スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J3第33節 カターレ富山-ブラウブリッツ秋田 / いつもとんでねな場所で見たんだなぁ 後編

後編行ぐんだす。






ハーフタイムがらなぁ、オラ、ブラウブリッツ秋田のゴール裏へ合流しでなぁ、後ろで写真を撮っだり、Twitterでつぶやいだりしながらなぁ、ブラウブリッツ秋田の応援をしでだんだ。突然の訪問なんだすが、快く迎えてくれでなぁ、ありがたがったんだなぁ。







喉がガラガラんだで、ほとんど声出てながったかもしれねえんだが、なるべく手拍子さ合わせでなぁ、後半はブラウブリッツ秋田の勝利を願ってなぁ、応援させていだだいだんだす。ブラウブリッツ秋田のチャントさ、他のクラブではほとんど聞かねえようなチャントさ多ぐでなぁ、新鮮な感じやっだなぁ。テンポも速ぐでなあ、いい感じやっだなぁ。




後半に入っだらなぁ、ブラウブリッツがゲームが上手ぐ入れでなあ、試合の主導権を握ったんだす。前半同様にな、サイドと中央などになあ、ボールを回しながら、ゴール前へ狙っでいぐ感じんだっだなあ。特になぁ、後半のブラウブリッツさ、ダブルボランチの佐藤祥選手と島川俊郎選手のコンビがなぁ、競り合いで勝利しながらなぁ、マイボールをいっぺえ獲得しでだなぁ。




そすてよぉ、後半始まっで早々なぁ、試合が動ぐんだなぁ。左のセンターバックの山田尚幸選手がなぁ、ハーフウェイラインを超えだどごでなぁ、ドリブルでカターレの4番を躱しでなぁ、前線へロングフィードを出すとなぁ、右ウイングバックの川田和宏選手が裏に抜けできでなあ、GKとの1対1を決めで、ブラウブリッツが先制したんだす。

前半は結構細かく繋いでだがに、後半になっだらよぉ、すてっこ長いボールも使うみでえになってだなぁ。そこでなぁ、左センターバックの山田選手から、右ウイングの川田選手へなぁ、ダイナミックに展開するんだべなぁ。ドリブルで抜いた時点でなぁ、すでにオフ・ザ・ボールの動きがしっかりしででなぁ、カターレの陣形がなぁ、右へ寄り過ぎだ瞬間を狙っで、一気に狙っでみだ感じだなぁ。この時の相手の選手さ、ドリブルで突っかかっで来でる山田選手に目が行っでなぁ、川田選手の姿を把握しでねえんだなぁ。相手チームの守備の綻びが出てしまっだんでれど、前半から仕掛け続けでだ、横を広く使うサッカーがなぁ、決定機を演出しだに違いねえなあ。




その10分後の58分にはなぁ、ハーフウェイライン付近からなぁ、島川のロングフィードで一気に右に展開しだらなぁ、今度は右センターバックのキローラン木鈴が上がっできでな、フリーでクロスを打つどなぁ、最後は前山恭平選手が頭で合わせで、追加点を奪っだんだす。

今度は右の木鈴がアシスト決めるでるが、ピッチを幅広く使っだ、素晴らしい攻撃んだべなあ。チームの重心さ、左に偏っでるんでに、右サイドのガラガラのスペースを一気にセンターバックが狙っでいくとは、大胆な攻撃んだなあ。オラさ、ゴール裏から見でだが、島川選手のロングフィードが入っだ瞬間にな、ゴールまでの道筋が見えだなあ。

あどなあ、ゴールを決めだ前山恭平選手の動き出しもうめえんだなぁ。163cmの選手のヘディングシュートんでれど、この身長でなぁ、10cm以上大きい相手ディフェンダー相手になぁ、ゴールを決めでぐどきは、相手の裏をかいてなあ、同時に相手よりも速ぐ動いで行かねばならねが。そこでやっだのはなあ、一旦はニアを狙うように動いでなあ、瞬時にステップ踏んで、センターバックの間さ狙っでいるんだなあ。そこをなあ、クロスを上げたキローラン木鈴もよぐ分かっでるなあ。

ピッチを広く使っでるスタイルんだっでなあ、合わせていく選手さ、いろいろ工夫はしでいがねばならねが、ブラウブリッツの選手さ、細かいとこの動き出しさがなかなかおもへっこでなあ、駆け引きで見せでくれるんだなぁ。そのおかげでなぁ、このゴールの後にもなあ、フリーになるシーンが多くでなぁ、ボールホルダーの精度次第でなぁ、3点以上も取れだ試合んだったなあ。

守備はなぁ、基本的になぁ、島川と佐藤祥のコンビが球際で身体張っでなあ、どんどんボールを奪っでなあ、ブラウブリッツの攻撃に結びつけるんだが、相手が単調すぎるサッカーしでだんで、高い集中力を保っでなあ、良いサッカーしでだなあ。ダブルボランチのコンビはなあ、基本的には守備重視の典型的なアンカーんだど思うが、「誰がパサーになる」とかが、あんましこだわっでないとこに、今のブラウブリッツの好調さが出てるかもしれねえなあ。



試合は2-0でブラウブリッツ秋田さ勝利なんだす。見事チーム記録の5連勝んだ。内容的にはなぁ、完勝といえる中身んだったなあ。1回1回の攻撃参加する人数差が多ぐでなあ、その都度、「どこにパスを出すえが?」と思いつつなぁ、ワクワクしながら試合を見でだなあ。いつも富山側で見でるオラんだども、実際に試合見でだらなあ、ブラウブリッツさのサッカーがおもへっこでなぁ、向こう側はJ3残留が決まっだんで、ゴール裏が騒がしくなっでだみたいだがなあ、そんなのオラさ、どうでもいいように見えだなあ。

んだっでなあ、ブラウブリッツのサッカーを見で、ブラウブリッツのチャントを歌っでるとなあ、サッカーが楽しぐなっでくるなあ。こないだ触れたデザイニングの部分やったりなあ、試合内容にこだわっで、チームに関わるもんみんなでなぁ、真摯にサッカーに取り組んで、サッカー好きな人、ブラウブリッツ秋田が好きな人を増やそうと頑張っでられると感じだなあ。

いい試合やっだけどなぁ、フリーになっでる選手が多くで、そこにボールが行がねえ時もあっだりなあ、または精度が欠いでるときもあっだり、全体的な底上げはしでいく必要はあるけどなあ、このチームなら成長を楽しみに見ることができると、オラさ思っだなあ。




選手と歓びを分かち合っだ後はなぁ、上みでえになあ、ゲートフラッグを中央に集めでなぁ、円陣を組んでみだんだなあ。普段はやっでないことで、アドリブでやったみでえが、いい感じんだなあ。改めでなあ、ゴール裏に迎い入れでくださったブラウブリッツのサポーターさんに感謝んだなあ。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/797-e8ac210e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。