スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5節 群馬戦(A) / アレでPK取られたら堪らんちゃね・・・

3連敗中のカターレは、アウェーでザスパクサツ群馬と対戦やちゃ

2014-3-30_1.jpg

今回からは諸事情で控え選手の名前を省かせていただくちゃ。
あと、ちょっこし方針を変えさせていただくちゃね。

カターレはよぉ、前節出場停止のミチさんが復帰したがよ。ワンボランチに入った以外はメンバーに変更はないちゃね。ミクちゃんとミチさんが入って、空中戦ができる選手が2人になったのう。

ザスパさんちゃ、今季からは3-1-4-2を使っとるちゃね。全体的にメンバーを見たらよぉ、スターティングメンバーの中によぉ、今季からの新加入選手がおらんがいちゃ。昨シーズンは20位で終了したがいど、秋葉忠宏監督が1年目やったがで、戦術とかいろいろ浸透させようとしとったみたいやちゃね。昨シーズンはカターレとは2引き分けやけど、前から積極的にプレスかけてくる印象が強いチームになっとったのう。よぉ走るとこやちゃ。



前半からの流れをゆったらよぉ、どっちも一進一退の攻防が続いたがよ。

ザスパさんの印象からゆったらよぉ、やっぱしよぉ走ってくるチームやちゃね。J2のチームもいろいろあるけどよぉ、岐阜や横浜FCちゃ、あんましボールに食いつかんと、ブロック作ってきたりしとんがいど、ザスパさんは前線からプレス掛けてよぉ、ボールを奪いに行くチームやちゃ。

そしてよぉ、攻撃のときちゃ、まずはエースの平繁が中心やちゃね。そしてカターレでプレーしとったコーケンの2人やちゃ。コーケンが1ボランチに入っとってよぉ、コーケンが両サイドに振ったり、ポストプレーヤーの野崎桂太選手に預けたりするちゃ。攻撃面ではあんまし難しいことはせんけどよぉ、左の瀬川とかいいクロス持っとるし、なんせ平繁の決定力がおっかないちゃね。

潰し合う展開でよぉ、前半の途中までは、お互いに大したことできとらんだがよ。ザスパさんはショートカウンターを得意とするチームやけど、攻撃面だとまずは平繁を抑えることで、だいぶ攻撃力の低下を見込めるちゃね。カターレもよぉ、前線の3人にボール集めてよぉ、個人で崩しにかかるがいど、完全に最終ラインに残っとる3バックを崩しきれんかったのう。

前半の途中からよぉ、カターレが前からのプレスを強めるがよ。これでよぉ、ザスパさんのパスが乱れ始めてよぉ、カターレが上手くペースを握っていくがいちゃ。高い位置でボール奪ってよぉ、両サイドから積極的に仕掛けて、クロスボールでチャンスを演出しとったが。ちょっこし触れば、入ったかもしれんもんもあったのう。ザスパさんがミスが目立ち始めてよぉ、カターレがセットプレーのチャンスが多かった時間やちゃね。特に翔哉くんは、ボールが全く奪われん感じやったのう。

しかしよぉ、前半はスコアレスやったがよ。

後半もこの調子で行きたいとこやったげど、さすがのザスパも修正してくるちゃね。前半は上手いようにやられとった翔哉くんに対してよぉ、徹底的にパスコースを消してよぉ、ラインを上げて圧力を掛けてきたのう。こんでザスパがペースを握ってよぉ、カターレが押し込まれる展開が目立ってきたのう。

危ない展開もあったけどよぉ、懸命なシュートブロックでゴールを奪わせんかったがよ。守備陣も集中しとってよぉ、ザスパの攻撃陣の状況を見て、しっかり守れとる気はしたのう。ただちょっこしクリアが小さいのが気になったのう。

しっかしよぉ、ここでまたおっかしなことになるがいちゃ。70分によぉ、ザスパのコーナーキックでよぉ、野崎桂太選手と競り合ったミチさんがよぉ、ファールを取られて、ザスパにPKを与えられたがよ。ちょっとしたコンタクトプレーながに、ファール取られてしまうとか、あんまし抗議せんカターレの選手も納得いかん感じやったのう。

その後に平繁にPKを決められて、ザスパが先制点やちゃ。

追いつきたいカターレやけどよぉ、ザスパのもんちゃ、先制したもんやから、もう無理はすることもないちゃね。本当はカターレのもんも焦るほどでもなくて、もっと丁寧にやってもいかったと思うがやけど、どうしても焦っとる癖が出てしまってよぉ、攻撃陣は特にバラバラになってしまったがよ。

そんで、80分には左サイドの瀬川選手のクロスから、青木孝太選手に頭で合わせられて、2-0やちゃ。これでカターレは三上さんを入れてよぉ、ロングボールで見出そうとすんがやけど、ゴールは遠く、試合が終了ながよ。

前半からの流れからゆったらよぉ、シュート本数もザスパの倍は放っとるし、この試合も「内容が悪い」という程の試合でもないがよ。しっかしよぉ、サッカーちゃ、内容よりもよぉ、ちょっとしたディテールの差で、勝敗が別れるスポーツやちゃね。勝敗が別れる要素が、そのちょっとしたプレーの差が原因になっとる以上は、反省して、しっかり埋めていくことが大切やと思うちゃね。シーズンは長いがで、一つ一つ反省して、確実に穴を埋めるようにしていくのが大切かのう?



こういう時ちゃ、よぉ「内容より結果」とか言われることはあるちゃね。

確かに結果は出さんならん。しかしよぉ、「内容がいい」からそのままとか、さすがに現場は考えんと思うちゃね。より良くしていく努力はするのが普通の考え方やと思うし、大幅に変更を加えるときちゃ、よっぽど悪い時とか、怪我人がでかいと出てしまったとか、それぐらいやないかのう?職業でサッカー選手でやっとる以上は、結果はもちろん大切やけど、一つ一つのプレーのクオリティを上げて、内容の向上にも務めるのは当然やちゃね。これは相手のザスパさんも同じことが言えてよぉ、平繁の個人技が頼みやったところから、上乗せしようとしとるし、実際に平繁が下がった後に1点決めとるしのう。瀬川選手のクロスは見事やったしのう。

なんのせ「結果を出すために内容にこだわる」姿勢でやっとるのは、どこのチームも一緒のことやと思うちゃね。

しかし、2試合連続も不運のPKでやられるちゃ、残酷過ぎるちゃね…。オラは選手やスタッフはえらい頑張っとるし、当然結果を出すために、今いる選手の特徴が出るように考えとるし、より多くの勝ち点を稼げるように、一つ一つレベルが高いことにチャレンジしとると思うちゃ。やけど、ちょっとしたことで、全然違う結果になってしまうしよぉ、バスケとかよりも、完全に運の要素が強過ぎるスポーツやちゃね。だからサッカーファンちゃ、レフェリーに対しても厳しい姿勢になるちゃ。純粋にサッカーが好きなもんならよぉ、ピッチやったり、レフェリーやったり、内容やったりと、「よりレベルが高いもの」を求めて当然やからのう。

22チームが必ず順位がつけられるのが、リーグ戦という仕組みやし、チームの成熟とか、選手達のレベルアップが、必ずしも結果につながるわけでもないのを、サポーターとかは分かってやらんなんかと思うちゃね。県総のピッチコンディションとか、富山の気候とか考えたらよぉ、ただですらカターレの選手達ちゃ、厳しい環境でプレーしとるしのう…。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/731-62d0102c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。