スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 岐阜戦(A) / 岐阜さんおっかないちゃね・・・

毎回長くは書けんがで、まずは簡単にしてみるちゃ。
もうちょっこし余裕あったら、追記させていただくちゃね。

J2第2節、カターレ富山は、アウェーでFC岐阜と対戦やちゃ。

2014-3-9_1.jpg

カターレは前回と同じメンバーやちゃ。対する岐阜はよぉ、スタメンの7人が新加入でよぉ、あとの4人が昨シーズンからのメンバーやちゃね。ベンチを見てもよぉ、太田圭輔、清元拓也、田中智大が新加入でよぉ、お馴染みのメンバーやった、時久、野垣内、田中秀人くらいやちゃ。ラモス監督になってよぉ、大半のメンバーが入れ替わって、去年とはまるで別のチームになっとるちゃね。




結果から言ってしまったらよぉ、0-3で負けながよ。

1点目は、33分のセットプレーながよ。三都主アレサンドロが蹴ったボールをよぉ、ナザリトが落として、最後は難波宏明選手が押し込んで岐阜が先制点ながよ。2点目は、58分にまたもやセットプレーからよぉ、三都主が蹴ったボールをコケちゃんがクリアしようとしたがやけど、これがオウンゴールになってしまって2点目ながよ。3点目は69分によぉ、左サイドの高地系治選手がターンで2人かわしてから、ミズさんとの1対1を制して、ダメ押しの3点目ながよ。

まさしく完敗やちゃね。

カターレはよぉ、前半の立ち上がりから、細かくパスを繋いでよぉ、チャンスを作っとったがよ。なんせよぉ、ボールを繋がせるがなら、急造チームの岐阜に対してよぉ、カターレちゃ、連携面ではだいぶ整備されとる感じはあったのう。真ん中のトライアングルを中心したパスサッカーちゃ、今季も健在ながやと、オラは感じたのう。

しっかしよぉ、メンバーがでかいと入れ替わってよぉ、経験が豊富な選手が揃った岐阜ちゃ、なかなか大変な相手ながよ。特に優れた連携とか見せたりよぉ、守備にしても連携よりも、個人で止める印象が強いがやけど、ゲームの要所を抑えた、現実的なサッカーやったのう。第1節に対戦したファジアーノさんちゃ、カターレのボール回しに対してよぉ、積極的にボールに絡んでくる守備をしてくるがやけど、岐阜さんは「パスは回させておいても、要所を抑える」のが徹底されとった気がするちゃね。

そんなもんで、カターレもパスを細かく繋いでよぉ、両サイドバックの上がりから、分厚く攻撃を仕掛けるつもりながやけど、ボール奪われたら、左の高地、右のスティッペと起点を作られてしまうがよ。シンプルなサッカーをしてくるがやけど、的確にスカウティングしてきた印象を感じたじゃ。

J2じゃよぉ、こういう岐阜みたいによぉ、急激に補強した例ちゃ、あんまし無いがやけど、こういうチームの特徴ちゃ、割りかしこういうのが当てはまる気がするがよ。

1.連携よりも、前線の個の力。
2.セットプレー
3.当たりが強い守備

第1節の讃岐戦もちょこっと見とったがやけど、まず岐阜さんのサッカーちゃ、対策を講じられるまではよぉ、たぶんナザリトに当ててくるサッカーが基本になりそうやちゃね。ナザリトがボールを収めてよぉ、両サイドに捌いていくがよ。そのナザリトの周りをよぉ、よく走る難波選手が泥臭くゴールを狙っていくがやね。カターレの選手もよぉ、ナザリトにぶつかっていくがやけど、フィジカルが強すぎてよぉ、逆に弾き飛ばされとるちゃね。軽く腕で抑えられただけでもよぉ、全然ボールを奪えるような感じにならんがやけど、2,3人ぐらい寄せておかんと、絶対前を向かせてしまう感じはしたのう。

そんで2列目が縦の推進力があるスティッペによぉ、テクニシャンの高地が入る感じながよ。昨シーズンもそうやったがやけど、このスティッペもよぉ、J2の中だとえらいフィジカルが強い選手ながで、前を向かせてしまったら、身体をぶつけてもどうもならんようにも感じられたのう。そして、ラモスさんにとっちゃ、沖縄かりゆし時代からの秘蔵っ子で、高地がまた上手いがやちゃ。3点目のシーンとか、敵ながら見事やったのう。

なんのせよぉ、ナザリトに預けておけば、今のところはどうにかなりそうなチームやし、左右の選手ちゃ、行けそうなら縦を突破してよぉ、無理ながならサイドチェンジしとるちゃね。両サイドバックはアクセントとしてよぉ、ちょっこし上がっとったがやけど、基本は裏を取らせんと、リスク回避をしとった印象はあるちゃね。

そんでよぉ、やっぱし今の岐阜で脅威なのちゃ、セットプレーやけど、左足での三都主のキックがおっかないちゃね。日本代表でも何度もアシストを演出しとったがやけど、その鋭いボールの質とかちゃ、なかなか簡単に止められんしよぉ、高さ不足のカターレの守備陣やと、かなり厳しかったのう。

そして、岐阜のタイトな守備やけど、スティッペや難波、ボランチの水野泰輔とか、CBの木谷と阿部のコンビとか、結構厳しくあたってきとったがで、カターレの攻撃陣もよく倒れとったがやけど、今回の審判ちゃ、あんましファールを取ってくれる人やなかったのう。カターレもセカンドボールを拾えれば、ゴール前まで攻めていけるシーンは作っとったがやけど、守備を始める位置自体ちゃ、そんなに高くないがか知らんねど、消耗の度合い自体ちゃ、感じられなかったのう。

イメージはいろいろ先行しとったがで、あんましラモスさんのサッカー自体が見えんかったがやけど、結構現実的なサッカーをしとらっしゃる方やちゃね。JsGoalのコメントとか見とってもよぉ、「富山さんは若い選手が多くて、前で動くので、なかなか捉えられない」とかゆっとったがで、結構パス回しとか「やらせてもらった」感じやけど、岐阜さんにとっちゃ、まだまだチームの成熟度は高くなっとらんがで、その中でできるサッカーを実践しとんがやと感じたじゃ。



カターレは完敗してよぉ、オラもいろいろ気になる部分ちゃあるがやけど、あんまし後ろ向きな気分にはならんちゃね。ナザリトを3人で囲んどんがに、全然ボールを奪えんとことか見とったらよぉ、ちょっこし前に千葉におった204cmのオーロイとかとは比べもんにならんぐらい、対策を練るのが難しい選手やと感じたし、最初らへんで岐阜と当たってしまったのが、不運なだけかもしれんちゃね。

ナザリトにばっかし触れとんがやけど、岐阜の選手ちゃ、ほとんどがJ1経験者ながよ。経験が豊富な選手が多いもんやから、動き出しやったり、プレーの判断力やったりとかちゃ、カターレに比べたら雲泥の差は感じるちゃね。カターレの選手ちゃ、誰やら言わんねど、繋げばいいとこを見境なくミドル撃っとるもんもおるし、速攻しかけるか、遅攻でじっくり行くがかの判断もまだまだやし、チャンスの数の割にはフィニッシュで判断が鈍るもんがおったり、自分が自分がで行き過ぎるもんがおったりと、まだまだ若さは見えるちゃね。

なんのせもっと上手くならんなんちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/724-668fead3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。