スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第42節 (H)岐阜戦 / まだまだ戦い続けんなんちゃ

J2最終節、県総で東海北陸ダービー、FC岐阜戦ながよ。

2013-11-24_1.jpg

カターレはベストメンバーやちゃね。白崎くんがよぉ、太ももに違和感があるがで、U-20のミャンマー遠征に招集自体したがで、もしかするとスタメンから外れるがやないかと思ったら、きっちり合わせてきたのう。ベンチメンバーにはよぉ、久々にやっちゃんが戻ってきとるちゃ。あと、村松くんにも注目やちゃね。

FC岐阜はよぉ、この試合で服部年宏選手が引退すらーよ。ジュビロの頃から、20年も現役を続けとってよぉ、オラも好きな選手やったのう。2000年前後の日本代表によぉ、ジュビロの黄金期に欠かせん守備の要やったのう。最近もガイナーレやら岐阜やらで対戦しとってもよぉ、正確なボールを蹴れるしよぉ、守備も読みがいいがで、大ベテランになったがやけど、頭いい選手やったじゃ。ホーム最終戦でよぉ、コンサドーレに0-3で負けとんがで、この試合はゴール裏のサポーターやら、出張のスタグルやらで、えらい気合入ってきとったのう。



試合はよぉ、序盤から岐阜がカターレの中盤にプレスをかけてきて、アグレッシブにきたのう。それをよぉ、カターレが上手くパスでかわしていく展開やちゃね。カターレはアグレッシブに動いて、選手がショートパス繰り返しながら攻めていくポゼッションサッカーでよぉ、FC岐阜はボールを奪ったら、シンプルに両サイドのスペースやパージェにパス出すカウンターサッカーやったのう。

始めにチャンスを作ったのはカターレながよ。4分によぉ、サイドを振りながら攻撃してよぉ、ヨングンから逆サイドへ振ってよぉ、ショータ→舩津とつないでクロス。これをコケちゃんが拾ってから戻して、ヨンドクがシュート。跳ね返ったところをもう一回ヨンドクがシュート打ったところを相手GK高木貴弘選手がブロック。そのこぼれ球を突っ込んだコケちゃんを、岐阜のDF木谷選手が倒して、カターレがPKゲットながよ。

今季はPK決定率が25%のカターレ。キッカーはヨンドクでよぉ、また外すがやないかと思ったがやけど、きっちり決めて先制点やちゃ。

この後もよぉ、サイドでボールを回してよぉ、クロスからゴールを伺うカターレがペースを握っとったのう。岐阜のサイドバックの裏をよぉ、上手くついてってよぉ、両サイドの選手がフリーでクロスを撃つシーンが目立っとったがよ。岐阜がプレスかからんがで、完全にカターレがチャンスを作る展開やったがやけど、最後の精度が足らんかったのう。

その序盤の15分までによぉ、2点目を奪えたらいかったがやけど、その後はなかなか形を作れんがになってよぉ、徐々に岐阜が落ち着きを取り戻してくるがやね。岐阜の中盤がコンパクトになっていってよぉ、前線からプレスが厳しくなってきたがよ。最終ラインにプレッシャーをかけてきてよぉ、カターレが前に蹴ったところを、2トップが戻りオフサイドを取られるような場面も出てきたのう。

岐阜の攻撃ちゃ、カターレとは逆によぉ、シンプルながよ。サイドを俊足の染矢一樹に走らせるとかよぉ、途中から入ってきたパージェのポストから二次攻撃を仕掛けてよぉ、樋口、柴原とか絡んでいく感じながよ。特によぉ、パージェのポジション取りが非常に嫌らしくてよぉ、ミックが対応しづらいとこばっかしでボールを受けるがやね。特によぉ、大西先生とミックの間で収められると、一気に危なくなるちゃね。そこからサイドに振ってよぉ、積極的にクロス上げてくるがで、本当に嫌らしかったじゃ。

そんでもよぉ、カターレイレブンちゃ、身体をしっかり入れてよぉ、満足に決定機を作らせんかったがやけどよぉ、30分によぉ、左サイドからパージェが落としてよぉ、染谷が抜けだしてクロスを入れてよぉ、中央の柴原がシュート撃とうとした危ないシーンをよぉ、平出さんがクリアを試みたがやけど、これがキックミスしてしまってよぉ、オウンゴールで岐阜に追いつかれてしまったじゃ。

柴原が詰めてきとったがで、弾んだボールやけど、クリアしていかんなんがやけど、上手いことミートできんでよぉ、最悪な結果になってしまったのう。しょうがないがやけど、本当にこれが悔やまれる失点やったのう。

その後はよぉ、守備の乱れを察知した岐阜イレブンがよぉ、小細工なしで最終ラインに仕掛けてきたがやね。実際にカターレイレブンは落ち着きがなかったがで、岐阜に攻められる場面が結構あったのう。しかもよぉ、岐阜さんちゃ、ペナルティエリアに人がえらいおっても放り込んでくるしよぉ、遠目の位置でもシュートをえらい撃ってきたのう。ちょっこし流れを持って行かれて、前半終了ながよ。


ハーフタイムに入ってよぉ、落ち着きを取り戻したカターレはよぉ、立ち上がりからトライアングルを作って、上手いことボールを前につないでいってよぉ、チャンスを作っとったのう。特に白崎くんにボールが入るとよぉ、本当に何をすらーかわからんちゃね。周りの選手をえらい信用しとんがで、テクニックを活かしてよぉ、上手く裏に通そうとしたりとしとったのう。

逆によぉ、岐阜さんは泥臭く守ってよぉ、カウンターで少人数でシンプルに攻める感じやちゃね。特によぉ、両サイドの染矢一樹と柴原誠を走らせてよぉ、ガンガンサイドの裏を狙ってくるがよ。シンプルやけど、絶好調のソメッシだけによぉ、本当におっかないちゃね。二桁狙っとんがで、ギラギラしとるちゃ。

そんでもよぉ、カターレは結構チャンスを作っとったのう。52分には左サイドの裏にコケちゃんが抜けてよぉ、中に切り込んでシュート放ったりよぉ、59分には中央から白崎くんが中央突破からシュートを狙うがやけど、岐阜守備陣が集中を切らんがで、全然得点できんちゃね。

61分にはよぉ、左サイドでボールを奪ったカターレがよぉ、ヨンドク→白崎→苔口→ケースケとサイドチェンジしてよぉ、ケースケのクロスから最後は白崎くんが狙うがやけど、これは相手GK高木貴弘のビッグセーブで阻まれてしまうがよ。この日もカターレは結構チャンスを作っとったがやけど、高木貴弘選手が本当に当たっとってよぉ、厳しい試合やったのう。

人数かけてよぉ、パスをつないでいくカターレやけどよぉ、徐々に疲れが見えてきてよぉ、パスミスが目立つようになってくらーよ。そこを岐阜が狙ってきてよぉ、ボール奪ったら一気にカウンターを仕掛けてくるがよ。これがよぉ、何度も何度もやってくんがで、カターレのイレブンがだやなってくらーで、だんだん流れが岐阜に傾いてくるちゃね。

そこでよぉ、カターレがコケちゃんを下げて優大、ケースケを下げて黒部組長を投入すんがよ。

しかしよぉ、この交代が裏目に出てしまったのう。コケちゃんが疲れ見えてきとったがで、優大と交代するのちゃ、いつもやっとることやけどよぉ、これがよぉ、優大が全然ゲームに入れんかったがよ。ボールをキープすらーか、裏に抜けらーか、中途半端な動きをしてくがで、優大のとこにボールを集めてもよぉ、ボールロストしかせんがで、尚更ダヤなってくるちゃね。

次第によぉ、カターレの守備陣も疲れがみえてきてよぉ、一歩一歩が踏み出せんがになってくんがやね。そんでもよぉ、守田くんのセーブで防いできとったがやけど、その守田くんもキックミスを連発すらーで、カターレが攻撃陣を押し上げられんがになってきたがよ。そこで痺れを切らした最終ラインのショータが、自分を起点にカターレの攻撃陣に発破をかけていこうとすんがやけど、逆にショータの裏のスペースを狙ってくんがやね。だんだん上手くいかんがになってくらーよ。

そしたらよぉ、85分によぉ、平出さんの縦パスをカットした服部先生がよぉ、浮き球で左サイドの奥のスペースに出してよぉ、反応した野垣内選手が走ってクロス。そのクロスを受けた染矢一樹選手がよぉ、落ち着いてゴール右上の隅にシュートを決めてよぉ、岐阜が逆転ながよ。

この辺りの時間になってくるとよぉ、カターレも中盤がえらい間延びしてよぉ、攻守が連動せんがになってくんがやね。ギリギリのところで防いできとったがやけどよぉ、何度も何度もショートカウンター食らってたらよぉ、さすがの守田くんも防がれんようなシュートが飛んでくるちゃね。染矢選手は敵ながら素晴らしいゴールやったのう。

カターレはよぉ、急いで村松くんを投入してよぉ、彼の運動量とドリブルを軸に攻めるがやけど、岐阜イレブンが生き返ったようによぉ、前からガンガンプレス掛けてきてよぉ、上手くいかんがになってくるがやね。冷静に対応したFC岐阜がよぉ、見事なゲームプランを実行してよぉ、逆転勝利ながよ。カターレにとっちゃ、残念な最終戦になってしまったじゃ。


このゲームの焦点はよぉ、カターレはここ最近の調子が良くなってよぉ、自分達が自信を持って、今のサッカーをやろうとしとるちゃね。みんなが調子が良くてよぉ、自分を出して行っても、それぞれが結果を出してきとるがで、積極的に仕掛けるしよぉ、自らのアイデアをよぉ出そうとして、色気がでたサッカーになってしまっとる感じはしたのう。

逆に岐阜はよぉ、服部年宏選手の引退試合でよぉ、前節はホーム最終戦で敗れとんがで、この試合に掛ける意気込みちゃ、全然違ってきとったのう。バージェ、染矢、柴原、樋口の動き出しとか見とったらよぉ、ショータがビルドアップして上がってきたスペースをカウンターで狙ったりよぉ、選手と選手の合間にバージェが割って入ってきてキープしたりよぉ、本当に嫌らしいサッカーしてきたのう。長いボールを使ってよぉ、徐々に体力を奪ってきてよぉ、最後は決めるべき選手がきっちり決めて勝った試合やったのう。

徹底的にスカウティングされとった印象があってよぉ、カターレは自分達のサッカーにこだわっとった感じやけど、その辺りで結果が違ってしまったかもしれんちゃね。しかし、本当に強いチームちゃ、そういうスカウティングに対しても、対応できんぐらいの強さを発揮せんなん。カターレはまだまだやちゃね。それによぉ、ここ3年苦しんどってもよぉ、いっつも際どい試合になっとる岐阜さんを舐められんちゃね。

総括とかは、また次回にするちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/688-a85e79e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。