スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31節(H)山形戦 / 何もできん試合やったじゃ

県総でモンテディオ山形戦やちゃ。

2013-8-25_1.jpg

前回の山雅戦で負けたカターレはよぉ、クロさん、國吉くん、大西先生がスタメン復帰ながよ。3バックはよぉ、平出さんが怪我したがで、真ん中は足助キャプテン、左に舘野くんが入ったがよ。守備陣がよぉ、ミクちゃん、平出さん、吉井くんと怪我人が続出しとってよぉ、シーズン当初で左CBで使っとった舩津は得点力見込んで前線で使わんなんがで、守備陣の陣容ちゃ、えらい大変なことになっとるちゃね。

モンテディオ山形ちゃ、前回対戦した時とは、フォーメーションもメンバーも結構変わっとるちゃね。前回やったときちゃ、4-3-3でよぉ、中盤に宮阪とか秋葉とかおったがやけど、どっちも不在ながよ。CBはよぉ、レギュラーの西河選手がおらんがで、イ・ジュヨン選手が出とるちゃね。あと右サイドバックが山田拓巳選手でよぉ、小林選手は控えながよ。浮き沈み激しいがか知らんがやけど、奥野監督も苦労しとるみたいやのう。



ここでよぉ、この試合のことをいつも通りに書くがやけどよぉ、まず結論から言うちゃね。

勝敗を分けたのは、ゲームの入り方が全てやちゃ。

2013-8-25_2.jpg


これまでのカターレちゃよぉ、そんなにゲームの入り方自体ちゃ、悪いわけやなかったがやちゃ。基本的によぉ、高い位置からプレスを受けることがあってもよぉ、最近のカターレは落ち着いてボールを回せたがやけど、この試合はそれが全然できなかったがやちゃ。

まずよぉ、モンテディオ山形というチームちゃ、最近のカターレが対戦したチームの中ではよぉ、えらいアグレッシブなチームながやね。他のチームちゃ、前線はプレス掛けるがやけど、カターレのパスコースを限定したり、ドリブルを阻止したりと、あんまし深くまで追わない守備ながやけど、このチームはよぉ、かなり性質が違うがやね。明らかによぉ、前線からボールを奪いに行く守備をしとんがやね。サイドにパス出すようもんならよぉ、人数掛けて奪いにきてよぉ、すぐさまショートカウンター仕掛けるがやね。

そんでもいつものカターレやったらよぉ、プレスかわしながらも、落ち着いてボールを回していかれるがやけど、この試合はプレーに余裕がないがやね。普段やったらよぉ、アンカーの大西先生がボール受けにきて、リズムを作りたいとこながやけど、中島と林の監視が厳しくて、なかなか出せんかったのう。カターレの2トップにマンツーマンで対応しといて、あとはサイドを高い位置取って、奪いに来る、強気な守備ながやけど、カターレの後ろの選手ちゃ、長短のパスでリズム作れるミクちゃんと吉井が不在で、ショートパスなら無難にやれる平出さんもおらん、急造の3人ながで、なかなかビルドアップが上手いこといかんかったじゃ。

2013-8-25_3.jpg


我慢してりゃ、カターレイレブンも落ち着いてくると思ったがやけどよぉ、12分にそういう願いが脆くも崩れてしまうがやちゃね。オーバーラップしてきた山形の左SB中村太亮からのクロスを、中島裕希が飛び出してヘディング決めるゴールやけど、これが痛いゴールやったのう。

動き出し見とったがやけど、山形の狙いとしちゃ、中村太亮と中島裕希以外ちゃ、全員が囮ながやね。起点になったのちゃ、右サイドにおった30番の山崎雅人が流れてきてよぉ、左サイドに人数掛けて攻めてくるがやね。山崎のチャレンジはカターレが止めるがやけど、その後の山形の攻撃陣ちゃ、トライアングル作って、中村→ロメロ・フランク→伊東がトライアングルでボール回していってよぉ、裏を狙う伊東とロメロ・フランクがカターレのマークを引きつけて、中村太亮をフリーにさせるがやちゃ。そこで完全にフリーになった中村太亮が、中島裕希にクロスを入れるがよ。中島のポジショニングがなかなか狡猾でよぉ、8番の林陵平選手を見とった舘野の背後から侵入して、フリーになるがやちゃ。

山形の遅攻ながで、人数ちゃ、カターレが断然多いがやけど、伊東、山崎、ロメロ・フランク、林陵平の4選手が囮になって、カターレの選手の意識を逸らしてよぉ、アシストの中村太亮とヘディングシュートを決めた中島裕希をフリーにさせる、実にアイデアがある攻撃やったと思うちゃね。カターレの責任を追求したら、やっぱし裏を狙うロメロ・フランクに注意を逸らされた朝日と、逆サイドで余ってたはずながに、中島を止められなかったヨンドクが、もったいないと感じるちゃね。



1点取った山形はよぉ、勢いのままに2点目を続けざまに狙いに来るがやね。両サイドバックが高い位置を取るのが、このチームの特徴ながやけど、カターレにしては落ち着いてボールを回せんかったがよ。正直よぉ、前半で3点ぐらい取られてもおかしくない展開やちゃね。守備陣とかビルドアップとかちゃ、そんなもんやと思うちゃ。

そんだけ前に出てくる山形やから、カターレもカウンターへ行けるチャンスちゃ、実は結構あったがやね。2トップの白崎くんとクロさんのマークちゃ、基本的にイ・ジュヨンと石井秀典に任せとんがやけど、上手くボールを収められたり、裏へ抜け出せれば、チャンスは作れたはずながよ。

しかしよぉ、この日のクロさんちゃ、全然競り合いで勝てんがやね。まずボールは収まらんが。そんで収められたかと思ったらよぉ、2列目の押し上げが遅いがで、展開できんがやね。クロさんと竸ったイ・ジュヨンの背後を白崎くんが狙っとったがやけど、全然上手くいかんかったのう。実は積極的にラインと駆け引きしとった白崎くんやけど、パスの出してと噛み合わんし、精度も無くて、ちょっと可哀想やったじゃ。



後半になんとか取り戻したいカターレやったがやけど、いきなし47分に右サイドのフリーキックからよぉ、中島裕希にまたヘッドでやられるがやちゃ。

2013-8-25_4.jpg

オラが焼きそば買うがに列に並んで待っとる途中ながで、何が起こったがか、全然分からんかったのう。あとで、オンデマンドで確認したがやけど、これは技ありのゴールやちゃね。飛び込んでコースを変えるヘッドながやけど、その選択肢はなかなか難しい選択肢やね。守田君のポジショニング次第で止められたかもしれんがやけど、ゾーンディフェンスの泣き所を突かれてしまったじゃ。

2013-8-25_5.jpg

2点目決められた直後によぉ、カターレは池ちゃんを下げて、コケちゃんを投入したがよ。そしたらよぉ、クロさんが粘ったボールを舩津が拾ってよぉ、すぐさまにゴール前に入れて、コケちゃんがダイビングヘッドで1点返したがよ。コケちゃん入れたことによって、裏への意識が強くなったがやね。

これから反撃!といきたいとこやったがやけどよぉ、59分に足助キャプテンのパスミスを身体張ってキープしようとしたヨンドクがよぉ、奪いに来た山崎雅人を倒して、2枚目のイエローカードで退場になったがよ。山形のクリアボールをよぉ、ダイレクトで左サイドに展開しようとした足助キャプテンの完全なパスミスやちゃね。普段は3バックの中央をやっとらんもんの不慣れさながか分からんねど、これは必死にキープしようとしたヨンドクちゃんが気の毒やちゃね。

一人少なくなったカターレは防戦一方やちゃ。67分によぉ、山形の左からのコーナーキックをよぉ、林陵平選手がドンピシャリのヘッドで3点目ながよ。カターレちゃ、全員がペナルティエリア内に入って、ゾーンで守っとったがやけど、山形ディフェンスの最後部から侵入してきた林に決められるがやね。舩津が反応して競っとったがやけど、中村太亮のキックは完璧やし、林陵平も最高打点のヘッドながで、これはどうしようもできんちゃね。

その後はカターレは見せ場なかったじゃ。75分ぐらいによぉ、ゲリラ豪雨が降ってきたもんやから、あんまし試合を見る気にもならんがになってしまったがやけど、人数が少ないカターレイレブンの足が止まってきてよぉ、選手も入れ替えて、激しく前からボール奪ってくる山形に為す術なかったじゃ。

結局、1-3で負けたじゃ。立ち上がりからのモンテディオ山形の前からの激しいチェックによぉ、全然サッカーができんかった…ということやちゃ。カターレの組み立てを完全に潰した山形がよぉ、多くのチャンスを作って、完璧な崩しで勝利を飾ったということながよ。


アレだけの激しいチェックが来てよぉ、怯んでいるようやと、全然ダメやちゃ。やけど、今のディフェンスラインやと、ビルドアップとか全然できんと感じるしよぉ、戦術の練り直しや中盤の選手の最終ラインでの起用も検討していかんならんがかもしれんちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/659-8938e4ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。