スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第40節(H)横浜FC戦 / あんなピッチで大変やちゃね

ホームで横浜FC戦やちゃ。今回はいつもより内容薄いがで、勘弁願うちゃ。

2013-11-10_5.jpg


カターレは前節と一緒のメンバーやちゃ。相手が4バックのチームやけど、機能しとったチームちゃ、やっぱしコロコロ変えるべきやないちゃね。コケちゃん、白崎くんの3試合連続ゴールに期待やちゃ。

横浜FCはよぉ、カズ選手がおらんがよ。前節ゴール決めとらーで、期待しとったがやけど、来んかったじゃ。大体はよぉ、横浜FCではお馴染みのメンバーがスターティングメンバーに入っとるがやけど、GKのシュナイダー潤之介がベンチでよぉ、この日のスタメンになっとるのが、渋谷飛翔選手やちゃね。飛翔で「つばさ」と言うがやと。関東第一高校から今季横浜FCに入団した大型ルーキーやちゃ。



この試合の前の記事にも書いたようによぉ、県総のピッチが酷いことになっとらーよ。ありゃ、田んぼやちゃ。J2とはいえどよぉ、田んぼでサッカーやらせとる状態ながよ。カターレイレブンはもちろんやけど、横浜FCイレブンにとっても、この試合観に来とらっしゃるお客さんやサポーターにも失礼な話やちゃね。県総の管理者ちゃ、サッカーへのリスペクトが欠けとるちゃ。

そんでもよぉ、カターレイレブンちゃ、前半からラインを上げてよぉ、中盤をコンパクトにしてよぉ、上手いことパス回しとったがよ。そんでもよぉ、東京ヴェルディ戦みたいがによぉ、やっぱしピッチコンディションに苦戦しとってよぉ、前半早々にカウンターへ行けそうな場面でよぉ、白崎くんがスリップして転んだりしてよぉ、どうもいつもよりはスムーズにやれるわけやなかったのう。

カターレがいい試合をするときちゃ、基本的によぉ、ボールも選手もよく動くような試合ながやけどよぉ、この日はどうやったってよぉ、ボールが転がらんがで、人ばっかし動かんなん試合でよぉ、サイドの選手がよぉ、どんどん裏へチャレンジしていくような感じやちゃね。やけどよぉ、このピッチコンディションやとよぉ、走力を売りとしとる、コケちゃん、ふなちゅ、ケースケはよぉ、自慢の瞬発力を活かせられんがやね。

このピッチコンディションはよぉ、アウェーの横浜FCの選手も苦戦しとってよぉ、やっぱしパスミスが目立っとってよぉ、なんでもないようなボールもラインに出たり、カターレの選手にパスしとったりしてよぉ、カターレ以上にサッカーなっとらんだのう。そんなコンディションながで、横浜FCのイレブンちゃ、前半は守りから入ってよぉ、ボールを奪ったら、小野瀬選手とジャンボ大久保選手に放り込む展開やったのう。

県総のピッチっちゃ、結構前から酷いことになっとってよぉ、昨シーズンとかちゃ、池ちゃんがミスしたところを拾われてよぉ、相手にゴールを許したシーンとかあったがやけど、こういうピッチコンディションやと、自分達が持ち味を発揮するというよりもよぉ、どっちらかにミスがあったもんが負けるような試合になるちゃね。

そんでもよぉ、カターレの選手ちゃ、思ったよりはパス繋いどった感じはするちゃね。昨シーズンに比べたらよぉ、やっぱし選手達も成長しとるし、悪いピッチの中でも持ち味とか発揮していく術を熟知してきとるがかもしれんちゃね。特によぉ、大西先生とショータくんはだいぶ慣れとる感じはしたのう。逆に白崎くんは困惑しとる感じはあったがやけどのう。繋げられるところは繋いで、そうやないところは割りきってサイドへ掻き出すのがはっきりしとったがで、ピンチらしいピンチちゃ、15分ぐらいの波状攻撃くらいで済んだのう。



後半に入ってもよぉ、サッカー自体の展開ちゃ、あんまし変わらんちゃね。カターレも横浜FCもやっとる展開自体が変わらんしよぉ、カターレもそのうち焦らんでもチャンスがやってきそうな感じでもあったがやちゃ。

そこでよぉ、安間さんがよぉ、平出さんを下げて、サンコンを投入したがよ。これはこの試合でいろいろカターレサポさんも疑問に思うことやとオラは思うちゃね。

2013-11-10_4.jpg


おそらくよぉ、安間さんが気にした部分ちゃ、左サイドでボールを回せるがに、舩津がクロスとかボールコントロールでミスが目立っとったからやと思うちゃね。そこでよぉ、ヨンドクを左サイドに入れることでよぉ、活性化していってよぉ、2枚にしたターゲットにパス出していこうという考えやったかもしれんちゃね。舩津の背後におる選手ちゃ、センターバックで使われて2試合目でよぉ、経験の浅いショータやから、ミスでかいとしとるもんを前列に入れる判断がしづらかったからかもしれんちゃね。で、平出さんと舩津やと、セットプレーで得点力が期待できる舩津を優先したがかもしれんちゃね。

オラの推測はそんな感じかのう?やけど、これはオラも疑問に残る采配やったと思うちゃね。

それからよぉ、64分にカターレがカウンターのチャンスで、右サイドへ流れた白崎くんがよぉ、絶妙なクロスを打ってよぉ、裏にコケちゃんが抜けだしてよぉ、ペナルティエリア内で、相手DF武岡優斗選手が後ろから倒して、カターレがPKゲットしたがよ。決定機阻止PKながで、武岡選手は一発退場やちゃね。カターレが絶好のチャンスやちゃ。

しかしよぉ、PKキッカーの白崎くんは外してしまったがよ。これは勿体無かったのう。やけどよぉ、PK失敗するもんちゃ、PK蹴ったもんしかできんことやし、こればっかしは責められんちゃね。そんでもカターレのもんちゃ、PKでかいと外してよぉ、PK決まった方が珍しいくらいながで、それも困ったとこやちゃね。


一人少なくなった横浜FCはよぉ、前線に途中出場のパトリック選手を残してよぉ、全員守備の布陣にするがよ。これちゃ、同点かリードしとる側のチームがよぉ、最低限引き分けで、良くてゴール奪えればいいと考えとるがで、こういう布陣になっとるがやね。

そしたらよぉ、70分に左サイドのスローインを高地系治選手がよぉ、トラップ一つでショータをかわしてよぉ、ドリブルでカットインしてシュート放たれて、カターレが失点したがよ。一人の選手にするするっと抜けられてよぉ、あれよあれよとしとるうちに、やられてしまった感じやちゃね。シュートコースも厳しくなくて、強いシュートでもなかったがやけど、守田くんがほとんど反応できとらんだのう。割りきってシュートまで持って行った高地選手が見事やけど、1人少なくなってから、返って横浜FCがやることはっきりした感じがするちゃね。

その後の横浜FCちゃ、ペナルティエリア内をよぉ、4人ぐらいで固めてよぉ、ボールホルダーには必ず1人ついてよぉ、ヨンドクには2人ついて自由にさせん、カッチカチの守備をしてきたがよ。本当はよぉ、相手のラインが下がっとったがで、サイドライン際の奥とか狙い所やったけど、ヨンドクも國吉くんも、なかなかそこまで走れる選手やないがやね。サンコンが途中出場したがに消極的なプレーに終始しとったとこを見るとよぉ、安間さんの采配が悪いところに行ったと見られても仕方がないちゃね。

そんで横浜FCはボールを持ったらよぉ、パトリック選手にボールを渡してよぉ、個人技でゴール前まで突っ込ませるようにしとったがよ。ブラジルでもユース年代で結構活躍しとった選手でよぉ、ブラジルやと県総みたいなピッチのとことかあるやろうし、個の能力の高さを感じさせられたのう。シュートは外れるがやけど、1点を守り切るサッカーにおいてはよぉ、形を作ってどうこうするがやなくて、とにかくシュートで終わらせるのが鉄則やちゃね。70分にゴールを挙げた高地選手のシュートとかもそいがやけど、カターレの選手と横浜FCの選手の個の能力とか、経験値の差とか、やっぱし感じさせられるちゃね。

これで上手いように横浜FCに守りきられて、カターレは負けたがよ。悔しい試合やちゃね。

11人で上手くやっとらんチームがよぉ、退場をきっかけにしてよぉ、チームの狙いがはっきりしてくるとか、よくサッカーであることやけど、今回の横浜FCちゃ、まさにそれに当てはまるちゃね。カターレはよぉ、前半から上手いこと形は作っとったがやけど、PK失敗も含めてよぉ、最後までゴールを奪えんかったということやちゃ。

カターレちゃ、確かに前半からパス繋いでいってよぉ、良いサッカーしとったとオラは思うちゃ。やけどよぉ、ワンプレーで何事も変わっていってしまうのが、PK失敗とか相手の退場とかで変わってくるちゃね。もっと細かいことゆったら、ピッチコンディションによる個々のプレー精度とか、戦術とかも変わってくるちゃね。

ピッチが劣悪なとこやと、より個の能力の差とか、経験の差が出てくるがで、ホームスタジアムながやけど、ベテランが多くて百戦錬磨の横浜FCの方が優位に動きやすいようにオラは感じるちゃね。確かによぉ、トップチームには強くなってもらいたいがやけど、このピッチを見てよぉ、カターレイレブンの努力に県民が応えられん環境によぉ、歯がゆさとか感じさせられる試合やったじゃ。「プロは結果が全て」とか言うがやけどよぉ、結果を残せるような環境を作れないもんにも、責任はあるとオラは思うちゃね。

一生懸命頑張っとるからよぉ、やっぱし良い条件のところでやってもらいたいのう。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/680-86e9624b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。