スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39節(A) 東京V戦 / 残留決定したじゃー

アウェーの味の素スタジアムで東京ヴェルディ戦ながよ。

2013-11-3_1.jpg

カターレはよぉ、3-1-4-1-1にしたがよ。ここ最近ちゃ、4-4-1-1にしてよぉ、カウンターサッカーやっとったがやけど、ここにきてフォーメーションを戻してくるとは、オラはびっくりしたのう。真ん中がよぉ、ヨンドク、ヨングン、大西先生の3人が久々に揃ったがよ。両サイドがケースケは右でいいがやけど、左が舩津でよぉ、左CBにショータが入っとるちゃね。対面の森勇介選手への対策ながやろうけど、意外な組み合わせになっとるちゃね。

ヴェルディはよぉ、シーズン通して採用しとる、3-3-2-2ながやね。カターレとは似たようなフォーメーションやちゃね。前回やったときちゃ、お互いに固い試合になったがよ。前回やったときちゃ、飯尾とか金鍾泌とかおったがやけど、今回はおらんがやね。メンバー見とる感じやと、やっぱし個の能力はおっかなそうなチームやちゃね。



開始早々のカターレちゃ、左サイドに起用した舩津をよぉ、たくさん使おうとしたのう。これちゃ、ヴェルディの攻撃の軸の森勇介への対策ながやけど、舩津がグイグイサイドをえぐっとるがやね。

2013-11-3_4.jpg

2013-11-3_5.jpg


5分によぉ、カターレがコーナーキックを得たシーンながよ。自陣のスローインからの球際のせめぎ合いからボールを奪ったカターレがよぉ、サイドチェンジして一気に攻め上がるがよ。この図を書いてみて思ったことやけど、左ウイングバックで起用されとる舩津ちゃ、ウイングの役割をしてよぉ、ショータがサイドバックになっとるがよ。

でよぉ、ショータがドリブルでサイド駆け上がったらよぉ、ヴェルディが5バックで3ボランチみたいなブロックを作っとるがやけど、ショータには誰もプレスへ行けん状態になっとるがやね。現代の3バックのサッカーちゃ、最終ラインの選手の攻撃参加も求められるがやけど、約2ヶ月間でカターレが4-4-1-1を採用した時によぉ、サイドバックでプレーしとったショータくんが、システムを戻しても、できるがになっとるがやね。これによってよぉ、左サイドで起用された舩津がよぉ、どんどんサイドへ仕掛けられるがになっとんがよ。

2013-11-3_6.jpg

更に7分の攻撃やけど、ミクちゃんが裏に出したボールに白崎くんがボールを受けてよぉ、コケちゃんが裏を狙うという攻撃ながやけど、こんときの舩津の動きもおもしいちゃね。ディフェンスラインがスライドしてよぉ、舩津が逆サイドの高原をケアしとったがやけど、ボールが前線へ行った瞬間によぉ、一気にゴール前へ駆け上がっとらーよ。こうやってよぉ、森勇介が守備に負われる形を作ってきたがやね。

2013-11-3_2.jpg

立ち上がりによぉ、狙い通りにゲームに入れとったカターレがよぉ、14分にゴールが産まれるがよ。ヴェルディがゴールキーパーまでボールを戻してよぉ、左SBの石神直哉選手から組み立てるつもりやったがやけど、そこで石神がよぉ、パスミスをして、それを拾ったコケちゃんがそのままシュート打ったがやね。相手GKの佐藤優也選手が触るがやけど、コケちゃんのシュートの威力が強くて、ゴールに吸い込まれたがよ。これでコケちゃんは二桁得点ながよ。

白崎くんが裏を狙う動きを見せとったがやけど、コケちゃんがストライカーらしく自分で決めたのう。この前によぉ、ペナルティエリアラインギリギリまでボール受け取った佐藤が、慌ててポジションに戻ろうとしとったがで、これは素晴らしい判断やちゃね。コース自体ちゃ、厳しいとも思えんがやけど、体制整っとらんGK相手やと、ゴールの可能性が高くなるからのう。こういう場面では最後まで崩しきる判断とかいらんちゃね。

2013-11-3_7.jpg

コケちゃんのゴールは素晴らしかったがやけど、そこまで至るまでのカターレのプレスもいかったのう。バックパスの始まりちゃ、左サイドで西選手からやけど、背後の中後選手にはヨングンがプレスへ行って、サイドチェンジするがに井林章選手にパスしたら、そこにはヨンドクがプレス行ってよぉ、刀根にはコケちゃん、GKに戻して、またコケちゃんといった感じで石神選手に渡るがやけど、ヴェルディとしちゃ、フラストレーションが溜まってくるちゃね。ヴェルディちゃ、1ボランチに入っとる鈴木惇がパス精度がいいがで、彼を起点にゴールが決まる事が多いがやけど、その鈴木惇には白崎くんがぴったりついとるがで、ヴェルディは彼抜きで攻撃つくらんなん形になっとるがやね。そうやってミスを誘いだしたという感じやちゃ。

2013-11-3_8.jpg

しかしよぉ、カターレは16分のコーナーキックで高原にやられるがやね。中後のコーナーキックから、高原がファーサイドからニアに動き出して狙ってきとるがよ。カターレの守備ちゃ、ゾーンで守っとるがやけど、ゾーンディフェンスちゃ、基本的にボールを来たら弾き出すのが目的やから、みんなボールウォッチャーになるがやね。高原の動き出しを捉えられんかったのう。

このコーナーキックちゃ、森勇介が取ったがやけど、その時によぉ、カターレがミクちゃんが傷んでピッチ外に出とってよぉ、ポジションを入れ替えとる間に取られたがよ。ミクちゃんの代わりに舩津がケアしとったがで、森勇介への警戒が足らんかったかもしれんちゃね。


同点に追いつかれたがやけど、カターレは落ち着いてゲームを進めとったのう。ヴェルディ攻撃陣の対策としてよぉ、森勇介の攻撃参加、高原のポストプレー、鈴木惇のパスを警戒せんなんがやけど、そこをきっちりできとらーよ。ヴェルディの攻撃がよぉ、機能不全になってしまったのう。両サイドの舩津とケースケがよぉ、何度もチャレンジしとったがで、ヴェルディの両サイドが下がってよぉ、5バックになっとったがで、押し上げるのが難しくなっとったのう。

そっからのカターレちゃ、おもしいくらいボール繋がっていくがよ。解説の幸谷さんがよぉ、「ボールを持たせてもらっとる」とかゆっとったがやけど、ポジション入れ替えながらよぉ、どんどんゴール前へ飛び込む動きがよぉ、ヴェルディの守備陣は対応しきれんように見えたのう。両サイド、バイタルエリアと顔出しながらよぉ、裏を狙ったりする白崎くんの動きには、手こずっとってよぉ、ヴェルディの守備陣も誰がつくがか、はっきりしとらんかったのう。

2013-11-3_3.jpg

そしたらよぉ、36分にヴェルディのクリアボールを拾ったカターレがよぉ、最終ラインのショータ君のパスを受けたヨンドクがよぉ、白崎くんの折り返しを貰ってよぉ、ドリブルで駆け上がってよぉ、最後は白崎くんがリターンを貰って、シュート決めて、カターレが勝ち越しながよ。

これは凄いゴールやちゃね。今季のカターレの得点パターンちゃ、カウンターが多いがやけど、こういう拾ったボールから、ギアを上げてよぉ、一気にゴールまで持って行ったのが素晴らしいちゃね。ズルズル下がったヴェルディのラインを見てよぉ、ヨンドクが一気にドリブルで駆け上がっとるがやけど、誰もヴェルディのもんがプレスへ行けとらんがやね。気づいたらよぉ、バイタルで引きつけてよぉ、白崎くんの動きを捉えられんがになっとるちゃね。そこで白崎くんが駆け上がったスピードを殺さずによぉ、一気にゴールまで突っ込んどるがよ。

1点目は裏に走りだしとったがに、コケちゃんパス出してくれんで、強引に決めてったがやけど、2点目はコケちゃんもシュート打てる局面やったがやけど、白崎くんがエゴ出して決めたのう。このコンビちゃ、連携が素晴らしいがやけど、お互いにエゴを出し合ってるとこも、いい関係性を築いとると感じるちゃね。

これで前半を2-1でリードやちゃ。なんかよぉ、今季の前半戦を彷彿させる、ワクワクする試合展開になっとったのう。

後半もよぉ、カターレの狙いは変わらんがよ。後半開始早々によぉ、中後のサイドチェンジをインターセプトしてよぉ、ヨンドクがドリブルで駆け上がって、白崎くんが最前線で溜めて、タイミング見計らってヒールパス。最後は舩津が大外から駆け上がってシュート放っとるちゃね。白崎くんが前へ向けんかったがで、咄嗟の判断でこうしたがやと思うがやけど、ボール来ると信じて走ってくる舩津も見事やちゃね。岐阜戦の決勝ゴールもそんな感じやったしのう。

順調やったカターレやけど、48分によぉ、ケースケと石神選手が競り合った際によぉ、頭と頭がぶつかり合ってよぉ、両者とも倒れたがよ。カターレはよぉ、ケースケ下げて國吉くんを投入したがやけど、ヴェルディは石神選手をそのまま続行させたがやね。

後半はよぉ、ヤスさんの雷が落ちたがか知らんがやけど、ヴェルディのもんが、前線へボールを供給するようになってきたがよ。前半はほとんど使われんかった常盤選手を使ってよぉ、裏へ走りこむ動きをするようにしてきたがやね。しばらくはヴェルディのペースが続いてよぉ、カターレは我慢の時間になるちゃね。ヴェルディのセットプレーが多いがでドキドキしたのう。

しかしよぉ、カターレの前線の選手がよぉ、キープできるがで、波状攻撃受けるような感じにはならんかったのう。前節、水戸ちゃんと対戦したときちゃ、ずーっと攻められとって、えらいしんどかったがやけど、あれで我慢強くなっとるがかもしれんちゃね。そんでよぉ、62分にコケちゃんが強烈なミドル打っとるがやけど、流れが悪くなった時間帯でもよぉ、効果的に脅威を与えとったのう。

こういう時にカターレに求められることちゃ、チームを落ち着かせることやけど、カターレがボールを持ったらよぉ、時間を掛けて攻撃を仕掛けるようになったがやね。サイドを揺さぶりながらボールを回してよぉ、ヴェルディのウイングバックの裏を狙い続けて、チームの重心を修正していっとんがよ。でよぉ、相手にボールが行ったらよぉ、前線からのプレスでヴェルディの攻撃を封じとったがよ。流れを上手く引き戻せたのう。

この後、ヴェルディはよぉ、中島翔哉選手、巻誠一郎選手を投入してくるがやけど、これといって仕事させんかったのう。カターレも疲れが見えてきたコケちゃんを下げて、優大を投入してよぉ、最後のカードには守備固めとして池ちゃんを投入したがよ。ロスタイムが6分あったがやけど、ヴェルディに決定的なチャンスを作らせんかったのう。逆によぉ、攻めても守っても、時間を上手いこと使っていったのう。ロスタイム長かったがやけど、安心して見られる展開やったじゃ。

これで2-1でカターレが勝利ながよ。前節はよぉ、耐えて耐えての試合やったがやけど、ヴェルディ戦はよぉ、自分達でゲームをコントロールして勝ったいい試合やったじゃ。選手も楽しそうに試合しとったのう。いろいろ紆余曲折はあるがやけど、序盤戦に調子良かったサッカーをよぉ、もっと発展したもんを見せてくれてよぉ、本当に嬉しかったじゃ。

この勝利でよぉ、カターレの21位以上が決定ながよ。JFLはよぉ、J2ライセンスを持っとらん、長野パルセイロが2位以上が確定したがで、J2残留が決定したがよ。残り3試合は、降格とか考えんと伸び伸びとプレーできるちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/676-dff28b69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。