スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア選手権の感想やちゃ

公開されるのがえらい遅れてよぉ、あんまし見応えないがかもしれんがやけど、書き始めたのちゃ、早い段階やったがで、一応公開できる感じまで仕上げておくちゃ。



いろんな意見ちゃ、あるがやけどよぉ、普段代表で見られん、Jリーグの選手が集められとったがで、オラにとっちゃ、なんか新鮮でよぉ、なかなかおもしかった大会やったのう。普段、Jリーグしかプレーしとらんもんがよぉ、いざ未知の相手とやったら、どんだけできらーか、それとも何もできんがんか、テスト的な意味が強いがで、おもしいちゃね。いきなし集まったもんばっかしながで、連携も上手く取れるわけでもないしよぉ、なかなか厳しい環境でテストされとんがやと感じたじゃ。

まずよぉ、招集されたメンバーちゃ、遠藤、今野の主力メンバーちゃ、すでに分かっとる選手やしよぉ、J2の試合もあるがで、まず呼ばれんちゃね。あと、国内組でもよぉ、中村憲剛と伊野波も前田も大体分かっとる選手やちゃね。

やけどよぉ、普段から代表におるがに、呼ばれとる選手は何人かおるちゃね。GKの西川、権田ちゃ、出場機会が無いから当然やちゃね。あと、出場がロスタイムばっかしのMF高橋秀人も動かさんなんがで、呼ぶちゃね。やけどよぉ、それなりに出場機会があるがに、今回呼ばれとった、駒野と栗原ちゃ、追試されとる感じがしたのう。ザックジャパンちゃ、ラインを高くするのが特徴ながやけど、栗原ちゃ、ライン下げる傾向があってよぉ、吉田麻也と今野のコンビとは、まだ開きがある感じがするちゃね。オラにとっちゃ、森重の方がよぉ頑張っとった気がするちゃね。身体の入れ方とか見とったら、栗原よりも守備技術があるように見えたじゃ。あと徳永さんちゃ、いつの試合観てもよぉ、安定しとるちゃね。サイドバックに怪我人が出たりしてよぉ、メンバーが足らんがになったときとかに、緊急に選んでもいい、貴重な選手やとオラは思ったじゃ。

あとのメンバーちゃ、代表初選出のもんが大半やったり、出場しとっても僅かな人ばっかしやちゃね。期待の声が大きかった、柿谷、豊田、工藤もそいがやけど、五輪のメンバーやったMF山口螢、DF鈴木大輔、FW斉藤学とか選ばれとったのう。選ばれとるメンバーのほとんどちゃ、これから代表に入っていけるかどうかのレベルの選手ばっかりやったのう。

オラの感想といっちゃ、攻撃陣が結果残してよぉ、守備陣が課題がある感じやちゃね。守備のメンバーの方がよぉ、代表経験者が揃っとんがやけど、なかなか上手くいかん感じやったのう。コンフェデでもよぉ、主力メンバーちゃ、守備に課題を残したがやけど、やっぱしサブメンバーぐらいになったら、同じ事がいえるちゃね。駒野が元気なかったのが心配ながやけどよぉ、栗原も含めてよぉ、未知の相手に対する対応力ちゃ、いまいちやった気がするちゃね。Jリーグで良くてもよぉ、Jリーグだけのサッカーに浸かっててよぉ、他には対応能力が上手くいかんのかもしれんちゃね。ほんのちょっとの判断力の欠如でよぉ、失点を招いたシーンが多かったと思うちゃね。

攻撃陣はよぉ、それぞれ色が出てた感じで、オラは楽しめたのう。代表でも人材不足な感じがしとるセンターフォワードちゃ、柿谷と豊田、あと短い時間やけど大迫選手がやったがやけど、3人とも特徴は発揮できとったのう。柿谷と豊田ちゃ、フルメンバーでも入っていけそうな感じがするちゃね。2列目の選手ちゃ、高萩、原口元気、斉藤学、工藤壮人、山田大記、大迫とプレーしとってよぉ、6人ともまずまずという感じかのう?やけど、高萩は中村憲剛、原口と斎藤は乾、山田大記が清武、工藤と大迫が岡崎と比較対象と比べたらよぉ、なっかなか大変やちゃね。

ボランチの選手ちゃ、中国戦と韓国戦には、青山と山口螢のコンビでよぉ、オーストラリア戦には高橋秀人と扇原貴宏のコンビやったがやけど、やっぱし代表常連の高橋秀人が一歩上な感じがするちゃね。MVPを獲得した山口螢ちゃ、守備面でのがんばりはあったがやけど、MVPとは思えんちゃね。長谷部との比較になると思うがやけど、フルメンバーに入っていけるかちゃ、なかなか難しいかもしれんちゃね。高橋秀人みたいによぉ、状況問わずよぉ、いつも冷静にプレーしとるもんのほうが、23人の枠には相応しいかもしれんちゃね。

そういう風に考えたらよぉ、コンフェデのメンバーで「Jリーグで結果残しとるもん、何で選ばんがよ!」とか言うもんちゃ、多いがやけど、ザックさんとしたらよぉ、「Jリーグでしかサッカーやっとらんもんが、未知の相手と対戦して、本当に対応できらーか!?」とか思っとるかもしれんちゃね。えらい保守的なメンバー選考になるがやけどよぉ、普段のフルメンバーのもんにしてもよぉ、ブラジル、イタリア、メキシコとかのFIFAランキング10位以内に入るようなクラスとの対戦ちゃ、恵まれとるわけやないがで、結局は国内のもんちゃ、東アジア選手権みたいな地方大会ぐらいでしか試されんがかもしれんちゃね。

しかしよぉ、高萩、青山、千葉とかなんかちゃ、20代の半ばに入っとるしよぉ、もっと早よ選ばれとって欲しかったもんちゃ、何人かおるちゃね。選手の伸びしろとか考えたらよぉ、あんまし遅い時期に選んでも、なかなか将来に結びつかんからのう。経験ちゃ、人を強くするしよぉ、新しい目標ができると思うがやけど、もっと早い段階で、こういう機会があったらいかったかもしれんちゃね。

印象に残った選手は、やっぱし柿谷と豊田かのう。まず豊田ちゃ、東アジア選手権ぐらいの試合でもよぉ、フィジカルは通用するのは分かったのう。それによぉ、センターフォワードやけどハードワークをしっかりこなすしよぉ、裏へのスペースにもしっかり走りこむちゃね。これはよぉ、鳥栖でえらい鍛えられたがやと思うがやけど、スタイルの違うチームからちゃ、他にないものが生まれやすいがかもしれんちゃね。フルメンバーと混ざった時によぉ、どんだけのパフォーマンスを見られるのか、見てみたいもんやちゃ。日本代表のサッカーの幅を広げるよりもよぉ、単純に前田よりも良いプレーができる可能性を秘めてるちゃね。

あと柿谷。3得点で得点王で立派やちゃね。MVPはやっぱし柿谷やろげ。まずよぉ、足下でボールを受けても、スペースにボールが入っても、どっちでも高水準のプレーができるにか。周りの選手もいかすことができるしよぉ、おそらくセレッソ勢が多い代表にもフィットするかもしれんちゃね。技術があるもんやから、若干よぉ、プレーの軽さとか見えることはあるしよぉ、豊田みたいによぉ、ガッツリ走りこむような感じでもないがで、どれだけハードワークができらーか、まだ分からんがやけど、ゴールを奪うまでの動き出しとかちゃ、全盛期のカズを思い出させる感じやったのう。日本代表を一つレベルアップさせる可能性はあるちゃね。

あんましまとまってない感想ながやけどよぉ、いろいろ発見あったがで、今回はいろいろ楽しませていただいたじゃ。今後選ばれる選手と、もう2度と選ばれん選手もおると思うがやけどよぉ、この国際大会を糧によぉ、もっとレベルアップできるようによぉ、普段のJリーグから励んでってほしいちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/643-cc7c9a86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。