スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負の別れ目ちゃ、ほんの一瞬の判断で変わるがやぜぇ・・・

厚別でコンサドーレ札幌戦ながよ。

2013-6-14.jpg

先週はコケちゃんが怪我してよぉ、ゲームプランが狂ったカターレやったがやけど、今回は追い打ちかけるようによぉ、吉井くんがおらんがやちゃね。ケースケが1トップでよぉ、2列目に優大ながやけど、ケースケがサイドのスペースに飛び込んでよぉ、優大が中央に飛び出る流れを狙っとる感じかのう。よぉ知らんねど。左CBには池ちゃんが今季初出場ながよ。そんでよぉ、ベンチにはバナナマン日村に似とると言われとる、村松知輝選手が初のベンチ入りながよ。

コンサドーレ札幌はよぉ、今季は全然試合観とらんがで知らんがやけど、アビスパ福岡のU-18率いとった、室蘭市出身の財前恵一監督が就任したがやね。安間さんにとっちゃ、憧れの選手やったみたいやちゃね。でよぉ、コンサドーレのメンバーを見とったらよぉ、横尾、荒野、奈良ちゃ、地元北海道出身でコンサドーレのユース出身ながらスタメンながやけどよぉ、今調べてびっくりしたがやけど、この控えメンバー全員ちゃ、コンサドーレ札幌ユースから昇格した、地元選手ながやね。去年の高円宮杯U-18で準優勝しとるしよぉ、Jユース選手権やと優勝しとるし、ユースに力入れとるカターレにとっちゃ、お手本のようなクラブやちゃね。砂川とか内村みたいによぉ、チーム引っ張るような選手に成長していくがやね。



そんでよぉ、試合ながやけどよぉ、5分過ぎぐらいによぉ、優大がGKと競り合いに行くところやったか、そこら辺でよぉ、足首がひん曲がったがで、負傷退場することになったがよ。前節のクサツ戦に続いてよぉ、前半早々にFWが途中交代させんなんがになったしまったじゃ。か、選手達も堪えるちゃね。

2013-6-14_1.jpg


そこでよぉ、安間さんが投入したのちゃ、泰次郎ながやけどよぉ、その直後のプレーでよぉ、右サイドを上原に崩されて、中央に走ってきた砂川にミドル決められて、先制点取られてしまったじゃ。5バックにしてよぉ、人数も十分おったがに、みんなしてゴール前に密集してよぉ、砂川選手の動きを見とらんちゃね。ここはよぉ、入ってきたばっかしの泰次郎がケアへ行かんならんがやったがやけど、荒野選手に引きつけられてしまった感じやちゃね。國吉くんがシュートコース防いどったがやから、泰次郎が砂川選手のとこへ行かんならんやったのう。入ったばっかしの最初のプレーでこうなるとは、なっかなか難しいがやけど、人数おっただけに残念やちゃ。

その後の展開ちゃ、カターレがパス回しでペース握りたかったがやけどよぉ、お互いがプレスきついがでよぉ、なかなか落ち着かん試合やったじゃ。カターレにしちゃ、俊足のケースケを使う狙いちゃ、裏を狙いたい意図があると思うがやけどよぉ、札幌が先制したもんやから、なっかなか裏を取れんちゃね。札幌の前からのプレスでよぉ、なっかなかボールを前に運べんがでよぉ、バックパスを連発してよぉ、苦し紛れのロングボールに頼ってしまってよぉ、前半は全然ゴール狙えんちゃね。札幌の球際ちゃ、えらい強いもんやからよぉ、カターレはどうしても球際で全然ダメながでよぉ、ボール奪われたらショートカウンター狙われるがやね。守備は集中力欠いとらんで、決定機ちゃ、ほとんど作らせんかったがやけど、まったりと時間が過ぎていったのう。カターレも札幌もミス多いがやけど、そいとこを上手いこと決定機まで持ち込めんかったのう。

後半もよぉ、どっちもミスが多い展開ながで、膠着したゲームになっとったのう。やけど、札幌のプレスも徐々に収まってきてよぉ、カターレもパスをちょこちょこと回せるがになってきとんがやけど、振り向ける場面ながに、ターンをして、前を向くような動きが少なかったのが気になるちゃね。そりゃよぉ、前半の出来を考えたらよぉ、ちょっこしでもボール持つ時間が欲しかったがかしらんがやけど、最終ラインに仕掛ける動きとかよぉ、ボールをもっと前に出していく動きが足らんちゃね。特に泰次郎とかよぉ、前に出すようなパスちゃ、あんまし無かったと思うがやけど、消極的な選手も何人か見られた気がするちゃね。

そんなだやい試合やったがやけどよぉ、80分にルーキーの村松知輝選手が投入されたがやちゃ。開幕19試合目でよぉ、やっとかったJリーグデビューやちゃ。168cmで小さいがやけどよぉ、裏へどんどん狙ってよぉ、最終ラインに仕掛けとったのう。連続でボールを奪ってよぉ、ポジションチェンジしながら札幌の守備陣を左右に揺さぶっとったがよ。村松くんの果敢な動きによぉ、他の選手も感化されてよぉ、「しゃーオラも頑張らんなんちゃー」とか思ったかもしれんちゃね。前への意識が強くなって良い感じやったと思うちゃね。彼はよぉ、身体小さいがやけどよぉ、重心が低くてよぉ、優大と違ってよぉ、ボールの落下地点をちゃんと把握できとるちゃ。10cm近く大きな日高相手にも身体つかってポジション取れるぐらいの上手さがあるちゃね。この試合ちゃ、札幌とカターレには、球際の強さの差がはっきり出とったがやけどよぉ、村松くんの身体の使い方とか見とったらよぉ、カターレもやりようによって、なんとかなるかもしれんちゃね。彼のプレーとか参考にしながらよぉ、もっと見つめ直さんならんちゃ。

2013-6-14_2.jpg


オープンな展開になったがで、カターレも両サイドからガンガン攻めとってよぉ、最後のプレー選択次第で、ゴールへ結びつけたはずやったがやけど、そこがダメやったがやね。この上の図ちゃ、88分のカターレの攻撃ながやけどよぉ、左サイドから展開してよぉ、日高の裏をケースケが取ってよぉ、3対3の勝負になったがやけど、最後のクロスが、どこに蹴っとらーか、さらに分からん、明後日の方向へ蹴っとんがやね。ケースケの左足の技術ちゃ、いまいちながは分かっとんがやけどよぉ、バイタル付近に朝日がフリーやったがで、そこにパスを出しとったら、同点になられたかもしれんちゃね。持ち替えたらよぉ、7番の榊くんが間に合ってよぉ、ブロックされたかもしれんがやけど、ああいうとこで技術の無さがくっきり出とんがやね。先制点がよぉ、似たような形でよぉ、そんでもって、このシチュエーションちゃ、札幌のディフェンスの人数が足らんとこやっただけによぉ、最後のとこのプレー選択ちゃ、カターレの大きな課題になっとるちゃね。

カターレはよぉ、最後の10分に猛攻仕掛けとったがやけど、結局取られんだじゃ。1-0でコンサドーレ札幌がよぉ、今季厚別で初勝利ながやと。お互いによぉ、ミスが多い試合やったがやけど、最後のプレー選択一つで大きな差が出てしまったじゃ。カターレの守備もよぉ、あそこ以外ちゃ、そんなに崩されとらんしよぉ、札幌も効果的に攻めとるわけでもないちゃね。88分の攻撃にしてもそいがやけど、勝負の別れ目ちゃ、ほんの一瞬の判断の違いながと、改めて感じさせられたじゃ。

最後にデビュー飾った村松くんについて、ちゃべちゃべいうがやけど、やっぱしおもしい選手やちゃね。プロデビューしたばっかしでよぉ、90分間での戦い方とか、まだまだ分からんやろうから、最後の10分での投入になったがやと思うがやけどよぉ、場を重ねていきゃ、まずはスーパーサブになりうるちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/627-ecc072d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。