スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J3リーグ第2節 ガイナーレ鳥取-カターレ富山

第2節は、元J2組のガイナーレ鳥取やちゃ。



結果は1-2でカターレの負けやちゃね。

試合を全体で見ているわけやないがで、どんな試合やったか分からんねど、失点シーンを見ると、昨年からの守備の問題がなかなかクリアされんがで、やっぱし一筋縄ではいかんという印象を感じたのう。クロス対応の難しいとこやけど、中央にはレンペーやジェウォンがおるとこやと、上手く跳ね返せるとこやけど、ファーサイドに死角を狙って飛び込むボールに対してはよぉ、反応の遅さが出てしまっとるけど、そこが今シーズンもなかなか変わらん部分ではあるちゃね。

前節の試合を見る限りやと、セットプレーを含めたクロスボールへの対応でよぉ、危ないシーンが何度もあったがいど、ガイナーレさんはその危ない部分を上手く突いてきた印象があるちゃね。2失点とも、右からのクロスを、ファーサイドにおる低身長の國吉くんのとこを狙ってくるとは、昨シーズンも食らってきとる形やけど、J3に下がった今でも、この課題に向き合っていかんならんちゃね。

今でも狙われるということは、やっぱしこれが降格の大きな要因と言えるやろうのう。



しかしよぉ、セットプレー、クロスボールに対する守備ちゃ、いろいろ資料を読むことはあるがいど、これは非常に難しいと思うちゃね。特にセットプレーに関しちゃ、おおまかに分けるとしちゃ、「マンツーマン」と「ゾーン」による守備に分けられるがいど、対戦相手の動きに合わせるのが「マンツーマン」で、来たボールに対応するのが「ゾーン」やけど、これが一長一短があるちゃね。

昨シーズンまで監督をやっとった安間さんは、マンツーマンもゾーンもどちらも採用はしてきとったけど、身長に恵まれた選手がおらんかったことがあって、「マンツーマン」を使用しとったときは、ちゃんとマークについとっても、単純に高さでやられることが多かったがで、ここ2年はゾーンを使用することが多かったがいちゃ。

そんでも多くの失点を重ねて、非常に苦労しとったがいど、ファーストタッチでやられてしまうことは、そんなに多くはなかったがいちゃ。しかしよぉ、守備の対象が人やなくて、ボールながでよぉ、意識がどうしてもボールに偏ってしまってよぉ、出足が鋭く、ゴールに突っ込んでくる選手に対しちゃ、やっぱし苦手やったイメージが強いちゃ。各選手が決められたエリアで守っていく「ゾーン」で守備をしとったら、最初のボールへの反応は速いがいど、逆にトリッキーに動いてくる人に対しては、反応が遅くなりがちながいちゃ。

ほんじゃから、セットプレーをゾーンで守っとるときに、「ボールウォッチャーになっとる」という指摘があるのちゃ。人よりもボールへの意識が強い守備やから、そういう風になってしまいがちながいちゃね。


今季の岸野さんは、基本的にゾーンを採用しとらっしゃるちゃね。今季は単純に高い選手もおるがで、秋田戦を見る限りやと、純粋に高さで負けることは、昨シーズンよりはマシになると思うがいど、鳥取戦やと、昨シーズンと同じような失点シーンが出とるだけあって、そこを岸野さんがどうクリアしていくか、今後見ものになるちゃね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/758-41a9a1be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。