スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10節 松本戦(H) / やっとかっと勝ったじゃ・・・(1)

前節は大分に0-3で負けて、げべになったカターレが、ホームで松本山雅と対戦やちゃ。

2014-4-29_1.jpg

作った後に気づいたがいど、サブGKに柴田くんが入っとるちゃね。

試合前のアップでよぉ、ミズさんが怪我して、急遽、飯ちゃんが今季初スタメンになったがいちゃ。

カターレのスタメンは、コケちゃんが3試合ぶりに復帰やちゃ。そんでよぉ、ボランチには秋本さんが復帰したがよ。最終ラインがメンバーえらい入れ替わっとってよぉ、CBが4試合連続で拓ちゃんがスタメンで、ミクちゃんが4試合ぶりに復帰やちゃ。サイドバックは左にショータくん、右にガオくんが今季初めてそのポジションで起用されたがいちゃ。

対する松本山雅はベース自体は去年とあんまし変わらん感じやけど、嫌らしいメンバーが揃っとるちゃね。去年と違うとこちゃ、長崎から岩間雄大、名古屋を退団した田中隼磨を獲得しとるちゃね。ベンチには栃木でゴール量産しとったサビアもおるし、本格的に昇格を狙っとる陣容になってきたのう。固い守備と鋭いカウンターとセットプレーがおっかないのが特徴でよぉ、カターレにとっちゃ、どうも相性がよくない相手やちゃね。



序盤はゲームの入り方自体はカターレはまずまずでよぉ、両サイドを起点に攻撃しとったがいど、最初の10分間ちゃ、山雅に決定的なチャンスを2回作られとるちゃね。6分によぉ、左サイドを突破されて岩上がシュート放ったがいど、これは飯ちゃんがキャッチしたがよ。そんで10分の場面がえらい危なくてよぉ、山雅がサイドチェンジからファーサイドの岩沼が抜けてよぉ、ダイレクトで強烈なシュートを放ったがいど、これはポストに助けられたじゃ。

ちょっこしまずいシーンが続いたがいど、カターレが落ち着いて守っとったがで、前半の山雅のシュートちゃ、この2本で抑えられたがいちゃ。山雅ちゃ、J2屈指のフィジカルプレーヤーの塩沢勝吾選手がおっかなくてよぉ、カターレも何度も彼のフィジカルに苦労しとんがいど、彼と2列目の船山と岩上を分断してよぉ、上手いこと守れたのう。

2014-4-29_3.jpg


ということで、塩沢対策やちゃ。

たぶん、この4バックちゃ、完全に塩沢対策やと思うちゃね。高さと運動量がある塩沢に対してよぉ、ゾーンで守る感じかのう?基本的にミクちゃんが競り合うことが多いがいど、右サイドに絡んできたら拓ちゃんが競っとるし、竸った選手のポジションをサイドバックのもんが埋めるのが徹底されとったのう。

彼が起点になってよぉ、周りも動き出すのが山雅の一つの戦術でよぉ、カターレも何度かやられとんがで、反町監督もサビアやなくて、塩沢を出してきたと思うがいど、ほとんど高さで負けることはなかったしよぉ、セカンドボールも拾えとったし、彼と連動して動く岩上と船山には、しっかり距離を詰めとったし、全然仕事させんかったのう。そんでよぉ、攻撃面やと、サイド攻撃が効いとったがで、前半は田中隼磨と岩沼俊介の攻撃参加も少なめになっとったのう。

2014-4-29_5.jpg

カターレの攻撃は、以前よりもだいぶ整理されてきとるちゃね。最初に書いたフォーメーションとはまるで違う形やけどよぉ、翔哉くんとヨンドクのプレーエリアがサイドが基本になっとるちゃね。白崎くんは足下でコケちゃんはスペースを狙って、大西先生がゲームメークする形は変わらんがいど、両サイドバックが攻撃参加する形とか見たら、整理に苦心されとるのがよぉ分かるちゃね。

4-3-1-2のときちゃ、インサイドハーフの選手の動きがなかなか効果的に発揮されんがんで、攻撃も守備も中途半端になる印象があったがいど、ぎこちない印象やったヨンドクがよぉ、素早い判断をしとったのが印象的やし、ガオくんも積極的に前線に絡んどったがで、いい形は作っとったと思うちゃね。

ということで、今回はここまでにして、次は後半に触れるちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/739-f661a0e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。