スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この試合内容でよぉ引き分けられたがやちゃ

県総でV・ファーレン長崎戦ながよ。

2013-7-20_1.jpg



カターレのスタメンはよぉ、前節の神戸戦に出場しとらんかったヨンドクが復帰ながよ。ヨングン、朝日、大西先生に、オーヤンがおったもんやから、今季初めてサイドでプレーするがになったがやね。ベンチには前節おらんかったケースケが復帰したがよ。組長、優大、ケースケと選手はおるちゃね。

長崎はよぉ、今季3位でえらい頑張っとるちゃね。スタメンはよぉ、前回猛威奮っとった、セカンドトップの佐藤洸一がおるちゃね。小笠原、金久保とかも厄介な選手やちゃ。山田晃平ちゃ、アメリカから帰ってきた選手やけど、この人のドリブルは要注意やちゃね。CFは幸野志有人選手が入ったがやね。ガチムチの水永翔馬選手ちゃ、ベンチスタートやちゃ。


立ち上がりはよぉ、良い感じにパス回しとったがよ。V・ファーレンもよぉ、3バック組んどるもんやから、サイドの奥のスペースがよく開くがで、カターレも結構狙っていた感じがするちゃね。長崎の守備陣も、そんなに足速い感じはせんかったがやけど、サイドの裏を狙って、そっからクロスとかの形はできそうな感じやったのう。

やけどよぉ、その攻撃には長崎さんも慣れてきとんがか知らんがやけど、徐々に対応できるがになってくんがやね。3バックが上手く横にスライドしながら対応できるがになっとんがやね。最終ラインがゲームに入れるようになってきたらよぉ、中盤から前の選手が、えらいプレス掛けるようになってきとんがよ。長崎のサッカーちゃ、よぉ走るとか言われとんがやけど、走るポイントとかよぉ分かっててよぉ、統率された感じがするちゃね。攻撃はよぉ、縦にシンプルに速いがやけど、狙える場面とそうじゃない場面の判断ちゃ、各々ができる感じがすんがよ。ポジションしっかり見とんがやね。

最近のカターレちゃよぉ、前線でこれといった得点パターンが確立されとらんのが、相手に分かられとんがか知らんがやけど、相手チームちゃ、中盤を徹底的に潰しに掛かってきとる感じがするちゃね。かわされてもよぉ、1対1で止められる自信があるがかのう?カターレのもんも、パス回しちゃ、昨シーズンとかと比べたらよぉ、えらい上手くなってきとんがやけど、ちょっこしプレス掛けただけでよぉ、簡単にバックパス出してしまうがやね。引きつけてパスするぐらいの余裕があるサッカーになっとらんちゃね。

今季の長崎のサッカーちゃ、ボール奪ったら縦に速いのが特徴ながやけど、この試合でもそうやったのう。この日ちゃ、幸野志有人選手が1トップやったがやけどよぉ、1トップにターゲットになるもんを入れてよぉ、2列目の佐藤洸一と小笠原が狙う形が作られとんがやね。ボール奪った時によぉ、CFのポジションが低かった場合ちゃ、サイドに回して、クロスを狙う感じやけど、シンプルやけど、狙いがはっきりしとるサッカーやちゃね。ミスしても切り替えが早くてよぉ、自信が満ちている感じがしたじゃ。

そんな感じでよぉ、長崎がペースを握っとったがやけど、38分にクリアボールを拾われてよぉ、その後に左サイドを崩されて、最後は小笠原選手に決められたがやね。カターレが攻撃に転じようとしたらよぉ、長崎の3バックの山口貴弘選手がよぉ、思い切ったチャレンジしてくんがやちゃ。カターレの守備陣もラインあげようとした矢先やったもんやから、上手いこと対応できんかったのう。

その後のカターレちゃ、全然サッカーになっとらんでよぉ、パスミス連発しとんがやちゃ。明らかなダメな感じな試合で前半を折り返したがやちゃ。

後半に入ったらよぉ、オーヤン下げて、優大投入して、2トップにしたがよ。そんでもよぉ、これといって良い感じにならんかったがやけど、60分にヨングン下げて、ケースケ入れたらよぉ、縦への意識が強くなってよぉ、だんだん良い感じになってきたがやね。ケースケ入れたらよぉ、みんなスイッチ入った感じになるがやけど、とりあえずよぉ、スペースに走ってくれる信頼感ちゃ、やっぱしケースケは他の選手に持たれとんがかもしれんちゃね。あんまし器用な選手やないだけに、かえって分かりやすいかもしれんちゃね。今のカターレにとっちゃ、唯一、流れを変える力がある選手かもしれんちゃね。

そんでも長崎のペースに変わらんちゃね。66分に水永翔馬選手を投入してくんがやけど、高木監督がよぉ、トドメさしに来とったがやね。身体つきがよぉ、カターレのもんとは全く違う身体になっとる水永選手ちゃ、えらいおっかないアタッカーでよぉ、長崎が縦の意識がもっと強くなってきとんがやね。カターレの守備陣ちゃ、ミックがおらんもんやから、みんな小さくてよぉ、水永に勝てるもんが全然おらんがやちゃ。フィニッシュが雑やったもんやから、追加点は奪われんかったがやけど、いつ奪われてもおかしくない状況やったのう。

この後よぉ、組長入れてもよぉ、全然決定機を作れる感じがせんかったがで、点が取れる気配が全然無かったがやけどよぉ、86分によぉ、大西先生のフリーキックからよぉ、クロさんが折り返してよぉ、最後はヨンドクがターンから右足を振りぬいてゴールやちゃ。混戦の中やったけど、よぉねじ込んだのう。

その後の展開ちゃ、お互いが勝ち越しゴール狙うがに、えらいオープンな展開になってきたじゃ。めまぐるしく攻守が入れ替わる展開でよぉ、お互いが決定機を作るがやけど、フィニッシュが上手いこといかんがで、結局は1-1で引き分けながやちゃ。

全体の試合内容考えたらよぉ、よぉ引き分けられた試合やちゃね。最初と最後の10分ぐらいしか、サッカーなっとらんだのが正直の感想やちゃね。あとは長崎の組織的なサッカーがハマってよぉ、完全に長崎が勝っとる試合やったがやけど、長崎の得点力不足に助けられた感じがするちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/640-ffdc6bb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。