スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かー池ちゃん、それはないちゃー・・・

アウェーの鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで、徳島ヴォルティス戦ながよ。

2013-8-18_1.jpg

カターレのスタメンちゃ、こないだ清水エスパルスからやってきた、白崎凌兵選手がスタメンながよ。オラが思った通り、2トップながやね。黒部組長と白黒2トップで、15歳差2トップで、イケメン2トップやちゃ。守備陣は池ちゃんが出場停止から戻ってきたがよ。あとはいつも通りやちゃね。

徳島はよぉ、最近7試合負けとらんがやね。フォーメーションちゃ、前回やったときと変わらん、オーソドックスな4-4-2ながやけどよぉ、センターバックのコンビが以前と違うちゃね。前回やった時ちゃ、青山隼選手がボランチやったがやけど、最近ちゃ、三木選手とセンターバックコンビながやね。あと、富山県出身の大崎淳矢くんが先発ながやちゃ。あと、ドウグラスがおっかないちゃね。カターレとやったら、いっつもゴール決めとる、津田がはがやしいがで、完封してほしいじゃ。



立ち上がりはよぉ、お互いに静かな展開やったのう。徳島がボール回してよぉ、カターレが3ラインで守りから入っとんがやね。カターレとしちゃ、まずは守備から入って、先制点取られんようにする、アウェーらしい戦い方やちゃね。徳島は最終ラインと柴崎晃誠がゲーム作ってよぉ、前線の4人が裏を狙ったり、ドウグラス選手にハイボール出したりしとったのう。

2013-8-18_2.jpg


カターレの攻撃は、カウンター重視ながやね。守備は5-3-2の3ラインでブロックを作ってよぉ、片方のサイドにボールホルダーがおったら、人数掛けて囲んでよぉ、プレッシャー掛けに行くがやね。裏を狙っとるもんに対してちゃ、オフサイドトラップ掛けにいくがやけど、大外のサイドのもんちゃ、サイドの選手がケアをする感じやちゃね。フリーにするのは全然無かったし、集中しとったじゃ。

2013-8-18_3-1.jpg


そんで奪ったら、まずはクロさんの位置を確認するようにしとったのう。2トップの位置を見てよぉ、行けそうやったらロングボール出してよぉ、そうやなかったらボールを落ち着かせて、片方のサイドでボールを回してよぉ、遅攻する感じやちゃね。クロさんに当てた場合ちゃ、白崎くんが前で待って、クロさんが引きつけたセンターバックの裏は舩津か大ちゃんが狙うがやね。白崎くんの足下にボールが収まるか、2列目のもんがスペースに飛び込めたら、カウンターを狙ってよぉ、それができんかったら、サイドにボールを預けて、ショートパスを回して、遅攻するがやね。

そこまでちゃ、最近の試合とそんなに変わらんがやけどよぉ、そこで注目なのは、今月カターレにやってきた、白崎凌兵選手やちゃね。白崎くんちゃ、解説のもんがゆっとらっしゃったがやけど、「万能型のFW」ながやね。180cmあるがで、ある程度ちゃ、ハイボールでもボール収めることができてよぉ、足下のテクニック、ドリブル、パス、シュートと本当に何でもできる感じやちゃね。そういう技術がある選手ながで、スペースにも入れるし、足下にも収まるし、上半身に来る浮き球も上手く処理できるがで、幅が広がるちゃね。そういうことながで、いっつもはクロさんに当てるのが多かったがやけど、ターゲットマンちゃ、2つになった感じがしたのう。

2013-8-18_4.jpg

2013-8-18_5.jpg

2013-8-18_6-1.jpg


その白崎くんが入ってよぉ、カターレが変化した部分ちゃ、やっぱし攻撃に厚みが増す感じはするちゃね。ここ2試合ちゃ、同じポジションちゃ、ヨングンがプレーしとったがやけどよぉ、彼ちゃ、パスやスペースへの動き出しちゃ、まずまずながやけど、ドリブルとかシュートとか、得点の詰めになるとこの個人能力ちゃ、物足りんかったがやちゃ。そこで白崎くんが入るとよぉ、30分にはポストプレーしとるクロさんに引きつけられたディフェンスの裏を狙ったり、38分には自分のポストプレーからサイドに預けてよぉ、ゴール前に飛び込んだり、39分にはドリブルからミドルも打っとるちゃね。これが個人能力の高さというもんかのう?誰やらが「和製カカ」とかゆっとったがやけど、今まで見たカターレの選手やと、もしかしたらよぉ、一番上手い選手かもしれんちゃね。


試合の話に戻るがやけどよぉ、徳島の執拗な裏狙いになかなか苦労するがやけど、カターレもボール持たせてカウンターする戦術ちゃ、まずまずいい感じやったのう。中央に起点になるもんがおってよぉ、クロさんがポストプレーやったら、白崎くんが最前線になってよぉ、スペースには大ちゃんと舩津が飛び込む狙いちゃ、できとったしよぉ、上手いこと継続できとったじゃ。そんでよぉ、白崎くんも個人技からよぉ、積極的にシュート狙っとったのう。

徳島もよぉ、サイドをリスク掛けて上がっていくがで、カターレもよぉサイドの裏をついていけた感じやちゃね。その裏を狙ってよぉ、クロスからゴールを狙うちゃ、今季のカターレの得意のパターンながやけど、最後の詰めがなっかなか合わんかったのう。そこが安間さんとか選手がゆっとる、「課題」かもしれんちゃね。


後半に入っても、カターレは変わらんで、2トップのポストプレーを軸に、サイドの裏を上手いこととって、攻撃の形を上手いこと作っとったじゃ。徳島もよぉ、ひたすら裏を狙ってきて、形は作ってきとるがで、どっちが先制するか分からん展開やったじゃ。

2013-8-18_7.jpg

そんでよぉ、ゲームは60分になってよぉ、カターレにビッグチャンスが来るがやちゃ。國吉くんのスローインからよぉ、クロさんが胸トラップから裏に通してよぉ、サイドに走った大ちゃんにパス。大ちゃんが、アレックスをかわしてクロス。これを白崎くんが頭で合わせたがやけど、相手GK長谷川徹と止められて、ゴールできんかったじゃ。カターレにとっちゃ、でかいチャンスやったがに、相手キーパー上手かったのう。


この決定機を止められたカターレはよぉ、65分にスルーパスに抜けだした大崎がよぉ、右サイドに流れてよぉ、その大崎をマークしとった池ちゃんがケアしとったがやけど、大崎に振り切られそうなときによぉ、手で抑えてしまって、PKになってしまったじゃ。

2013-8-18_8-1.jpg


まずよぉ、この徳島ヴォルティスの仕掛けちゃ、なかなか良かったのう。起点になった大崎くんがよぉ、サイドチェンジするとこから始まるがやけど、そっから右サイドの宮崎光平選手に渡ったとこで、カターレの3バックが津田とドウグラスを警戒しとんがやね。そこで一気に大崎くんがよぉ、ダッシュして裏を狙うがやね。この試合で1回も仕掛けとらんだがやけど、見事なダイアゴナルランやちゃね。その大崎の動きに反応したのちゃ、前半からマッチアップしとった池ちゃんでよぉ、一緒に逆サイドに流れたがやね。そこで大崎くんをケアして、守備陣の戻りを待つとこまではいかったがやちゃ…。

やけどよぉ、大崎くんに振り切られたとこで焦ったがか知らんがやけど、池ちゃんは手が出てしまったがやね。きっとよぉ、自分も逆サイドに流れたがで、大崎くんがライン破ったとこが頭いっぱいになってよぉ、冷静さ失ってしまったがかもしれんちゃね。身体能力が高くてよぉ、ボールや相手選手への反応がよくて、ガッツがある池ちゃんながやけど、こういうとこでチョンボするのが困るちゃね。

この後のPKちゃ、津田に決められて、徳島が先制点ながやちゃ。

これで無理をすることがない徳島ちゃ、守備的になってよぉ、カターレは前に出ていかんならんがになってきたがやね。徳島のサイドの裏を狙っとったカターレやったがやけど、完全にスペースを消されてよぉ、上手いこといかんがになってきたがよ。カターレは池ちゃん、國吉くんを下げて、コケちゃん、サンコンとフォワードを投入するがよ。

しっかしよぉ、フォワードでかいと投入しても、徳島のディフェンスちゃ、びくともせんがやね。J1でも何チームも率いとった小林伸二監督ちゃよぉ、バランスがよくて、試合運びが上手いチームを作るがやけど、徳島もそういうチームながやね。本職がボランチの青山隼、右サイドで精力的に動いとった宮崎光平を下げてよぉ、DF登録の大久保宏樹、ベテランの斉藤大介を投入すらーよ。あとは、残り3分で、津田を下げて、キム・ジョンミンを入れてよぉ、ボールホルダーにガンガンプレス掛けてくるがよ。1-0で試合を終わらせる気満々やちゃね。

そういう徳島の守備固めにはよぉ、カターレはフォワードを増やして、ロングボールするがやけど、これが上手いこといかんがやちゃ。徳島のボールホルダーへのチェイシングがまたしつこくてよぉ、いいクロス出せんがよ。途中交代のコケちゃんとか、スピードでサイドを振り切るシーンがあったがやけど、彼はクロスが上手くないがで、決定機に結びつかんかったじゃ。上質なクロスが欲しいがやと思うがやけど、最後のカードで舘野くん入れるがやけど、これも上手くいかんかったのう。

ロスタイムに入ってよぉ、スローインのミスからボール奪われてよぉ、最後は柴崎晃誠選手に見事なミドルシュート決められて、ジ・エンドながやちゃ。めったくさい失点やから、これは図とか作らんちゃ。ダヤなってくるにか。


残念ながやけど、0-2で負けながよ。4試合負けなしでよぉ、この試合もいい流れでゲームを進めとったし、初出場の白崎くんもいかったがやけど、ゴール前での対応で勝負が別れたのう。60分の白崎くんのシュートを止めた長谷川徹選手のセーブは見事やったし、逆に先制点のPKを与えてしまった池ちゃんは雑やちゃね。本当に勿体無い試合ながやちゃ。

最後に白崎くんながやけど、予想以上にいい選手やちゃね。とりあえずよぉ、ボール預けておけば、何でもしてくれそうな感じやちゃね。J1経験者が揃っとる徳島ヴォルティスの厳しいプレッシャーが来てもよぉ、それなりのボール持てるしのう。前を向いて勝負できたらおもしいがで、一度コケちゃんと2トップ組ませるのもいいかもしれんちゃね。まだまだちょっこし合わんとことか、いろいろあったがで、連携構築が課題ながやけど、チームに溶け込んだらよぉ、ヨンドク、朝日、舩津の持ち味も更に発揮されるかもしれんちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/654-2700e1e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。