スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カターレとグラウジーズとサンダーバーズの統合案を考えてみるちゃ

ちょっこし引っかかることがあるがで、またブログ記事にしてみるちゃね。

tt_toyama_sports_1.png

koitabi_toyamasports_icon.png













・・・とか、えらい問題視されそうなタイトルながいど、今の地域のプロスポーツクラブに関しちゃ、引っかかるとこがあるがいちゃ。

いまどきよぉ、どこの地方でも、様々なスポーツクラブができてきてよぉ、資金を集めるがに、一生懸命になっとられるがいど、その結果としてよぉ、様々な地域でよぉ、「スポンサーの取り合い」が懸念されとるちゃね。

富山でもよぉ、そういう傾向があってよぉ、企業によって、スポンサーについとる企業のカラーが違うことが多いちゃね。例えば、YKK、北陸電力ちゃ、カターレ(サッカー)。三協立山、米原商事などちゃ、サンダーバーズ(野球)三晶技研、アースコーポレーションなどちゃ、グラウジーズ(バスケ)みたいに、スポーツを選んどるような感じに見えるちゃね。

これは決して良いとはいえない感じやちゃね。県内企業が色分けされてしまっとる感じやからのう。同業種でスポンサーの取り合いをしとるがならまだしもよぉ、サッカー、バスケ、野球の3つのスポーツで、直接的な競合相手にならんがに、スポンサーを取り合う、歪な感じになるちゃね。本来ならお互いに地域を盛り上げる仲間であるはずながによぉ、営業面になってくると、どうも商売敵になるもんやから、親密な関係を築きあげるのちゃ、なかなか難しいんやないかと感じるちゃね。


そこでオラが思ったことちゃ、

「カターレ、グラウジーズ、サンダーバーズの経営統合」

・・・ということながいちゃ。

きゃー、また荒れそうなネタやぜぇ?と思われるかもしれんねど、カターレ、グラウジー ズ、サンダーバーズの財布を一緒にすることでよぉ、スポンサーの取り合いになるような状況を避けられるんやないかと思ったがいちゃ。そこから吸い上げてよぉ、クラブで各スポーツに上手く資金を分けていく感じながいちゃ。

各チームごとでよぉ、必要とされる資金は違うもんやけど、それぞれが違う広告費を求めとったらよぉ、判断するのも面倒くさ~なってくるんやないかと思うがいちゃ。企業さんも、平等さを意識してよぉ、どのスポーツのカラーに染まらんようにしてよぉ、どこのスポーツにも協賛しない企業さんも出てくると思うがいちゃ。そう思うと、新規を見つけやすくなるとオラは思うがいちゃ。


あとは、その際にやっておきたいことちゃ、「チーム名の統一」やちゃね。

これは癪に障るかもしれんねど、オラは統一したほうがいいと思うがいちゃ。なんでかと言ったらよぉ、何のスポーツでも取り組んどられる印象があるということとか、グッズ販売などで効率的な展開ができるとこもあるちゃね。応援するもんにとっても、わざわざ着替える必要もないしよぉ、一つのグッズを持っとるだけで、様々なスポーツを降れていかれるようで、お得感を出せるんやないかと思うがいちゃ。

もしお互いのスポーツがよぉ、トップリーグにおったらよぉ、多数の競技で、同じチーム名でよぉ、各スポーツの日本代表を揃えることができるのが、面白いかと思ったがいちゃ。ファン感謝デーとかも多種競技で合同開催したりよぉ、HPも統一化することでよぉ、ファン目線から見ると、1つのクラブで複数のスポーツを楽しめるようになるんやないかと思うがいちゃ。時間帯が違ってよぉ、同じ日に開催されるがなら、スタジアムとアリーナを繋ぐバスツアーとか企画してよぉ、1日で複数を観戦する、新しいスポーツライフも確立できるんやないかのう。

銭がかかる話ながで、これは夢物語に過ぎんかもしれんねど、スタジアムとアリーナを併設した、スポーツランドみたいのを作っていかれると、おもしいちゃね。でかいと銭もかかるし、土地も必要になってくるがいど、フットサル場、バスケコート、バッティングセンターとかも併設させてよぉ、スポーツを「見る」のと「楽しむ」のも、非常に近い位置になってきゃ、家族連れも友達連れとかも、楽しんでいかれるんやないかのう。

これに選手寮と練習場も同じような土地でやれると、またおもしいと思うちゃね。

この際にやっておきたいなーと思うことちゃ、やっぱし「シーズンチケットの統一化」ながいちゃ。

これは座席の区分の割り振りとかで難しいとこはあるけどよぉ、各スポーツごとでチケットが違ったりするとよぉ、買う側にとっちゃ、えらい面倒くさいだけになってよぉ、無駄に持ち物が増えていくだけやないかと思うちゃね。そこをよぉ、一つのアイテムで、複数のものに使えるような形にすりゃあよぉ、お客さんにとっちゃ、身軽になってくるしよぉ、チームにとっちゃ、印刷費やったり、余計な経費ちゃ、安上がりになるんやないかと思うちゃ。

それにやっぱし多種のスポーツファンの垣根を超えるというとこに、意味があると思うちゃね。バスケはバスケ、サッカーはサッカーみたいがに、各スポーツのファンちゃ、どうしても1つのスポーツに絞ってしまうとこはあるけどよぉ、シーズンチケットを統一化することでよぉ、時間に余裕があるときとかちゃ、普段見ないスポーツにも気軽に足を運べるようになるがで、お互いの観客数増加も見込めると思うちゃ。


今は何かいろんなシガラミがあったりとか、各種スポーツの成り立ちの違いの問題やったりとかで、それぞれがバラバラでよぉ、独立した組織でやっとられる感じやけど、これちゃ、とても効率的とは言えんがやないかと、オラは感じるがいちゃ。お互いに地域を盛り上げる目標は一緒ながに、スポーツ興行としちゃ、別のスポーツ同士ながに、いろんなとこでぶつかり合うのちゃ、本当に勿体無い話やちゃね。いつかはそういう問題点に手を加えてよぉ、多種目が共存していくようなクラブができていったら、あらゆる人にとっちゃ、多数のスポーツを気軽に楽しんでいかれるようになって、凄く夢がある話になっていくんやないかと、オラは思うがいちゃ。




ジャンプで連載されとる「食戟のソーマ」からの引用ながいど、地域スポーツを盛り上げたいと思う気持ちちゃ、どのスポーツもそうやと思うがいちゃ。そこをよぉ、サッカーならサッカー、バスケならバスケみたいがに、体面などしがみつくのちゃ、本当に大切なことかどうか疑問ながいちゃ。それは多くのファンが愛着を持っとられるチーム名とかにも言えるちゃね。ほんじゃけど、そこにある課題に立ち向かってよぉ、自らを変えていってよぉ、新たな未来を築いていくことも、考えていかんならんがやないかと思うがいちゃ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

完全に同意。
そしてサポーター/ブースターも統合、というか一体化していければ。

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/795-cc624e5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。