時間を考えたらよぉ、守田くんが全然シュートを受ける体制になり切れとらんのが、おかしいと思うちゃね。

山雅のプレスもよぉ、80分以降ちゃ、だいぶ落ちてきてよぉ、カターレのパス回しも戻ってきたがやけどよぉ、3点取られちゃ遅すぎるちゃね。京都戦みたいがに上手いこと粘ってりゃ、もしかしたら最後に決定機がこぼれてくるがかもしれんがやけど、あんまりにも自滅するもんやからよぉ、山雅に楽な試合をさせてしまったじゃ。

はがやしなってくるからよぉ、全失点シーンを図形化までしてよぉ、徹底的に駄目だししようと思ったがやけど、また気が向いたらアップしようと思うちゃ。勝利に見放されてよぉ、こんなダメな試合をしてしまうとかちゃ、長いシーズンを考えたらあるがやけどよぉ、次に生かしてほしいじゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/620-9700e78b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。