スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第34節(A)京都戦 / 更新しとらん間に4バックになっとるにか

鹿児島の鴨池運動公園陸上競技場でよぉ、京都サンガFC戦ながよ。

2013-9-22_1.jpg

いろいろバタついとったこともあってよぉ、愛媛戦、天皇杯の山形戦、北九州戦と試合をちゃんと見られんかったがで、久々の観戦になったがよ。更新できんかったがでかんにんやちゃ。

カターレちゃ、天皇杯やったか分からんねど、最近4バックを採用しとんがやちゃ。足助キャプテンと池ちゃんのコンビでよぉ、サイドバックに舘野くんとヘジュンが入る形やね。中盤は大西先生とヨングンが組んでよぉ、2列目がショータ、白崎くん、ケースケで、1トップにコケちゃんやちゃ。契約上、守田くんは出場できんがで、今回のGKは飯ちゃんやちゃ。これまでと比べたらよぉ、えらいオーソドックスな感じになってきたがやね。

サンガは前回対戦したときとは守備陣は変わっとらんがやけど、中盤から前の選手ちゃ、いろいろ変わってきとんがやね。2トップに横谷と山瀬のコンビちゃ、事実上のゼロトップとでも言えそうなメンバーながやね。やけどよぉ、控えのFW陣を見とったら、三平、宮吉、サヌ、中村と多様なメンツを揃えとるちゃね。おっかないじゃ。



試合に触れる前によぉ、まずカターレが4バックに移行したことを考えとかんならんちゃね。

2013-9-1_2.jpg

これちゃ、愛媛戦のカターレのフォーメーションやちゃ。ヨンドク、朝日、舩津がおらんしよぉ、最終ラインちゃ、ミクちゃんに平出さんがおらんがで、真ん中は特別指定選手の内田錬平選手がやっとんがやね。怪我人だらけで、こりゃやりくりが大変やちゃね。

2013-9-22_3.jpg


単純な話、4バックにしたのちゃ、守備陣の怪我人の増加が原因ながやね。3バックのサイドをやる選手はおっても、真ん中をできる選手がおらんがになったがよ。山形戦ではよぉ、足助キャプテンが真ん中をやっとったがやけど、彼ちゃ、対人守備が持ち味の選手でよぉ、真ん中の選手に求められるカバーリングとか、攻撃の起点になるパス出しちゃ、あんまし得意やないがやね。

サイドバックとセンターバックちゃ、役割とか求められるプレーちゃ、全然違うようによぉ、3バックのサイドのCBと真ん中の選手ちゃ、求められるものちゃ、全然違うがやね。3バックちゃ、ピッチを横で分割してよぉ、右サイドのCBが、右のゾーンを守るようになっとるちゃね。サイドの奥のスペースちゃ、3バックの弱点ながで、そこをよぉ狙われるがで、必然的によぉ、サイドの奥から破られんようによぉ、1対1の能力をより求められるがよ。やけど、背後に2人選手おって、逆サイドは逆サイドのウイングバックのもんがカバーするがで、守備範囲ちゃ、限定的でよぉ、後ろの人数気にせんと、積極的なチャレンジは可能ながよ。

実際よぉ、山形戦で退場したヨンドクのプレーちゃ、足助キャプテンのアバウトなパスが起因ながやけど、後方でボールを落ち着かせたり、リズムを作ったりするがができんがになってきたがやね。愛媛戦のレンペー選手は急遽、3バックの真ん中に入ったがやけど、ハイボールへの強さは目立ったがやけど、まだまだ起点になるプレーとか期待できる感じでも無かったと思うちゃ。

2013-9-22_2.jpg


カターレの3バックちゃ、組み立てに入るボランチの大西(または泰次郎)を3バックの両サイドのどっちかがサポートしてよぉ、ボールを落ち着かせられて、高い位置でゲームを作ることができるようになってきとって、サイドに振って攻撃を作っとったがやね。そこで視野を広く持って、状況判断を素早くしてよぉ、ラインコントロールしたり、サイドに振る仕事ちゃ、真ん中のCBに求められるがやけど、それが機能できんがになったがよ。

その結果としてよぉ、山形戦みたいがになった…と考えられるちゃね。相手の前線から「奪いに来る」守備に対してよぉ、上手いことボールを回すことができんと、逆にショートカウンターを狙われ続けとったがやね。


ということで京都戦のこと語るちゃ。

2013-9-22_4.jpg

4バックにしたがで、守備のやり方ちゃ、明らかに変わってきたがやね。ラインを高くしてよぉ、高い位置からボールを奪いに行くよりも、どっちかとゆったら、後ろの2ラインで挟み込む感じでボールを奪う感じやちゃね。ボールを奪うポイントが以前から比べりゃ、低いとこで狙ってきとんがやけど、クリーンに奪ったらよぉ、すかさずカウンターを狙う形やちゃね。相手を誘い込んで、コケちゃんや白崎くんにボールを回すがよ。自分達がボール持ってアクションするがより、相手に攻めこませて、裏のスペースを突く狙いの方が強いちゃね。今季はショートパス多めやったがやけど、この試合ちゃ、ボール持ったら、縦へ縦への狙いを持ってプレーしとるちゃね。

前半ちゃ、カターレはまだ負けとらんサンガ相手やったか、えらい自信持ってプレーしとったのう。やっぱしサンガの方がボール持っとる時間が長くてよぉ、守備から入る感じになってきとんがやけど、オーソドックスな4-2-3-1を使っとらーか、サイドの主導権争いが見とってだいぶ安定しとる感じでよぉ、舘野くんやヘジュンが積極的にオーバーラップして攻撃的に振る舞っとるのがよぉ分かったじゃ。サンガのサイドバックがよぉ、序盤は抑えとったがか分からんがやけど、サイドの主導権争いちゃ、カターレの方が勝っとったのう。左SBで起用された舘野くんちゃ、積極的にオーバーラップしてよぉ、クロス上げたり、シュート打ったりして、いい動きしとったのう。8人で2ライン作るシステムやと、攻撃陣が白崎くんとコケちゃんが孤立するがで、上がれるもんが上がって、前へ飛び出していかんならんちゃね。

こういう2ラインをゾーンで守っとるやり方に対してよぉ、サンガちゃ、キックオフ直後は縦へのロングボールで裏を狙っとったがやけど、徐々に身体慣らしてよぉ、ダイレクトプレーを絡めて、裏を狙うようにしてきたがやね。京都のスタイルちゃ、どっちかのサイドに人数掛けてよぉ、狭いエリアでパスを繋いでいくスタイルながやけど、前半の段階やと、サイドバックの上がりが控えめにして、無理はせんとバランスを取りながらやっとった感じやちゃね。

前半ちゃ、カターレのチャンスちゃ、25分ぐらいの右からのクロスにショータが枠を外したシュートぐらいで、サンガのチャンスちゃ、30分のスローインからダイレクトプレーで繋いで、山瀬のお兄ちゃんがシュート打ったシーンぐらいやったのう。どっちもセットプレーはあったがやけど、精度が足らんがで、チャンスにならんかったじゃ。火山灰が降ってよぉ、えらい大変な試合ながやけど、0-0で折り返しながよ。


後半に入ったらよぉ、カターレは前半と同じようにやっとったがやけど、サンガはサイドバックが積極的に仕掛けてくるようになってきたのう。狭いエリアでボールを繋いでよぉ、カターレディフェンスを引きつけてから、大外から安藤や福村が狙ってくる攻めが出てきたがやね。前半はよぉ、カターレのサイドのショータやケースケが裏狙っとったとこをケアしとったがやけど、リスクを冒して攻めてきたがよ。

2013-9-22_5.jpg

55分にコーナーキックを取られたシーンながやけど、山瀬が上がりを待ってよぉ、右サイドの奥のスペースを安藤が狙ってくるところをよぉ、30番のショータがクリアして、コーナーになったがやね。後ろ向きながらのプレーながで、コーナーになるのは致し方がないがやけど、前半に見られなかったシーンやちゃね。

2013-9-22_6.jpg

そんでよぉ、56分に京都サンガのコーナーキックながよ。山瀬が蹴ったボールをよぉ、安藤がニアに走って、バックヘッドしたボールがファーサイドへ行ってよぉ、そのボールを酒井隆介が押し込んで、サンガが先制点ながよ。カターレのコーナーキックの守備ちゃ、フィールドプレイヤー全員がペナルティエリアに入ってよぉ、ゾーンで守るやり方を取っとるがやけど、簡単にいっちゃ、人数掛けて、来たボールをクリアするやり方ながやね。一度リフレクトしたボールをよぉ、全員が見てしまう状況になってしまってよぉ、中央に飛び出した、酒井隆介を捉えられんかったがやちゃ。こういうゴールちゃ、今季はよぉ見られるのう。困ったもんやちゃ。

onishi_1.jpg


その4分後によぉ、このプレーで大西先生がハンド取られてよぉ、サンガにPK与えられてしまうがやちゃ。肩口でボールを収めようとしたプレーやったがやけどよぉ、これが不運なことにハンド取られるがやね。サンガの選手はアピールしとらんがで、ピッチ上におる選手達ちゃ、誰もハンドやと思っとらんがやけど、池内主審はそういう判定にしてしまったがやちゃね。その直後のPKをよぉ、横谷繁選手が決めて、サンガが2点目やちゃ。

こうなったらカターレは苦しくなるちゃね。60分によぉ、ヘジュンを下げて優大を投入してよぉ、69分には池ちゃんを下げて、國吉くんを投入して、3バックにシフトしたがやちゃ。

しかしよぉ、サンガが余裕を持って試合を運んでよぉ、カターレのプレッシャーを上手いことかわしながら、ジワジワと3点目を狙ってくるがやちゃ。前から前から勢い持って攻めてくるがで、全然形ができんで、逆にピンチを招くがやね。後ろでゲームを落ち着かせられるもんがおらんカターレの人材難がよぉ、この時間で響いてきとるちゃね。

2013-9-22_7.jpg

全然チャンスを作れんかったカターレながやけどよぉ、78分に左サイドからコケちゃんがよぉ、バヤリッツァからボールを奪ってよぉ、サイドに走りこんでよぉ、優大が溜めを作ってよぉ、ケースケが白崎くんのリターンを貰って、ダイレクトシュートでゴールながやちゃ。これで2-1ながよ。いいコンビネーションやったじゃ。

カターレはよぉ、シュートの時に足を攣ってしまったケースケを下げてよぉ、黒部組長が投入されたがやちゃね。勢いが出てきたがで、どんどん前へ前へいくサッカーで、同点ゴールを狙うがやちゃね。対する京都ちゃ、ボールのキープ率を上げつつよぉ、細かくパスを繋いで、シュートで終わらせることを心がけとったのう。次のゴールが試合の別れ目になってくるちゃね。

その1点が入ったのがサンガやったがやね。カターレのクリアボールを拾ったサンガがよぉ、途中交代の三平から左サイドに開いとった宮吉くんに出してよぉ、宮吉の裏へのパスに三平が反応して、最後は飯ちゃんの股を通してサンガが3点目ながやね。三平の裏への飛び出す動きちゃ、カターレ守備陣の視界から消えるようによぉ、上手いこと抜けだされてしまったじゃ。飯ちゃんもいい飛び出しやったがやけど、股を通されてしまったじゃ。これはさすがにサンガにしてやられたのう。

2013-9-22_8.jpg

諦めないカターレちゃ、時間が無いがで、とことん前線に出していくがやね。93分によぉ、相手ディフェンスのクリアを拾ってよぉ、大西からロングボール。これをよぉ、クロさんが竸ったところを國吉くんが拾ってよぉ、またクロさんに。これをクロさんがスルーパスを出してよぉ、これに反応したコケちゃんが裏に抜けだして、カターレが2点目ながよ。京都守備陣が緩かったがやけど、上手いように裏に飛び出したじゃ。

しかしよぉ、これで試合は終了ながよ。3-2で京都サンガが勝利やちゃね。カターレはまた勝てんかったじゃ。

4バックにしたがで、コンパクトな守備は急造の割りにはうまいこと行とってよぉ、前半はまずまずやったがやけど、後半になったらよぉ、ギアを入れ替えてきた京都にやられてしまったのう。先制点のコーナーキックちゃ、安藤がバックヘッドで流しとったがやけど、カターレのセットプレーの弱点をよぉ、ちゃんとスカウティングしてきとるのが感じられじゃ。その失点はともかくとしてもよぉ、不運な判定でよぉ、2点目を奪われたがが、もっと厳しかったのう。この後によぉ、交代の選手がゴールに絡んどるがやけど、2点目を奪われる前によぉ、交代策を取れたがなら、結果は違っとったかもしれんちゃね。

最後によぉ、またシステムのことに触れるがやけどよぉ、4バックにしたらよぉ、前半のプレーみたいがに、サイドで主導権を握ったり、縦への攻めが速くなったりといろいろ利点はあるがやけど、システムを変えても、同じ選手がやっとるのは変わらんがで、後方からの繋ぎの部分で、粗さが目立った試合やったのう。ミクちゃんや平出さんが戻ってくるがならいいがやけど、戻ってこれん間は、今のシステムの精度を上げていくしかないかもしれんちゃね。

今はいろいろ大変ながやけど、辛抱せんならんちゃ。。。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/665-b00cf096
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。