スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングスローはそもそも有利なもんながけ? おまけ

スローイン関連のおまけやちゃ。














両チームとも、後半アディショナルタイムぎりぎりでのゴールやけどよぉ、どっちもスローインが起点となっとるちゃね。

まず青森山田高校は、3回戦の桐光学園戦のロングスローからのパワープレーで、ごちゃごちゃになっとるとこから、ゴールを決めとるちゃね。

そして、2つ目は、レノファ山口が優勝を決めた平林選手のゴールやちゃ。こちらは速いリスタートから、パスで崩して、最後はバイタルにおった平林選手のミドルシュートが決まったゴールやちゃね。

どちらの手段も素晴らしいと思うし、どちらもそれぞれの個性が出とるちゃね。一長一短というとこかもしれんのう。

ロングスローちゃ、ほとんどコーナーキックに近いポジショニングを取るような感じになるちゃね。多くが高身長のセンターバックが上がってきてから、プレーを開始するものやけど、これは相手チームも言えて、ポジションも整えやすいと言えるちゃね。

素早いリスタートは、プレーのリズムを切らずに、攻撃をし続けることができるがで、相手に呼吸を与える時間は与えんちゃね。それに上手く攻撃を継続できりゃ、スローインによって伴う、数的不利な時間ちゃ、一気に短縮することができるしのう。素早いリスタートは、それだけ素早い判断力を求められるだけによぉ、難易度も簡単やないけど、少なくともロングスローよりは、味方にボールが渡る確率ちゃ、高めやちゃね。

いずれにしてもよぉ、いろんな角度とか立場とか発想の転換でサッカーを見るのちゃ、楽しいちゃね。

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/821-64dd307c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。