スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味方を使って確率が高いプレーを選ぶよりも、ギリギリでも狙うのが中島くんの真骨頂と言えるちゃね

昨日のUPした後に、こんな記事が上がっとったがで、これを読んだ後に、また書いてみることにしたじゃ。








これは納得の記事やったのう。

なんでかとゆったら、周りの状況とかを意識するよりは、やっぱし徹底的に仕掛け続けるのが、彼の持ち味であるからのう。ボールを受けた後ちゃ、基本的にドリブルを選択することが多いもんやから、相手に非常に読まれやすいのが、今回の彼のパフォーマンスを物語るもんやけど、カターレにおる頃も、大体そんな感じやったと思うちゃね。

カターレにおる頃の中島くんの印象ちゃ、多分大方はよぉ、「シュートをたくさん打っても、なかなか決まらない」印象やったと思うがいど、確かにそれはオラも感じるとこながいちゃ。

なんて言えばいいがかのう?

ボール一個分くらいしかゴールマウスが開いてなかったとしてもよぉ、そこに強いシュートを狙っていこうとするのが、彼がカターレでやってきたことやけど、味方を利用して、よりゴールの確率が高いプレーを選んでいくことよりもよぉ、超高難度のプレーをよぉ、常時できるように目指すのちゃ、彼のサッカーへの向き合い方かもしれんちゃね。

その高難易度なチャレンジを繰り返す姿を、「積極的」と見るのか、はたまた「無謀」と見るのかで、彼への評価ちゃ、くっきり別れてくるもんやないかと感じるがいちゃ。

オラの個人的な意見としちゃ、「無謀」と捉えとるがいど、彼が失敗し続けたプレーの中から、ちょっこしでも周りを選ぶプレーにしとったら、もしかしたらチームのゴール数ちゃ、もっと増えたのかもしれんちゃね。いくら積極的にやろうとしてもよぉ、シュートが全然決まらんかったら、何も意味が無いのは、サッカーというスポーツでもあるからのう。

あんましにも失敗を恐れて、シュートを打たないのも良くないがいど、「仕掛ける」という行為ちゃ、責任も生じると思うがいちゃ。ほんじゃから、厳しい言い方になるがいど、彼の無謀なチャレンジが、カターレのJ3降格の原因になった・・・という見方は、別に間違えてもないかと思うがいちゃ。



イラン戦ちゃ、中島くんの2ゴールが決め手になったわけやけど、彼のパフォーマンスちゃ、決して全体的に良かったわけやなくて、むしろ味方にブレーキを掛けてしまうような印象すら感じさせられるとこはあったと思うちゃね。TL見ながら、試合をチェックしとったがいど、実際問題、中島くんのプレーの一つ一つちゃ、攻守のポジショニングのまずさやったり、攻撃時は無謀なチャレンジを繰り返すもんながで、「ベンチに下げてくれま」という声が目立っとったと思うがいちゃ。

しかしよぉ、手倉森誠監督ちゃ、中島くんを下げるようなことはせんと、それが延長戦のゴールに繋がった…と言えるちゃね。

よくよぉ、パフォーマンスは全部悪いがに、決勝ゴールだけはきっちり決められる選手とか、たまーにおるけど、アレに近いもんがあるちゃね。「これがあるからベンチに下げられない」と思わせる瞬間やと思うちゃ。


きっと中島くんちゃ、その自分がチャレンジしとる、一つ一つのスーパープレーをよぉ、確率を上げていくことで、違いを作っていきたいと思っとるはずやちゃね。メッシやロナウドがバンバンゴールを決めとるのちゃ、ボール1個分のギリギリな局面でもゴールを奪えるからでもあるけど、そこに迷うこと無く、チャレンジし続けるのちゃ、彼のサッカーでの生き様やと感じるもんやちゃ。

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/825-2e52a168
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。