スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J3第18節 カターレ富山-レノファ山口 / 貫き通せるもんと、そうやないもんの歴然の差ながいちゃ

先週に引き続き、雨やったけど、県総へ行ってきたがいちゃ。

2015-6-28_1-1.png





まず、試合についていろいろ書く前に一つゆっとくがいど、オラはどの試合にしても、相手チームが素晴らしいサッカーをしとったら、例え贔屓のチームが相手やったとしても、素直に褒めるようにすると考えとるがいちゃ。地元チームが勝って欲しい気持ちは変わらんがいど、一人のフットボールファンとして、良いものを観たいとか、フットボールを楽しみたいと考えておるがいちゃ。

今季は諸事情があって、なかなか県総へ行けん状況ながいど、J3で爆発的な攻撃サッカーで首位を走っとる、レノファ山口のサッカーが凄く興味があったがで、雨の悪条件の中、観に行くことにしたがいちゃ。



カターレのスタメンは、途中交代でよく起用されとった、ヨシキが初スタメンながいちゃ。重心の低いドリブルで、チャンスメークしていく選手やけど、この試合では右サイドで起用される感じやちゃね。ボランチには隼暉が戻ってきて、三上さんとダブルボランチで、フォーメーションは4-4-2ながいちゃ。

対するレノファ山口ちゃ、4-1-4-1とも、4-2-3-1とも取れるフォーメーションやちゃね。リーグ得点ランキングトップ3を誇る3人と、鳥養祐矢選手が前線4人に連ねる感じながいちゃ。その後ろに新潟からレンタル移籍中の小塚選手と、町田ゼルビアから移籍した庄司悦大選手がおるちゃね。見た感じやと、あんまし知名度が高い選手がおらん・・・と言えるかのう。

試合はよぉ、前線からラインを上げて、狭いとこでショートパスを細かく繋いでいくレノファ山口と、中盤を厚くして、ボール奪ったら、縦へ速く狙っていこうとするカターレという構図やったじゃ。立ち上がりから見た感じやと、カターレがタイトな守備でレノファの選手を囲い込んでもよぉ、テンポが良いパスワークでよぉ、上手く前線にボールを持っていくがいちゃ。ただ最後の詰めがまだ合っとらん感じやったがいちゃ。ここはカターレは最終ラインとGKの連携がまだ取れとったと思うちゃね。

ただ、レノファの立ち上がりちゃ、最終ラインからのビルドアップが、ちょっこしカターレの選手に引っかかる選手が多くて、プレゼントパスを出しとるような感じになったのう。縦へ行くタイプの選手を多くおるカターレにとっちゃ、レノファの後ろから繋いでいくサッカーちゃ、むしろやりやすいタイプかもしれんのう。ほんじゃから、最初の20分くらいは、カターレが上手くやっとったと思うがいちゃ。

2015-6-28_2_convert_20150630120700.png

2015-6-28_3_convert_20150630124257.png

1点目は江角のロングキックをよぉ、中西くんが落としたところを、上手くヨシキがコントロールして、相手DFの黒木選手をかわしてから、スルーパスすると、中西くんがワンタッチシュートで、カターレが先制ゴールながいちゃね。この日初先発のヨシキが、黒木選手の軽率なチェックを上手くかわして、アシストにつなげとるがよ。ヨシキのプレーも、中西くんのプレーも、ワンタッチで勝負を決めたものやけど、ゴール奪うシーンちゃ、やっぱしシンプルな形で決まるもんやのう。

2点目は三上さんのゴラッソやのう。普通はあんなのちゃ、なかなか入らんもんやけど、よく抑えたボールを蹴られたと思うちゃね。しかし、身体能力が高い三上さんが、コーナーキックを蹴っとるとは、突っ込みどころな気はするがいど・・・なんのせ、初ゴールおめでとうやちゃ。




ほんじゃけど、J3では無類の勝負強さを誇るレノファ山口は、立ち上がりの2失点すら、モノとせんと、立ち上がり同様に、パス回してよぉ、カターレの守備を崩しにかかってくるがいちゃ。46得点の脅威の得点力によぉ、第8節の琉球戦で1-3から大逆転しとる経験からか、すごく自信に満ちて、かつ冷静に試合を運んどらっしゃったのう。

結局、レノファさんが失点したのちゃ、1点目は中西くんが落としたボールを、黒木選手がヨシキに突破を許したことと、2点目は三上さんのゴラッソによるものであってよぉ、戦術的に対応されたわけやないがいちゃ。中西くんも三上さんもナイスゴールやったけど、今のレノファの選手には、今のカターレの選手がやれること以上のことができる、J3トップクラスのチームながよ。相手がJ2に6年もおったチームとか関係ないがいちゃ。今シーズン、11ゴールしか決めとらん、カターレが2点取れるがなら、レノファは8点取れると考えられるちゃね。時間はまだ70分もあるがで、何も迷うことはないがいちゃ。

2015-6-28_fukumitsu_convert_20150701013131.png

そこでテンポよくパスを回していく山口に対してよぉ、ついていけなかったカターレディフェンスがファールをしてしまってよぉ、ゴール正面からのフリーキックを与えてしまうがいちゃ。そこで黒木恭平選手のキックから、福満隆貴選手が頭で合わせてゴールするわけやけど、クリアせんなんポジションにおるはずのレンペーが落下地点を掴めなかったがいちゃ。

2015-6-28_shimaya.png

そして、問題のシーンやちゃ。小塚選手のスルーパスが通らず、そのままGKが処理するとこやったけど、江角選手がボールの処理に失敗して、そのボールをレノファ山口のMF島屋八徳選手に狙われて、同点ゴールを決められたがよ。

これは完璧にエズさんのミスながいど、レノファ山口は例え相手がボール持っとるときでも、攻撃しとるような意識の高さを感じさせるシーンやったと思うちゃ。もちろんあそこで相手GKを追うのちゃ、定石ながいど、パスが通らんかったら、そこで攻撃は終わりという感じやない姿勢を見れるシーンやったと思うちゃね。

エズさんのミスの前にやっとった、島屋選手から小塚選手へのコンビネーションとか見ると、カターレがやっとるようなサッカーとはまるで質が違うもんで、パスを通す前から、パスコースや選手の動き出しを頭に入れてプレーしとるし、そのためには相手選手をどうやって動かしていこうかとか、頭に入れてプレーしとるちゃね。これをやる前に、岸田狙いの裏狙いのロビングボールやったり、逆サイドの鳥養選手に展開してみたりと、アタッキングサードでの動き出しちゃ、カターレと段違いのバリエーションの豊富さと、スピード感があったのう。

本当はそういったとこを、もっと図解にしてみたいがいど、あいにくこの試合はスカパーオンデマンドでやっとらんし、ましてや地上波で放送してくれたわけやないがで、残念ながら作れんがいちゃ。いろいろ図を作ってみてよぉ、それでサッカーが面白いと思わせられるがなら、カテゴリーが低いとこでも、おもしくサッカーを見られるんやないかと思うしのう。

2015-6-28_kishida.png

44分のレノファが自陣からの攻撃やちゃね。これもカターレのミスということになるがいど、オラからしちゃ、岸田和人選手が駆けっこで勝った結果がすべてやちゃね。エズさんが変に上がっとらんでも、1対1になったのは間違いないしのう。以前からのレノファのゴールシーンとか見とる感じやと、岸田選手のスピードちゃ、J3でも屈指のものを持っとるだけあって、タイミングさえ合えば、相手のDFを置いてきぼりにできるほどの能力はあるちゃね。高さで競わせるには、レンペーには勝てんとこやけど、スペースに飛び込ませるがなら、岸田選手の方が断然上手やちゃね。

そんでもディフェンスラインとGKの連携が上手くやっとれば、なんとかなるとこやけど、エズさんの迷いがあるプレーを見る限りやと、いかに自分らのサッカーに自信を持っとらんがか、強く感じるとこながいちゃ。その脆くなっとるとこを、冷徹に狙っていくレノファさんは、サディスティックやと思うがいど、強いチームは同じとこやられてもやられんし、弱いチームは同じとこ狙われ続けたら、ボロボロになるのは、サッカーのみならず、ほとんどのスポーツに言えることやちゃね。

ということで、2-3で前半は終了ながよ。久々にレポート書いたがで、えらい長くなってしまったじゃ。後半はちょっこしだけやけど、分割して書くちゃね。

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/768-2c19d956
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。