スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラーイさんが18年ぶりにソンバトヘイへ帰ったがいちゃ

キラーイさんがよぉ、今シーズン終了前によぉ、フラムを契約満了で退団してよぉ、古巣のソンバトヘイ・ハラダーシュへ18年ぶりに復帰したがいちゃ。

”トレパン”GKキラーイ、18年の外国生活を終えて祖国のクラブへ | theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!
http://www.theworldmagazine.jp/20150709/01world/germany/10480 @theWORLD_JPNさんから

1994年
kiraly_47.jpg

2015年
kiraly_43.jpg





世界中のサッカーを扱う、電子ジャーナル「ザ・ワールド」さんがよぉ、ソンバトヘイ・ハラダーシュへ戻った、キラーイさんの記事を書いてくださったがいちゃ。国際舞台にはほとんど無縁で、ヘルタ時代以外は、ほとんど2部リーグでプレーしとったキラーイさんながに、ここまで書いてくださるとは、ファンとしては五臓六腑に染みわたるほど嬉しいちゃね。

「キャリアを始めたクラブと終わるクラブは同じクラブ」とキラーイさんがゆっとらっしゃる通りの移籍ながいど、39歳になった今、有限実行で復帰するとは大したもんやちゃね。GKは選手生命が長いとか、よく言われるけどよぉ、実際問題そこまでプレーできる選手ちゃ、ほんの一握りしかおらんがいちゃ。それもハンガリーで、長く1部で戦い続けとるソンバトヘイ・ハラダーシュだと、簡単な話ではないちゃね。

キラーイさんちゃ、全盛期といっちゃ、チャンピオンズリーグにも出場しとった、ヘルタ・ベルリン時代に尽きるがいど、ヘルタのラストシーズンはポジションを奪われるような感じやったし、その後に移籍したクリスタルパレスでは、1年で降格するとか、監督スタッフの交代とかで、ベンチにすら入れんことがあって、その時に短期レンタルで、ウェストハムやらアストン・ヴィラで、2週間ほどプレーしとった時期もあったがいちゃ。まさにレンタルトレパンやちゃね。

その後にバーンリー、レンタルでレヴァークーゼンでプレーしとったがいど、その時もベンチウォーマーになっとる時期があってよぉ、ハンガリー代表からも遠ざかっとったがいちゃ。クリスタルパレスでも上手くいかんと、バーンリーまでも上手くいかんかったがで、さすがにキラーイさんも今後は厳しいかとオラも思っとった時期があったがいちゃ。

ほんじゃけどよぉ、バーンリーとの契約が終わったらよぉ、ドイツへ戻って、1860ミュンヘンでプレーしとったげっそ。そこでポジションを掴むようになったらよぉ、ハンガリー代表にも復帰して、ほとんどレギュラーでプレーしとったがいちゃ、ネットでしかキラーイさんの状況は確認できんがいど、ハイライトを見とっても、キレがある動きしとるし、やっぱし試合に出てれば、レベルが高いプレーしとられるちゃね。なかなか昇格できんかったがいど、レーヴェンでは本当にいい印象が残っとるちゃ。

昨シーズンはよぉ、レーヴェン自体がゴタゴタしとってよぉ、上手くいっとらんときに、イングランドの2部で低迷しとるフラムの当時の監督やった、フェリックス・マガトさんに呼ばれて、再びイングランドへ渡ったがいちゃ。ほんじゃけど、マガトさんが早々に解任されたらよぉ、ほとんど出番がない状況やったじゃ。1年契約が終わる前によぉ、ソンバトヘイ・ハラダーシュへの移籍が決定したがいちゃ。







生まれ故郷のソンバトヘイへ戻ったキラーイさんやけど、やっぱし地元が産んだ英雄ながで、練習見学しに来とるもんが結構おられるみたいやちゃね。

決してよぉ、派手なキャリアを歩んどるわけやないがいど、39歳になっても、現役を続けておられるとは、本当に立派やちゃね。キラーイさんのことを知ったのちゃ、今から15年前くらいやけど、その頃からブンデスリーガでも指折りのGKやったがいど、そこからのキャリアがえらい苦労されたのは、オラとしちゃ、思ってもおらんかったがいど、逆に39歳まで、しかも現役のハンガリー代表としてプレーし続けるとは、本当に凄いちゃね。




戻ってきたキラーイさんはよぉ、自分の名前を冠につけた、「キラーイ・カップ」という子供達の大会を開催しとられるちゃ。故郷をいつも大切にされとるちゃね。キラーイさんのような、長年、一国を背負ってきた選手が、ソンバトヘイから沢山出てきて欲しいちゃね。







ツヴァイテスキーさんのツイートから引用したがいど、あのトレパンちゃ、ゲン担ぎで履いとられるもんながいちゃ。他のGKちゃ、トレパン履くもんはおっても、ほとんどが黒やけど、残っていたトレパンがたまたまアレやったもんやから、そのまま出場したわけやけど、これは相手選手もびっくりしたやろうのう。その後から、練習時には黒使っとることはあっても、ずっとあのグレーのダボダボトレパン使っとられるちゃね。

相手との衝突を恐れんと、積極的に前に出てくるタイプのGKながで、どこのクラブでも凄く印象に残っとられるには違いないちゃね。最初は綺麗なトレパンもすぐにドロドロになってしまうがで、1年間でたくさんのトレパンを消費してしまうがいちゃ。酷い時は1試合でダメにすることもあるけど、その懸命な姿に好かれた方々も結構おられるんやないかと思うがいちゃ。

39歳という年齢で、ソンバトヘイへ戻ったがで、キラーイさんのプレーを見られるのも、ほんの僅かやちゃね。ほんじゃけど、代表チームはEURO出場に向けて奮闘しとられるし、キラーイさん自身初の国際大会出場も掛かっとるちゃ。自身のゴールを決めたと思うがいど、最後まで力の限り頑張って欲しいちゃね。

kiraly_32.jpg
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/771-2d546e19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。