スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前山恭平選手を「秋田のヴァルブエナ」を呼ぶことにするんだす

んだなぁ。一つ気になったことさあるでな、追記させでいただくんだす。






2点目の前山恭平選手のゴールさ、興味深いんでなぁ、おさらいさせで頂ぐんだなぁ。

んだなぁ。この作業さ、すてっこ手が込むんども、ブラウブリッツ側のゴール裏で見でいだんでな、正直驚いだんだなぁ。スタジアムでさ見ででもなあ、163cmの前山恭平選手の小ささはまなぐ立つんだでども、彼がヘッドさ決めだからなぁ。カターレのセンターバックさ、平出選手が175cmでな、吉井選手が180cmでな、前山恭平選手から比べだらな、12~17cmほど違っでな、まず普通に競り合っだらな、前山選手が勝つのは難しいんだなぁ。

toyama-akita20151004_1.png

サイドチェンジからな、深い位置から上がっできたキローラン木鈴選手がな、ボールを受けると、まず前山選手がサポートを意識しでるのか、まずはニアに走ろうとするんだべなあ。

toyama-akita20151004_2.png

ボールを要求するようなジェスチャーを出しだらな、すぐに中央へ移動しでなあ、カターレの平出選手の背後へ回ろうとするんだなぁ。

toyama-akita20151004_3.png

んでなぁ、平出選手と吉井選手の間のスペースを狙っでいぐんだな。それも平出選手のちょうど背後を狙っでなあ、吉井選手からは微妙に遠い位置を取ってみるんだなあ。

toyama-akita20151004_4.png

そしだらなぁ、吉井選手がやばいと見て、ダッシュをし始めるんだす。

toyama-akita20151004_5.png

んでれど、先にポジションを取ってなぁ、キローラン選手のクロスに対しでなぁ、落下地点にポジションを上手く取っでいぐんだ。そのポジションを掴んだどこをなぁ、吉井選手が詰めでいぐんだども、時はすでに遅ぐでな。前山選手が見事にヘディングシュートを決めるんだなぁ。

toyama-akita20151004_6.png

toyama-akita20151004_7.png

相手の視界をなぁ、避けて通るようにしでなぁ、的確にスペースを狙っでいっでなあ、それで落下時点を掴んでいぐんだなぁ。キローラン選手もなぁ、それをやるこどを分かったようにしで、ゴール前でキレイなクロスボールさを上げでんだなぁ。この形さ、練習の中で何度も繰り返したに違いねえんだなぁ。

クロスボール上げたキローラン木鈴選手さ、今季途中からブラウブリッツ秋田に期限付きで加入しだんでなあ、すぐに溶けこんだでなあ、この日も攻守でいい仕事しでだなあ。島川俊郎選手のロングフィードからなぁ、一気にがら空きの右サイドのスペースを駆け上がっでなあ、クロスでゴールを演出する動きをやるとは、素晴らしい戦術理解度と技術を持っでんだな。彼が所属しでだ、東京ヴェルディやギラヴァンツ北九州で、どんなプレーさしでだか、オラさよく分かっでんでねだが、間瀬秀一監督の下で、プレーの幅を広げでるがもしれねえなあ。ピッチ上んでなあ、こういう幅の広がりを見せることができるチームだと証明しでいっだらなあ、ブラウブリッツのような後発のクラブにとっでは、自らの価値を上げることには間違いんでねだなあ。

そして、ゴールを決めだ前山恭平選手。彼は「秋田のヴァルブエナ」とオラさ名づけでおくんだな。フランス代表で、現在はオリンピック・リヨン所属のMFマテュー・ヴァルブエナ選手さ、前山恭平選手と同じくらいの身長んでなあ、豊富な運動量と、コンタクトを怖がらんでねな強靭なメンタルがある選手んでなあ、あの身長でヘッドも決めることもある選手んでなあ、彼と被るとこが前山選手には感じられんだなあ。

あのゴールシーン以外でもなぁ、前山選手のオフ・ザ・ボールの動きさ、巧みんでなあ、ピッタリボールが入っできだらなあ、この試合はハットトリックもできたがもしねえだな。サッカーは小さい選手はいっぺえいるスポーツんだが、小さいことはサッカーでも不利んだなあ。んでれど、巧みな駆け引きとプレーの幅広さんでなあ、プロサッカー選手として生き様を感じるんだで、オラさ彼のプレーにぐっとくるもんさあっだなあ。

普段見でいるカターレにもなあ、小さい選手さたくさんいるんだども、ここまで巧みに走りぬけようとする選手さ、オラさ見だ覚えはんでねえなぁ。長年主力でプレーしでいる木本敬介選手は、いつまで立っでも足下でボールが入っでからでんねえと持ち味がでねえしなあ。そんでなあ、去年に半年間カターレでプレーしでなあ、今は五輪代表の10番を背負っでいる中島翔哉選手はなぁ、ああいうプレーさ、カターレでほとんどできでながっだんだなあ。

あどなあ、相手の背後を取って、ゴールを狙うみでえな駆け引きの上手ささ、今季のカターレでは見だ覚えがほとんどんでねな。これでJ2に復帰しようんだというから、今思えば、首傾げでしまうんだなあ。去年のカターレもなあ、苔口、白崎、中島のトライアングルさで、注目浴びでんだども、全然機能んでれで、最終的に降格しでしまっだが、結局さ、相手を意識した駆け引きさ、全ぐできねえチームんだっだから、至極当然といえるかもしれねんだなぁ。




今のブラウブリッツさ、調子が非常にいいんだで、オラさ、いいところしか見えでんでねかもしれねえ。んでれど、カターレとの試合を見だ感じを見るどなぁ、相手のやるサッカーを踏まえでなあ、しっかり準備されでいるのさ、オラ感じだなあ。以前んだったか、間瀬秀一監督がなぁ、「特徴がないサッカーを目指す」みでえなことを言っでだような気がするんだが、サッカーにおける全ての可能性を追い求めるんだから、そういうコメントになるかもしれねえんだなあ。

最近のカターレみでえに、試合後の森泰次郎選手が「やろうとしているサッカーについて、誰かに尋ねられても答えるのが難しいような感じで、見ている人も『何がやりたいの』と思っていただろう。」と言っでるみでえになあ、何か特徴づけたものを作りたがっでるのとは対照的んだと感じるんだなぁ。

んだなぁ。結果的になあ、何をやりでえのか分からなぐなっでるカターレのサッカーより、ブラウブリッツ秋田の方が癖のあるサッカーをしでいるように見えるのは、何ともサッカーとは不思議なスポーツんだと感じるだなぁ。特徴を作るのがサッカーではなぐでなあ、サッカーに追い求めるものを全て追っていっだ結果が、ブラウブリッツ秋田の今の姿になっでるかもしれねえなぁ。

オラさ、こうやっでなあ、図解とかしながらなあ、マッチレポート書くのが好きんだども、ブラウブリッツさのサッカーを見でるとなあ、いろんなことをイメージしながら書けるしなぁ、書きたいことも山のようにあるんだす。本当は何度も見返しでみたいし、守備についても触れでみでえと思っでるんだ。それだげでなあ、ブラウブリッツ側でサッカーを見でいたのは、凄く貴重な経験んでなあ、凄く余韻を残っでいるんだなあ。

富山で開催する試合以外んでも、何度も観に行きたいどなあ、興味深いチームなんだす。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/798-d5f49ff6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。