スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J3第26節 カターレ富山-AC長野パルセイロ② / 最終ラインのボール回しは裏狙いの布石やちゃ

さて試合編やちゃ。








前の記事で、結構エネルギーを消費したこともあったがで、今回はそんなに試合に触れるつもりはないちゃ。

澤入新監督になって、いろいろ気づいた点を挙げてみるちゃね。

1.フォーメーションを4-4-2から、4-1-4-1へ変更

岸野さんはほとんどが4-4-2をベースとしとったがいど、前に書いたとおり、そこにばっかり行き過ぎて、どうしても柔軟性が欠けるし、ピッチに広く選手を置くもんやから、選手間の距離が遠く、それぞれが個の能力の高さを要求されるとこがあったがいちゃ。そこを中盤の人数を増やすことで、だいぶコンパクトにしてきとるちゃね。

1トップにコケちゃんが入ったのは、以前に安間さんがやっとらっしゃった戦術に近くて、基本は裏狙いながいちゃね。左サイドで起用された中西くんに関しちゃ、いろいろ言われそうな気がするがいど、イメージとしちゃ、ザックジャパンの4-2-3-1で、2列目のサイドでプレーしとった、岡崎慎司選手に近いイメージかもしれんのう。両サイドともボールを持って仕事をするタイプを配置しとったがいど、これで右サイドでゲームを作って、左サイドが大外から飛び込んでくるイメージにはなるちゃね。

2.オーバーラップしない両サイドバック

この試合を観て思ったがいど、両サイドバックちゃ、攻撃参加が消極的やったのう。レンペーはともかくとしといてよぉ、日高さんも抑え気味やったのが、以前とは違うとこかのう。後半になったらよぉ、日高さんがちょこちょこ上がっていくシーンはあったがいど、これは時間帯も見計らってやっとられるかもしれんのう。

サイドバックちゃ、攻撃参加するようなものだという認識ちゃ、日本だと当然のように染み付いとるとこはあるけど、現実問題、そうとは限らんのは、世界のサッカーを見とっても、明らかながいちゃ。前線へやたらとオーバーラップするサイドバックちゃおるけど、実際問題どこまで効果的な動きをしとるかどうかちゃ、怪しかったりするがで、「積極的に上がったら評価する」みたいな感じちゃ、もしかしたら固定概念に縛られとるかもしれんし、古い考えかもしれんちゃね。去年のW杯でゆったら、4バック全員がセンターバックを本職とする選手を並べたベルギー代表とかそうやし、優勝したドイツも途中までは本職CBを4人並べる感じやったしのう。

ケース・バイ・ケースやけど、澤入さんにとっちゃ、サイドバックのタスクとしちゃ、オーバーラップよりも、しっかり守備できることとか、確実にボールを回すこととか、

3.バックパス、横パスの多用

これは試合を見とっても明らかやったけどよぉ、あんましにも多いもんやから、スタジアムが騒然としとったのう。一番目立っとったのは、右サイドバックのレンペーやけどよぉ、無理に前に蹴るよりは、頻繁に戻した方が、まだ堅実という考えかもしれんちゃね。そんでもボールを回すのは危なっかしく見えるけどよぉ、ゴールから割と近い位置におる平出、吉井の両センターバックは、ボールは早めにさばいて、ボールを動かそうとしとったのう。

そうなってくると、最終ラインでのパス回しが多くなってくるもんやけど、高い位置から奪いに来るパルセイロに対して、隙を狙った印象が強いちゃね。相手のディフェンス面での連携のほころびを狙って、空いたスペースを狙っていく感じかのう。実際は観客から見ると、危なっかしいプレーに見えるとこやけど、あんまし無理なことはせんような印象はオラには感じたかのう。岸野さんのときにみたいに、中西くんに当てていくのもいいと思うけど、澤入さんはむしろボールを大切にしていこうと考えとられると思ったじゃ。

危なっかしいようなボール回しに関しちゃ、これは今のカターレの選手の技術的な問題やったり、戦術への慣れへの問題があるかもしれんちゃね。ほんじゃけど、安易にラインを下げるようなボール回しはせんと、ボールを奪われた後の約束事がちゃんとやろうとしとるとこに、今までの違いは感じられたかとオラは思うちゃ。

ボールを奪われることによぉ、ワーワー言っちゃうサポーターさんは多かったがいど、サッカーにおいて重要なのちゃ、奪われること自体よりも、ボールを失った時の状況が決定機につながらないかどうかが重要であって、ボールを奪われることばっかし気にしとったら、単なるポゼッションを上げるためにサッカーをしとるようなもんに過ぎんとオラは思うがいちゃ。

欲を言えば、もうちょっこし中盤の選手が最終ラインを上手くサポートしてくれりゃ、もっと良くなると思うがいど、パス回しも裏抜けも参加できるような選手が出てくればいいちゃね。

4.明確な裏狙い




おそらくこれまでのゴールシーンとか分析されとる結果やと思うけどよぉ、いかにコケちゃんや中西くんに裏を抜けてもらおうかと考えとるのは見たかのう。これまでは両サイドハーフにボールを預けて、そこからの個人技でどうかしようと思っとるような感じやったけど、長野戦は相手の選手を動かしながら、守備の薄いところを作ってってよぉ、どうやって裏に一発長いボールを蹴るのか考えとるように思えたのう。

最終ラインでボールを回すのちゃ、相手を引きずり出すための布石だと見ると、澤入さんのサッカーちゃ、意外とおもしいかもしれんちゃね。

ただ、この裏狙いちゃ、周りの選手の走力(瞬発力・持久力だけやなくて、効果的に走る技術)を要するだけによぉ、従来のようにどうしても足下にボールを受けたがる動きばっかしになる選手やと、相手チームが「コケちゃんさえ気をつければいいや」みたいがに思われるだけで、攻撃面では脅威度が落ちるちゃね。実際に中西くんが負傷して、ケースケが入った後は、長野がゴールに迫ってくることもあったがで、あんまし効果的な攻撃やなかったのう。


5.闇雲な前プレはしない




写真やと分かりにくくて申し訳ないちゃ。

これもスタジアムで試合を見ているもんにとっちゃ、好意的に見られるかどうかはわからんねど、前からボールを追うよりも、まずは最終ラインと前線の距離をコンパクトにして、上手く保とうとするとこから重視しとったと思うちゃね。サイドバックが積極的に上がっていかん理由も、まずはポジションをしっかり取るとこから始まっとって、安易にカウンターを喰らわないように考えとられるかもしれんのう。

岸野さんが「走るサッカー」として取り入れたショートカウンターもよぉ、藤枝戦、福島戦のように、上手くハマってくれりゃ、得点も多く狙えるとこやけど、あんましにも深追いすると、最終ラインの裏にスペースができてしまってよぉ、足の速い選手に一気に持っていかれる可能性があるちゃね。高い位置でボールを奪って、シュート本数が多いがいど、なかなかゴールを奪われんかったのちゃ、ショートカウンターでボールを奪われても、相手が真ん中さえ固めておけば、失点されないような状況がほとんどやったからながいちゃ。攻撃パターンが確立されとらんショートカウンターちゃ、無駄走りが増えるし、ボール取れた状況が良かったらラッキー・・・というくらいやし、とても効率的とは言えんと思うがいちゃ。




長野戦を見た感じは、オラとしちゃ、「いかに裏を狙っていくか?」という、安間さんの頃のサッカーにちょっこし戻っとるかもしれんちゃね。これをポジティブに考えるかどうかは、人それぞれやと思うがいど、相手の選手を動かしながら、得点を伺うのちゃ、むしろ当然のことながで、そこに手を付けようとするのは、至極当然のことかと思うちゃ。次は山口戦やけど、過去2戦よりは期待は持てるように思えるちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

赤壁さんの監督インタビューを読む限りでは、クニはボランチのつもりだったようなのでフォーメーションも4-2-3-1のつもりのようですね。

Re: タイトルなし 

> 赤壁さんの監督インタビューを読む限りでは、クニはボランチのつもりだったようなのでフォーメーションも4-2-3-1のつもりのようですね。

なるほど。そいがですかあ。
試合観とる感じやと、泰次郎とクニが縦関係がハッキリしとると感じたけどのう。

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/791-30604c26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。