スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルージャ盛岡、レノファ山口、YSCCが準会員なったじゃ

Jリーグがよぉ、新たにグルージャ盛岡(東北1部)、レノファ山口(中国1部)、横浜スポーツ&カルチャークラブ(JFL)が準会員に承認したがやと。こんでよぉ、準会員のチームちゃ、これだけになったがよ。

・JFL
町田ゼルビア
カマタマーレ讃岐
AC長野パルセイロ
ツエーゲン金沢
ブラウブリッツ秋田
SC相模原
Y.S.C.C.

・地域リーグ
グルージャ盛岡(東北)
レノファ山口(中国)


※申請中
・JFL
福島ユナイテッドFC
FC琉球
MIOびわこ滋賀
藤枝MYFC
栃木ウーヴァFC

・地域リーグ
ヴァンラーレ八戸(東北)
tonan前橋(関東)
アスルクラロ沼津(東海)
FC鈴鹿ランポーレ(東海)
奈良クラブ(関西)


テキトーやけど、いろいろ書くちゃ。

まず、グルージャ盛岡。盛岡南公園球技場をホームとするとこながで、将来的にJリーグ開催できる規格にすんがやと。監督ちゃ、地元出身でアルビレックス新潟のエースやった鳴尾直軌さんが監督ながやね。ここちゃよぉ、2007年から2010年までよぉ、東北社会人サッカーリーグで4連覇しとったがやちゃ。5回優勝しとって、地域リーグ決勝大会に5回出場しとんがやけど、いずれも1次リーグで敗退しとんがやちゃ。結構前からよぉ、財政難やら、経営陣の対立とかあってよぉ、えらいゴタゴタしとったチームながで、よく分裂とかしとったがやね。別れた経営陣がよぉ、「ガンジュ岩手」やら「アンソメット岩手・八幡平」とか作ったりしてよぉ、岩手県ちゃ、Jリーグ目指すとこが乱立しとるとこやちゃ。

ここで消化試合がバラバラながやけど、東北社会人の順位を見てみるちゃ。

1 ヴァンラーレ八戸 39 +47
2 グルージャ盛岡 37 +74
3 ガンジュ岩手 30 +46
4 コバルトーレ女川 19 +6
5 富士クラブ2003 13 -19
6 FCプリメーロ 11 -25
7 バンディッツいわき 10 -28
8 塩釜NTFCヴィーゼ 10 -32
9 秋田FCカンビアーレ 10 -33
10 盛岡ゼブラ 6 -36

まずよぉ、腹太鼓で有名な某サポーターがおられる、盛岡ゼブラが最下位やちゃ。ピンチやちゃ。それは置いといてよぉ、グルージャは2位ながやね。得失点差がえらいことになっとんがやけど、大量得点で勝った試合が何試合もあるがやね。J2から選手獲得したとかゆっとるし、実力差とかあるがやろうのう。しかしよぉ、1位~4位までちゃ、全部Jリーグを目指しとるとこながやね。オラはコバルトーレ女川を応援しとんがやけど、1部復帰で4位とはいい感じやちゃね。人口1万人の女川町のチームやけど、少子化や過疎化に悩んどるとこの街づくりの一貫で、えらい注目されとるクラブやちゃね。震災でえらい被害になっとってよぉ、ホームが震災復興の集合住宅になるがで、いろんなことがあるがやけど、オラはいつか観に行きたいと思っとるクラブながよ。今回はコバルトーレのことやないがで、いつの日やら、また記事書いておくちゃ。

話はグルージャに戻るがやけどよぉ、準会員になったがやから、J3行きには、まずは成績が肝心やちゃね。地域リーグ決勝大会に勝ち上がってよぉ、決勝リーグ戦に出れれば、なんとかなりそうやないかのう?しかしよぉ、争っとるヴァンラーレ八戸もよぉ、Jリーグ準会員申請しとんがで、東北社会人リーグちゃ、えらい過酷やちゃね。



そして、次はレノファ山口やちゃ。ここはよぉ、20000人集用の維新百年記念公園陸上競技場をホームとするクラブやちゃね。元札幌の中山元気さんが監督やちゃ。2018年にJ2昇格を目標にしとんがやね。2008年によぉ、地域リーグ決勝大会で決勝リーグ戦まで進出したがやけど、リーグ最下位で終わってよぉ、そんときはJFL昇格できんだがよ。去年のデータやと、1試合平均で1000人以上集めとんがやね。地域リーグにしちゃ、大した数字やちゃね。

中国サッカーリーグの順位表を見てみるちゃ。

1 デッツォーラ島根EC 40 +56
2 ファジアーノ岡山ネクスト 36 +33
3 レノファ山口 33 +29
4 松江シティFC 22 +5
5 富士ゼロックス広島 20 -15
6 NTN岡山 18 -11
7 佐川急便中国SC 13 -17
8 SRC広島 13 -31
9 三菱水島FC 12 -10
10 JXエネルギー水島 1 -37

ここは熾烈やちゃね。昨年優勝したデッツォーラ島根が1位でよぉ、昨年の地域リーグ決勝大会でよぉ、最後の決勝リーグ戦に進出しとったファジネクがおるがやね。ここで1位になるちゃ、なんかえらい厳しいとこにおるがやね。そんで9位には、2005年から5年間、JFLに在籍しとった、三菱水島FCがあるちゃね。JFL脱退するときゃ、不況の影響でよぉ、経費削減されてよぉ、運営費捻出できんとか、いろいろあったがで、大変やったのう。



あと、YSCC。このチームちゃ、Jリーグできる前によぉ、全日空横浜サッカークラブを退団したもんが作ったクラブながやね。元々、地元のサッカークラブやった、横浜サッカークラブをよぉ、全日空が買収して、全日空横浜サッカークラブになったがやけど、企業主義にクラブが変わっていったがで、選手6人がボイコットしたがよ。そのときちゃ、全日空のもんが、トップチーム以外のチームとか解散させとったりしとったがやと。

その6人ちゃ、無期限の出場停止になるがやけど、その中の吉野さんと唐井さんを中心に作ったのが、「横浜サッカー&カルチャークラブ」ながやちゃ。「横浜サッカークラブ」の原点に回帰してよぉ、「住民と深くつながるスポーツクラブを通じた地域文化の発展」を目的としてよぉ、地域密着型のクラブを目指したがやと。

今はよぉ、「横浜スポーツ&カルチャークラブ」に名称を変更してよぉ、サッカーだけやなくて、バスケットボール、テニス、ソフトヨガとか、いろんなスポーツとかカルチャーとか展開してよぉ、会員数ちゃ、800人ぐらいおるみたいがやぜぇ。

ずっとアマチュアでやっていくがかと思ったがやけど、今年なってよぉ、Jリーグ参加を目指して、準会員申請をしたがやちゃ。これちゃ、何があって、こういうことになったがか、全然わからんがやけどよぉ、もしJ3入りしたらよぉ、横浜3つ目のJリーグチーム誕生になるちゃね。Jリーグちゃ、すでに横浜には、横浜Fマリノス、横浜FCがあるがで、YSCCちゃ、今後どういう方針でやっていかーか、興味深いちゃね。

もっともよぉ、Jリーグ入りしたとしてもよぉ、YSCCならよぉ、ぶれることなくよぉ、真面目に下部組織とか運営していってよぉ、「地域密着型のスポーツクラブ」としてよぉ、やっていけるはずやちゃ。オラは影ながら応援していきたいじゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/655-a07c598c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。