スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラーイさんが日本語勉強しはじめたじゃ

大迫勇也選手のためによぉ、キラーイさんが日本語勉強しはじめたがやと。












英語もドイツ語も上手いことしゃべられん大迫選手を助けるがによぉ、キラーイさんが日本語勉強することにしたがやと。

か!キラーイさん、いい人やぜぇ。最近ちゃ、日本の選手がいろんなとこでプレーしとらっしゃるがで、言語もいろいろ覚えていかんなんがやけど、大迫選手ちゃ、まだドイツへ来たばっかしながで、言葉とかさらにしゃべられんがやと。スタンダール・リエージュの川島永嗣選手みたいがによぉ、海外へ最初から行くつもりでよぉ、何カ国語もしゃべられたりすんがやけど、こういうのちゃ、みんながみんなそういうわけやないちゃね。

そんな大迫の様子を見たキラーイさんちゃ、日本語アプリで勉強しとられるがやけど、1997年に21歳でハンガリーのハラダシュからよぉ、ヘルタ・ベルリンへ移籍したときによぉ、いろいろ苦労してらっしゃるみたいやちゃね。ドイツでやっていくためによぉ、「オラちゃ、ドイツに馴染んでいくがに、1週間ドイツ語しかしゃべらんようにしとった」とかしとったがやけど、23歳の大迫選手を見てよぉ、自分の若い頃を思い出したかもしれんちゃね。なんかお父さんみたいやちゃ。

努力してよぉ、ドイツ語を勉強してってよぉ、後にヘルタ・ベルリンの不動の守護神になってよぉ、ブンデスリーガで3位になったり、チャンピオンズリーグに出場しとったりしてよぉ、当時のブンデスリーガの屈指のGKになっとったがやちゃ。ヘルタ・ベルリンを退団してからよぉ、8年ぐらい経っとんがやけど、今でも愛されとるちゃね。

その後はイングランドへ渡ってよぉ、クリスタルパレス、ウエストハム、サンダーランド、バーンリーと渡り歩いてよぉ、2009年からは1860ミュンヘンでプレーしとんがやけど、長いことプレーする秘訣ちゃ、言語やったり、コミュニケーション能力やったりするかもしれんちゃね。2000年前後のハンガリー代表ちゃ、国外組もそんなに多くなかったがで、キラーイさんの経験ちゃ、代表チームにも好影響与えてよぉ、若い選手も結構活躍するようになってきたのう。今年4月で38歳になるがやけど、まだまだ現役代表選手やちゃ。

オラが言うのもアレながやけどよぉ、キラーイさんちゃ、1860ミュンヘンの中やと、一番実績がある選手ながよ。ハンガリー代表に80試合以上出場してよぉ、チャンピオンズリーグも経験しとるちゃね。逆によぉ、イングランドにおったときちゃ、クリスタルパレスでもバーンリーでも、スランプでポジションを失うことも経験しとるちゃ。今はレーヴェンの不動の守護神やけどよぉ、逆境にも這い上がっていく選手やちゃ。W杯、ユーロ出場を目指してよぉ、今も代表で貪欲にプレーしとるしのう。

ほんじゃからよぉ、キラーイさんが日本語ペラペラになる前によぉ、大迫選手はドイツ語覚えんなんちゃね。負けとられんがやぞ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

なんか涙出てきたわ
トレパンなのに

 

トレパンばかにすんな!機能性重視、まさにプロの鏡だぞ

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/702-3d2763a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。