スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとかっと勝てたじゃー

6月最初のゲームでよぉ、県総で徳島ヴォルティス戦ながよ。

2013-6-1.jpg


2013 J2第17節(vs. カターレ富山) 投稿者 smilyyossy


7試合勝利が無くてよぉ、現在3連敗中のカターレはよぉ、ヨンドクが出場停止でよぉ、舩津が中盤に入ったがやちゃ。3バックは右から平出さん、ミックさん、吉井くんながよ。足助キャプテンと優大はベンチスタートながよ。スカパーの予想フォーメーションやと、3-1-4-1-1のままやったがやけど、スタートを見たらよぉ、昨シーズン終盤の3-4-2-1やったのう。大西さんが最終ラインでボールを受けに行くことあったがやけど、たぶんこれで間違いないちゃ。

徳島ちゃ、シーズン開幕の時ちゃ、3-4-2-1を採用しとったがやけど、いつの間にやら4バックにしとんがやね。今季ちゃ、序盤からあんまし上手いこといっとらんもんやから、13位と徳島としちゃ、良くない成績になっとんがやけどよぉ、連勝も連敗もない感じでよぉ、安定しとらん感じやちゃね。やけど、前節ちゃ、ヴェルディに勝利してよぉ、この日ちゃ、6連勝もしとるカターレ相手やから、いい流れ作りたいとこやちゃね。エースの津田知宏を始めによぉ、柴崎晃誠、青山、鈴木達也、千代反田、松井謙弥とかよぉ、J1でもプレーしとったもんが、ずらりと揃えとるちゃ。あとよぉ、富山県出身でよぉ、サンフレッチェ広島からレンタルされとって、チーム得点王の大崎淳矢がベンチスタートやちゃね。



2013-6-1_1.jpg

今回ちゃ、いきなし図から始まっとんがやけどよぉ、開始早々の3分に先制点をゲットしとんがよ。3分によぉ、朝日のスローインから大西先生が受けてよぉ、そのまんまクロスボール。これがよぉ、ディフェンスの裏に良い感じに置いていくパスになってよぉ、そこにコケちゃんが飛び込んで、カターレが先制点ながよ。徳島の選手がよぉ、立ち上がりがまだゲームに入っとらんとこで、良い感じに先制点ゲットやちゃね。

その後はよぉ、徳島がボール持って、カターレが守備をする展開やったじゃ。カターレがよぉ、5バックで対応しとったがやけどよぉ、これちゃ、相手がサイドをえぐっていくからというかよぉ、意図的に5バックにした感じやったのう。先制点奪う前に、いつもやっとるような細かいパス回しやなくて、縦ポンを仕掛けたがでよぉ、ちょっこし気にはしとったがやけど、徳島戦ちゃ、完全にカウンターに割りきっとったじゃ。

しっかしよぉ、徳島ちゃ、追いかける展開ちゃ、なんか苦手みたいな感じがしたじゃ。今季のデータを見るとよぉ、徳島ちゃ、先制点を奪われた試合ちゃ、1回も勝っとらんみたいやぜぇ。カターレはよぉ、いっつもよりもラインを下げてよぉ、どっしり構えとってよぉ、ボールのポゼッションちゃ、完全に徳島が支配しとったがやけどよぉ、肝心の攻撃ちゃ、縦への放り込みぐらいしかやっとらんだじゃ。キム・ジョンウン選手の鋭い飛び込みちゃ、なかなかおっかない感じはしとったがやけど、ちゃんと集中してよぉ、守っとりゃ、ピンチらしいピンチにもならんちゃね。足助キャプテンやなくてよぉ、吉井を起用したのはよぉ、チームの重心が低いもんやから、高さがある選手を使いたかったがかもしれんちゃね。

カターレの攻撃ちゃ、いつもと違ってよぉ、完全にカウンターに徹しとったのう。5バック気味に守っとんがやけど、その後は状況を見ながらよぉ、前の3人に裏を狙わせとったのう。無理していかれんときちゃ、いつもに近いパス回しで落ち着かせてよぉ、行ける時はすぐに出す感じやちゃね。いいバランスを取れとったしよぉ、実際前半の出来やったら、徳島にボールを支配されとっても、決定機自体ちゃ、カターレの方が多かったじゃ。

前半は1-0で終了ながよ。いつも見たいによぉ、パスサッカーやなくて、相手にばっかしボール回ってきとんがで、時間が経つのが遅く感じてよぉ、中立的に見たら、だやなってくる試合やちゃね。

後半はよぉ、徳島が鈴木達也選手に代わってよぉ、大崎淳矢が投入されたがやちゃ。徳島の中やと、鈴木達也はまだいい動きをしとったがやけど下げるがやね。そこで使うのが大崎くんながやけど、発表あったときの拍手ちゃ、えらい温かったじゃ。

カターレはよぉ、後半になっても戦術は変わらんと、ロングカウンターに徹底するがよ。71分にコケちゃん下げて、優大入れてもよぉ、その戦術は変わらんかったじゃ。対する徳島ちゃ、サイドからクロスを上げとった鈴木達也に代えてよぉ、カットインと飛び出しが得意な大崎でよぉ、個で打開することにしたがやちゃ。2トップの裏抜けを狙いつつもよぉ、大崎にボール集める戦術でよぉ、後半の立ち上がりちゃ、前半よりも守備ばっかの時間が多くなったじゃ。

しかしよぉ、シュートコースは開けんでよぉ、守備は集中しとったしよぉ、安易にクリアせんと、上手いこと繋いどったがで、完全に押し込まれる感じでもなかったがやちゃ。昨シーズンちゃ、ロングボール主体のカウンター戦術やったがやけどよぉ、あんまし後ろから繋げられんがで、クリアボール拾われて、波状攻撃食らう試合が多かったがやけど、今季の場合はよぉ、パスサッカーをやっとるがやけど、結果がでんもんやから、ロングカウンターの戦術に戻してもよぉ、今までやってきた積み重ねちゃ、試合の中に出とるのは感じたじゃ。特によぉ、ミックにボールを預けたときの落ち着きちゃ、今までのカターレに無いもんやちゃね。

やけどよぉ、大崎くんの個人技ちゃ、結構効いとってよぉ、平出さんが対応するのが、しんどそうやったがで、安間監督がよぉ、クニくん下げて、足助キャプテンを投入したがやちゃ。途中交代で足助キャプテンを投入するちゃ、カターレにしちゃ珍しいがやけど、3バック特有のサイドの奥のスペースを狙われる展開を避けてよぉ、4バックで対応するがやちゃ。右から平出さん、足助キャプテン、ミックさん、吉井くんという感じかのう?これで何とか持ち直してきた感じやちゃ。

2013-6-1_2.jpg

71分に優大が投入されたがやけどよぉ、187cmででかいがやけど、鋭い出足で裏を抜けとったがやけど、戦術そのものは変わらんがやけど、徳島の守備陣ちゃ、なんか知らんがやけど、優大に手を焼いとったじゃ。

そこでよぉ、77分に徳島の縦パスをカットした吉井くんがよぉ、前線へフィードするがやけど、これを舩津が頭で触れてよぉ、これが優大の足下に入るがよ。優大はためを作って左のスペースに入れてよぉ、これを朝日がスペースに入るがよ。そんでよぉ、パスを通した優大がバイタルエリアに入って、パスを要求してよぉ、ボール受けたら斉藤かわして、左足でシュートながよ。これが綺麗に決まってよぉ、カターレが追加点ゲットながよ。

ヴェルディ戦のゴールもこんな感じやったがやけどよぉ、チャンスメークからフィニッシュまでこなしたナイスゴールやちゃね。パス&ゴーちゃ、今時のサッカーには常識ながやけどよぉ、このゴールまでのイメージをちゃんと持っとるちゃね。もっともっと点を取れるがになったら、優大ちゃ、元フランス代表のティエリー・アンリみたいがになるちゃね。期待しとるちゃ。

その後はよぉ、徳島がロングボール攻勢ながやけど、カターレは身体を張って守っとったが。79分によぉ、吉井くんがキム・ジョンミン選手を倒して、PK取られるがやけど、もったいないちゃ、もったいないがやけど、PK取るほどのもんやと思わんちゃ。このPKを津田に決められて、再び1点差ながよ。

カターレも疲れてきたがやけど、守備は最後まで集中力を欠かさんだじゃ。最後の交代によぉ、ケースケからやっちゃんに交代してよぉ、やっちゃんにプレスやらせとったがやけど、あれもいい交代やったのう。交代直後に千代反田選手と競りに行ったシーンとかよぉ、気合が入りまくっとったしよぉ、さすがやっちゃんやちゃね。ケースケと同じでよぉ、やっちゃんも裏へ走る動きを徹底しとんがやちゃ。さすが安間さんからよぉ、「プロフェッサー」と言われるだけあるちゃね。ロスタイムによぉ、カウンター仕掛けとったがやけど、優大のサポートをして、右に展開したのちゃ、やっちゃんやちゃね。最後によぉ、優大のスルーからダイレクトでシュート撃とうとしてよぉ、シュカッとかすったのは、ご愛嬌やちゃ。やっちゃんちゃ、何でもできる人やけど、シュートとか慣れとらんがやちゃ。次こそ決めてくれるはずやちゃ。

試合は2-1で勝利ながよ。徳島戦ちゃ、2009年以来の勝利ながよ。7試合勝利無しでよぉ、しかもはがやしい徳島相手やったがやけど、そんでも結果出せたのは大きいちゃね。理想を追い求めるのもいいがやけど、状況に応じて戦術を変えるのも、長いシーズンを戦う上で必要なことやちゃね。

今はパスサッカーをやってよぉ、おもしい試合はやってきとんがやけど、去年の終盤にやっとったことも、急やけどできるちゃ、チームの成長を感じるちゃね。ヨンドク戻ったらよぉ、どいがにすらーか分からんがやけど、いろいろ戦術駆使できるチームになりゃ、まだまだ盛り返せると思うちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/622-370a2527
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。