スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキサイティングシートちゃ、プロレスのリングサイド席みたいなもんなが?

カターレ富山はよぉ、7月20日のV・ファーレン長崎戦から、エキサイティングシートの販売を始めとるちゃ。

「エキサイティングシート」新設および発売開始のお知らせ
http://www.kataller.co.jp/news/2013/0628.html



バックスタンド側によぉ、青色の特別シートが増設されとるがやね。普段やったらよぉ、陸上トラックがあるがで、遠いとこで試合を観戦せんならんがやけど、この位置やったら、ピッチのそばでよぉ、選手目線でサッカーを見られるがやね。臨場感とか迫力とかよぉ、全然違ってくるしよぉ、ピッチサイドからサポーターの声を聞けたりよぉ、普段見ている試合とは全く違う感じになるちゃね。

まるでプロレスのリングサイド席みたいな感じやちゃね。鉄柵にレスラーが投げ飛ばされたり、空中技で向かってくるときの迫力とかよぉ、TVで見とるのとよぉ、まっで違うがで、ドキドキするちゃね。ただですらよぉ、マットに叩きつけられた音がよぉ、会場に鳴り響いてよぉ、振動が伝わってくるからのう。プロレス観戦ちゃ、何度もしとるがやけど、やっぱし五感で感じられるのは、爽快感とかまっで違ってくるちゃね。

サッカーでもよぉ、ピッチサイドのスポンサー看板にボールがぶつかったりしたらよぉ、「ドン!」とか、いい音するがやけどよぉ、これが間近で聞けたら、しゃーびっくりするちゃね。球際のせめぎ合いでよぉ、選手が吹っ飛ばされたりしたらよぉ、もしかしたら飛んでくるかもしれんちゃね。まさにプロレスやちゃ。

ということでよぉ、おもしい動画発見したがよ。



これはアメリカプロサッカーリーグのMLSのオールスターゲームでよぉ、主審の頭にカメラ付けてみとらーよ。

頭にカメラつけとらーで、カメラが揺れっぱなしでよぉ、動画見とったら酔ってきそうになるがやけどよぉ、ピッチ内ではよぉ、こんだけ迫力があるプレーをしとるのが動画でも感じられるちゃね。オールスターゲームやからできるがやと思うがやけど、こういう発想ちゃ、いかにもアメリカ人らしいちゃね。Jリーグの選手会のチャリティマッチでもやってみりゃいいがにのう。

エキサイティングシートもよぉ、さすがにピッチ内に入るわけにはいかんがやけどよぉ、ほぼピッチサイドから見れる感じながやね。上から見下ろすスタンドとは違うがで、試合も全部は把握しきれんがやけど、その代償を払ってもよぉ、得られるもんちゃ大きいちゃね。


おそらくよぉ、試験的な導入やと思うがやけど、やっぱし通常の客席とピッチやと制約が異なるがで、途中で退席できんかったり、飲食物の持ち込みが許されんかったり、大型の荷物を持っていかれんかったり、1時間前までに集合せんなんとかあったりよぉ、どうしても守っていかんならんとこがあって、簡単にはいかんもんやと感じさせられるちゃね。しかもよぉ、山形戦の終盤みたいがに、ゲリラ豪雨降ったらよぉ、避難するとこがないもんやから、びっちゃびちゃになるにか。アノラックは着てもいいがやけど、そのアノラックでもよぉ、あの雨は辛いちゃね。

いろいろな制約とかあるがやけどよぉ、そんでも今の陸上トラックがある競技場ではよぉ、サッカーの魅力を伝えきれんのが、運営しとる側も認識しとると思うしよぉ、観戦者の目線から考えとる姿勢は見られて、オラはいいアイデアやと思うちゃね。いろいろ課題はあるがやけどよぉ、日々調整しながらよぉ、いいものを確立していってほしいちゃね。

せっかくこういうのを設けたがやから、スタッフの誰やらの頭にカメラ付けてよぉ、「こんな感じで試合が見れるちゃ」と、もっと宣伝してみたらいいがやないかのう?地道な作業やけど、こういう機会を味わっていただくもんがよぉ、もっと増えればよぉ、観客増にも繋がっていくがやないかと思うちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/667-92baf1c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。