スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大迫勇也選手が1860ミュンヘンにやってきたじゃ

鹿島アントラーズの大迫勇也選手がよぉ、1860ミュンヘンに移籍やちゃ。












まさかよぉ、1860ミュンヘンにやってくるとは思わんかったのう。

オラはこのブログで書いてある通り、このチームを応援しとるがよ。1部におったときちゃ、マイヤー・ホッファーとか、マルティン・マックスとか、シュトランツルとか渋い選手がおってよぉ、晩年のトーマス・ヘスラーとか、ダボル・シュケルがプレーしとったがよ。ミュンヘンダービーとかでよぉ、結構しぶとい試合をすんがで、オラは好きやったじゃ。

今はよぉ、ガボール・キラーイ選手がおるがで、ドイツでは一番応援しとるチームやけど、そこに大迫勇也選手が移籍するがやね。移籍金ちゃ、日本円で7500万くらいでよぉ、鹿島アントラーズが要求した金額の満額を払っとらーよ。バーゼルとかフライブルクとかも興味示しとったみたいがやけど、レーヴェン選んでくれたじゃ。

改めてレーヴェンにようこそ!やちゃ。

そこでよぉ、チームをざーっと紹介しておくちゃ。まず、1860ミュンヘンちゃ、8勝4分7敗の8位やちゃね。やけどよぉ、2位のグロイター・フュルトとは勝ち点6差、3位のカイザースラウテルンとは勝ち点3差で、まだまだチャンスがあるがよ。今季も中堅で甘んじとんがやけど、残り15試合ながなら、まだまだ逆転昇格のチャンスはあるちゃね。

そこでよぉ、チーム状況についていうがやけど、現在18得点21失点ながよ。守備はよぉ、昇格争いに絡んどるチームとは差はないがやけど、いかんせんよぉ、得点力不足が深刻やちゃね。チーム得点王ちゃ、中盤のシュタークとシュトッペルカンプが3得点ずつやけど、FW陣がラウトが2得点と大不振ながよ。レーヴェンを長いこと引っ張っとったラウトやけど、近年ちゃ、衰えが出てきたがで、なっかなかゴールも奪えんがになっとるちゃね。若い選手がチャンスを作っとっても、1トップの選手が奪えんと、なかなか厳しいちゃね。

そんな状況ながで、大迫選手ちゃ、出場機会については問題ないやろうのう。出場機会をちゃんと得た中で、結果を出していくだけやないかと思うちゃね。中盤の選手ちゃ、シュトッペルカンプとシュタークは良いパス出してくれるがで、上手いこと合わせていかれるがなら、ゴール量産もできるはずやちゃ。やけど、今季のレーヴェンちゃ、4-2-3-1の布陣ながで、大迫選手ちゃ、多少なりポストプレーもこなさんなんし、孤立することもあり得ると思うちゃ。

やからよぉ、出場機会には心配はいらんちゃね。フライブルクやバーゼルやなくてよぉ、ドイツ2部の1860ミュンヘンを選んだのちゃ、出場機会の有無も関係あるやろうのう。大迫勇也選手には、半端ないとこ見せて、昇格に貢献してほしいちゃね。

守備は21失点とまずまずやちゃね。キラーイ選手を中心とする守備によぉ、ポーランド代表のヴォイトコヴィアク選手とか、スペイン人のギジェルモ・バジェーリ選手とかおるちゃね。ヴォイトコヴィアク選手ちゃ、ポーランド代表やと、控えの右SBやっとらっしゃるがやけど、彼の攻撃参加はポイントやのう。キラーイさんちゃ、そこそこキック精度があるがで、そこを上手く抑えられりゃ、攻撃のチャンスも膨れ上がるかのう。

最後によぉ、1860ミュンヘンのことでよぉ、キラーイ選手のツイートしとったがで、でかいと貼っておくちゃ。




























なんのせ守備はキラーイさんが半端ないとこ見せて、攻撃は大迫半端ないでお願いするちゃね。期待しとるちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

面白いブログですね
そして面白いGKですねキラーイ選手

これから拝見させていただきます

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/701-a199e940
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。