スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カターレが始動したのう

カターレが新体制発表されてよぉ、今、J-STEPで1次キャンプしとるちゃ。

2014slogan.jpg


新スローガンちゃ、「蒼力結蹴」ながよ。「総力結集」をカターレ風にした造語やちゃね。ファン・サポーター・株主・スポンサー・行政・県民の力を合わせてよぉ、今まで築き上げたものを大切にしながらよぉ、チームが一致団結して立ち向かうということやちゃ。頑張ってほしいじゃ。

ということで、こっからは補強とかに触れるちゃね。



kataller2014_2.jpg

in
FW 三上陽輔(札幌)
FW 棚橋雄介(琉球[復帰])
MF 梅村晴貴(磐田U-18)
MF 内田健太(清水[レンタル])
DF 秋本倫孝(京都)
DF 吉川拓也(金沢[復帰])
DF 田中寛己(山梨学院大)
DF 内田錬平(金沢星稜大)
GK 水谷雄一(福岡)
GK 柴田大地(藤枝)

out
FW 黒部光昭(TTMカスタムズ/タイ)
FW 三根和起(京都[復帰]→長野[レンタル])
MF 山瀬幸宏
MF 谷田悠介[引退]
MF 森泰次郎(佐川印刷[レンタル])
MF 山本祥輝(ヴェルスパ大分[レンタル])
DF 舘野俊祐(東京V[復帰])
DF 舩津徹也(山形)
DF 足助翔[引退]
GK 守田達弥(京都[復帰]→新潟)
GK 金井大樹(熊本)


放出したところで大きなとこちゃ、やっぱし舩津の山形移籍かのう?セレッソへレンタルしにいっとったときから思っとったがやけど、彼は常に上を目指す選手ながやね。ポジションはいろんなとこやってよぉ、オフ・ザ・ボールの動きが素晴らしいがで、よくフリーになってゴールを奪っとったがで、カターレにとっちゃ、痛い放出やけど、山形でも頑張ってほしいちゃね。

そして、守田君がステップアップしとるちゃね。1年間カターレでレギュラーやっとったがで、試合感覚が上手く掴めてよぉ、ビッグセーブも結構やっとったのう。カターレとしたら、もう1年借りたいとこやったかもしれんねど、レンタル元のサンガがJ2残留しとる以上は、レンタル延長は判断が難しいちゃね。なんのせステップアップしていったがでいかったじゃ。日本代表目指して頑張ってほしいじゃ。


補強に関してやと、大きいとこは、やっぱしミズさんとミチさん、そして白崎くんのレンタル延長に加えて、ウチケンさんが入ったがやね。ミズさんちゃ、先日も書いたがやけど、真のプロフェッショナルのゴールキーパーやちゃね。いつも果敢なセービングを見せとってよぉ、熱血やちゃね。

ミチさんはJ2の3位やった京都サンガからやってきたじゃ。契約満了を発表されたときによぉ、「もしかしたら来んがやないか?」と思とったらよぉ、本当にカターレにやってきたじゃ。安間さんの甲府時代の主力選手でよぉ、所謂「安間チルドレン」とか言われそうやけど、J2の3位の主力選手がカターレに来るとか凄いことやちゃね。ミチさんちゃ、J2でも屈指のアンカーでよぉ、空中戦は強いし、味方をコーチングしながら上手くボール奪える選手で、今までのカターレでは最高のボランチかもしれんちゃ。コネって大切やちゃね。

そんで舩津の後釜に入りそうなのがウチケンさんやちゃね。彼は愛媛におった頃から知っとるがやけど、左足が凄くてよぉ、シュート、クロスと素晴らしいものを持っとるちゃね。あとはロングスローも持っとるちゃ。生粋のサイドプレーヤーやから、今までのカターレの中にはおらんタイプかもしれんちゃね。舩津みたいがに、逆サイドでゲーム作らせといて、自分がゴールに突っ込むのは彼ができるがか知らんがやけど、少なくとも使う側の選手としたら、舩津よりも上やと思うちゃね。ワイドな展開も見られるかもしれんのう。

あとは、味付けができそうな選手が結構おるちゃね。

三上は身体が強いタイプながやと。シュートの決定力はいまいちみたいがやけど、とりあえず高いボールはキープしてくれるちゃね。組長の後釜を担うセンターフォワードながよ。しかしよぉ、平出さんとそっくりやちゃ。これからは「さん付け」せんなんちゃ。

梅村くんはジュビロのU-18ながやね。静岡県選抜でも10番を背負っとった技巧派みたいやちゃね。Youtubeの動画で見たことあるがやけど、トップ下とかセンターハーフができそうな感じやのう。練習試合でいきなし結果を出しとるみたいがで、高卒やけど、もしかしたら主力を担える選手に化けるかもしれんのう。ジュビロのトップやなくて、カターレにやってきたのちゃ、そういうとこで意味ありそうやしのう。

山学大のキャプテンやった、田中選手ちゃ、守備的なポジションやったら、どこでもできるタイプながやと。なんやら顔が舩津と似とるがやけど、プレースタイルとか特徴まで舩津に似とるとか、カターレTVでゆっとった気がするちゃね。カターレやと対人守備の強さは当然求められるがやけど、フリーになったときちゃ、ゴール前へ飛び出る運動量と献身さが必要ながで、いっぱい磨いてってほしいちゃね。

あとは、藤枝の正GKやった柴田大地選手がやってきたがよ。なんやら浦和U-18出身でよぉ、原口元気選手と同期やったみたいやぜぇ。大学を経て、藤枝に入ってよぉ、今度はJ2とステップアップしとるちゃ。身長が181cmと小柄な部類やけどよぉ、カターレのGKコーチちゃ、178cmの中川雄二さんやから、いっぱい吸収していってほしいちゃね。水谷が正GK有力やけど、年齢的にはそのうち正GK候補にもなってくるしのう。

レンペーは正式にカターレ入りしたのう。190cmで身体がでかいしよぉ、セットプレーでの活躍が期待できるちゃね。去年の特別指定選手でプレーした3試合ちゃ、どれもスタメンやったがやけど、十分にやっていける力はあるちゃね。ビルドアップに課題があるみたいがやけど、切磋琢磨してよぉ、福ちゃんみたいがになれるように頑張ってほしいじゃ。

拓ちゃんはツエーゲンでいっぱい経験積んだのう。主力でプレーしてよぉ、ツエーゲンでは3バックの左をやっとったみたいやちゃね。187cmと恵まれた体格やけど、足下もしっかりしとるし、スタメンも狙えるかもしれんのう。レンタル前ちゃ、ボランチ、サイドもやっとったし、貴重な人材には違いないちゃね。

最後は琉球から2年ぶりに復帰してきた棚橋やちゃね。琉球で2年連続主力でプレーしてよぉ、主に左サイドハーフでやっとったみたいやちゃね。沖縄の人に聞いてみたがやけど、得意のドリブルだけやなくてよぉ、裏を狙って、自らもゴールを狙うようにもなってきとるみたいがやと。リーベル仕込みのドリブルを今度こそ披露してもらいたいのう。

そんな感じやちゃね。また練習試合とか重ねてやっていくはずやろうから、その都度、更新していくちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

先生!
柴田大地はレッズユースで山田直輝と同期で原口は1年後輩であります!

 

こんにちは。
とれぱん先生は、安間体制での4年間をどうみますか?
プロだから結果も求められると思うのですが、他チームであれば既に切られていたか、今シーズンの契約はなかったと思うのに、5シーズン目に突入・・・。
今年は出だしから好結果を示さないとシーズン途中で…、ということも、ね。
逆に良くない結果にも関わらず監督を交代できないフロントの能力の問われ、いくら大人しいカターレサポも、いい加減暴れると思うんですがねぇ。
(マンUやらACミランは、ちょっと悪けりゃすぐ監督変えろなのに・・・。もうUEFAライセンスのある大塚一朗監督にカターレ率いてもらえばいいのに、な~んて言われかねませんな!)

 

柴田大地選手は1歳後輩やったじゃ。間違えたじゃ。かんにん。

>TAKAさん
個人的には安間体制ちゃ、あんまし悪い印象は感じんちゃね。
この辺りちゃ、サポとかファンとかの考えが大きく異なっていってよぉ、賛否両論が多いがやけど、
2010年に昇格に貢献した初年度のメンバーとかが一気に引退したがで、
ほとんど経験が浅いもんばっかしで、最初からチームを作りなおすところから始まったがで、
2,3年で結果を求めるのは、ちょっこし難しいがやないかと思うちゃね。

カターレちゃ、結成されたのが2008年でよぉ、アローズ北陸が使っとったとこの施設を使っとるがやけど、
やっぱし他のJ1とか、カターレの上におるとこのクラブに比べちゃ、設備の問題は多いちゃね。
練習を観に行っとったら、ちょっこしずつでも積み上げて、パスを繋げられたり、動き出しの向上を目指しとんがやけど、
それを披露する場所である、県総の芝が段々と酷くなっとるし、ハードの問題が重みになっとるちゃね。
これがドイツとかイングランドとかやったら、まずライセンスは通るレベルの環境ではないやろうのう。

確かによぉ、厳しい環境でもよぉ、結果を残していくのは大切なことやけど、
プロの人間を迎え入れる場所にしては、問題がありすぎるしよぉ、これで暴れるようやと、さすがに傲慢やし、富山にプロクラブは必要ないと断言するちゃね。
マンUとかミランとかちゃ、確かにすぐに監督変えろとか言われるがやけど、世界のビッグクラブを見る目線で考えたら、身の丈に合わないと思うちゃね。
人材よりもよぉ、金銭的なリスクが低い施設とかにゼンを投入してよぉ、長期的な視野で考えていくのがベストやと思うちゃ。
確実に積み上げられるものを作り上げてよぉ、ライバルに追いつけるようにしていかんと、
例えちょっこし結果が出たとしても、一過性で終わると思うちゃね。

あと、富山第一の大塚さんが評価されとんがやけど、あれもこれまでの富山第一が20年以上積み上げてきたものの成果やし、
全国で結果を出しとる、富山の優れた少年サッカーの土壌とか、イングランド遠征とか富山第一のスケールがでかい強化方針やったりと、そんじゃそこらのもんができることではないちゃね。
なんのせ安間さんが監督になってから、地元の高校生とかと触れ合って、練習試合とかよぉやっとるし、その地道な地元との関わりを続けりゃ、また違う未来が見えるかもしれんのう。

今季も白崎くんを見れるし、京都の主力やった秋本も獲得しとるし、補強はそれなりにできとるし、まずは開幕してみてからやちゃ。

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/707-3117003f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。