スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に奈良クラブ観に行ったじゃー 後編

今度は試合編やちゃ。

2015-9-20_naraclub.png









この試合のユニフォームちゃ、サードユニフォームのピンク色ながいちゃ。




実物見たのは初めてやけど、奈良クラブらしくえらい可愛らしいユニフォームやったのう。オラはすでにファーストを買ってしまったがいど、これはこれでほしいちゃね。完全受注生産みたいやけどのう。

1年ぶりの奈良クラブの試合ながで、どんなチームになっとらーか楽しみやったがいど、この日のメンバーちゃ、今季から新加入の選手ちゃ、DF坂本修佑選手とMF林佳祐選手が入っとるくらいで、あとは去年からもお馴染みのメンバーやったがいちゃ。ほんじゃけど、チームのシステムがよぉ、4-2-3-1から、3-4-3に変更になっとったのは、ちょっこし意外やったし、不動の右サイドバックやったはずの、野本泰崇選手がアタッカーで起用されとるし、いろいろ驚いたじゃ。


試合はよぉ、序盤から横河武蔵野の選手が、前に前にプレッシング掛けてきてよぉ、奈良クラブは最終ラインでボールを回すような展開やったがいちゃ。ポゼッション自体は奈良クラブの方が長かったがいど、なかなか敵陣でプレーするのが難しかった感じやちゃね。特に序盤は、深い位置の選手もミスがあっただけに、立ち上がりに苦労されとるんかと思ったじゃ。

そんでも、なんとかボールを失わずに、上手くキープするとよぉ、3バックとボランチでボールを回しながら、前線を伺っとったがいね。前半の途中くらいから、だいぶ落ち着いてきてよぉ、徐々に相手陣地でプレーできるようになってきたがいちゃ。そんでも、お互いに決定的なチャンスを作れんまま、前半は終了やちゃね。


ハーフタイムに、大和鹿次郎さんにお会いしたじゃ。はじめましてやちゃ!



後半も割と膠着した試合展開になってよぉ、両チームともなかなかチャンスを作れんがいね。そこでよぉ、野本選手を下げて、長野パルセイロでもプレーした、堤選手が途中出場ながいね。そこから奈良クラブが両サイドからガンガン攻められるような感じになったように思えるちゃね。そこで80分に、林選手のクロスを、相手DFが手に当ててしまってPK獲得ながいちゃ。これを「もっこすもっこす肥後もっこす」の堤が決めて、奈良クラブが先制ながいちゃ。

試合は1-0で奈良クラブが勝ったがいちゃ。

あんまし奈良クラブも上手くサッカーができたわけやなかったがいど、守備陣の踏ん張りやったり、何とか粘りながらもよぉ、ワンチャンスを決めた感じやったじゃ。横河武蔵野のプレッシングもなかなか激しかったがで、ボールを回すのも大変やちゃね。JFLでも実績が十分でよぉ、天皇杯でも実績を残しとらっしゃる横河武蔵野だけによぉ、下手なミスをしようもんなら、一気にカウンターで持っていける力はあるからのう。おっかないちゃ。

しかしよぉ、カテゴリーが上がると、やっぱし大変なもんながで、選手を変えなくても、システムを変えたりして、えらい苦労されとると思ったじゃ。何度も見とるチームやから、奈良クラブの選手の特徴も、そこそこ捉えとるつもりやけど、関西におる頃より、厳しいリーグ戦ながで、それぞれが持ち味を発揮できとるようには思えんかったじゃ。そこのとこちゃ、中村監督がよぉ、いろいろ組み合わせを変えながら、やりくりされとるがやろうと感じたじゃ。野本さんをアタッカーに起用するのちゃ、オラにとっちゃ、意外やと思ったがいど、惜しい場面はあったし、監督のやりたいことちゃ、なんとなくイメージはできた感じはするちゃね。関西リーグもレベルが高いリーグやったがいど、JFLはJFLで求められるもんちゃ、やっぱし違ってくるし、それに上手く対応してかんならんちゃね。



オラは2年前にお誘いを頂いたこともあったがで、その縁もあって、奈良クラブはいつも声出し応援に参加しとるがいど、いつも前向きな声援を送っとられるがで、オラは好きながいちゃ。




奈良の応援席の独特な気持ちよさちゃ、そういうとこにあるかもしれんのう。この試合ちゃ、なかなかボールが敵陣へ行かん、難しい試合やったがいど、相手のプレッシャーを上手く躱して、ボール繋いだときちゃ、声援を送ったりしとったし、バックパスでやり直しても、「次は逆サイドから行こう」とかゆっとられるし、他とは違う空気は感じたのう。オラが思わずため息が出そうになったシーンもあったがいど、周りの方々ちゃ、すぐに切り替わって、自分も一緒に守ろうとするくらいのテンションやったのう。







まさか学生スポーツの応援とかでもお馴染みのこの応援を、奈良クラブで聞けると思わんかったのう。ちょっこしビックリしたがいど、サッカーの応援もやり方はどういうもんでもよくて、やっぱし応援者が楽しそうにやっとるのが大切やちゃね。奈良クラブといえば、横に移動するアッコちゃんチャントもやっとってよぉ、これをやっとる時ちゃ、子どもたちもえらい寄っていく感じやったけど、選手、フロント、サポ含めて、こういう遊び心いっぱいな奈良クラブが好きながいちゃ。


そして、この日の試合ちゃ、観客が2415人集まったがいちゃ。










鴻ノ池へ到着したときによぉ、すでにえらいいっぱい入っとると思ったがいど、奈良クラブの最多入場者数を記録するとは凄いちゃね。子どもたちとか、家族連れ、ご年配の方々が結構おってよぉ、去年観に行った時と比べたらよぉ、奈良クラブちゃ、結構浸透されとるもんやと感じたじゃ。朝と夕方で地道に告知活動されとるし、話題作りも積極的やからか、結構浸透されとると感じたじゃ。

試合の締めに「1,2,3000人」の掛け声ちゃ、またおもしいことしとると思うちゃね。





最後に試合後のピッチやちゃ。

20151001022647326.jpg

ちょっこし前にプレーしとった選手たちと、ちょっこし前に試合をしとったピッチで、ファンと交流を図る、恒例の「ふれあいサッカー教室」は、JFLに昇格しても残っとるがいちゃ。奈良クラブちゃ、1ヶ月に1度、フットサルも開催しとるけど、こういうふれあいを大切にするとこみると、応援する気持ちも高まってくるように思えるちゃね。



オラは今季はずーっと奈良クラブ観に行きたいと思っとったがいど、なかなか予定が上手く取れんかったり、諸事情で上手く調整できんだがで、今季初の観戦ちゃ、こないだの横河武蔵野戦になったがいちゃ。

改めて言うがいど、オラは奈良クラブが好きやし、サッカー観戦が好きながいちゃ。

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/794-04829144
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。