スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラーイさんがとうとう40歳になったじゃ

2016年4月1日でよぉ、ガボール・キラーイさんが、40歳になったじゃ。









ヘルタ・ベルリン、1860ミュンヘンをはじめによぉ、ドイツ、イングランドの両国でよぉ、20年近くプレーしてきたキラーイさんやけど、今はキャリアを始めた、地元クラブのソンバトヘイ・ハラダーシュに戻っとるがいちゃ。





キラーイさんがドイツへ行く前のハンガリーリーグとか、土のグラウンドもあったらしいがで、それですり減るくらいなら、トレパンにしてしまえばいい…みたいのが初めやったがいど、このトレードマークになったグレーのトレパンちゃ、当時の公式戦で、その頃に使っとった黒いトレパンを忘れてよぉ、練習で使っとったグレーのトレパンしか無かったときに、仕方なく使ったら、上手くいったみたいがで、ゲン担ぎのために、今もずーっと使っとるがいちゃね。それから20年も現役でおられるがいちゃ。

オラがキラーイさんのことを知ったのはヘルタ・ベルリン時代やけど、その頃のヘルタちゃ、チャンピオンズリーグにも出場するくらいのチームで、今のヘルタの会長やっとるミヒャエル・プリーツがエースでよぉ、現ヘルタの監督のパール・ダルダイもおって、あとはイランの英雄アリダエイに、当時のドイツのホープMFセバスティアン・ダイスラーがおったり、ブラジル代表のテクニシャン、マルセリーニョとかおって、いつも楽しみにしとったがいちゃ。

ヘルタを2004年に去ってよぉ、イングランドのクリスタルパレスへ移籍したがいど、チームは降格するわ、出場機会が失うわで、結構大変やったがいちゃね。その後は、GKが怪我して人数不足になったウェストハムに2週間、アストン・ヴィラには1ヶ月と、短期レンタルもやっとったりしとったがよ。その後にバーンリーへ移籍するけど、バーンリーでもいまいちで、その後はドイツに戻ってレヴァークーゼンで控えGKやったがいちゃ。その頃は代表もレギュラーから外れるし、オラもこの時期は厳しいと思っとったがいちゃ。

そんでもよぉ、ヘルタ時代の実績も大きかったがか、昇格を目指す1860ミュンヘンが声かけてくれてよぉ、キラーイさんはそこで復活すらーよ。代表も遠ざかっとったけど、再びレギュラー確保してよぉ、イングランドでの厳しい時期から見事に復活したがいちゃね。5シーズン所属して、なかなか昇格はできんで残念やったけど、有望な若手を輩出したり、大迫勇也選手と一緒にプレーしたりと、結構楽しかったのう。

その後はマガトさんに呼ばれて、フラムでプレーするがいど、チームの不調に引っ張られて、レギュラーを失うがいど、代表は好調やったがいちゃね。フラムは1年で去ってよぉ、去年の夏に18年ぶりに古巣のソンバトヘイ・ハラダーシュへ戻ったがいちゃ。「キャリアの最後はハラダーシュで」とヘルタの時から決めとったことやけど、いよいよこの頃が来たがやね・・・。


長いこと見てきとるけど、本当に苦労されとる方やちゃね。イングランド時代とか、オラも正直辛かったしよぉ、2006年から2年ほど選出されんかった頃は、もう代表での姿を見られんかと、オラも諦めかけたからのう。そんでも、何度も何度もチャンスを掴んだのは、彼の相当な努力と人柄の良さが大きかったかもしれんちゃね。ウェストハム、アストン・ヴィラでの短期レンタルちゃ、オラも「レンタルトレパン」とかゆって、ネタにしとったこともあったがいど、ヴィラでは出場機会はあったしよぉ、内心はこのまま延長してくれんかと思ったし、不調だったとしても、いつも誰かは見てくれているようにも感じられたのう。本当に感謝やちゃね。

キラーイさんちゃ、すごく地元愛にあふれる方ながで、GK養成のスクール作ったり、西欧のクラブで稼いだ金でよぉ、ソンバトヘイ・ハラダーシュの環境を良くしたりと、何でもやっとらっしゃる方ながよ。子供のサッカー大会とかもよぉ、「Kiraly CUP」と冠名つけられとるし、伝説のマジック・マジャール以来、世界から取り残されとるハンガリーのサッカー界を、何とかしようとしとったがやね。

何度も何度もW杯やEUROの大会は出て欲しいと思っとったがいど、ハンガリーは正直あんまし強くないしよぉ、何度もオランダと同じ組になって、くじ運の悪さも目立っとったがいど、去年は悲願のEURO出場権を獲得したがいちゃ。その間に、国際大会出場の夢が実現しないまま引退した同世代や少し世代が下の選手もえらい多い中で、キラーイさんがキャリア晩年で実現することができたとは、一人のファンとして、涙が出そうなくらい嬉しかったがいちゃ。ノルウェー戦のファーストレグのビッグセーブ連発ちゃ、彼のキャリアの集大成を表しとると思ったじゃ。

40代にさしかかり、キラーイさんのキャリアは、まさに最終章と言えると思うちゃ。ご本人がよぉ、「1年でも長くプレーしたい」と言っとるし、オラは何年も見続けたいとこやけど、現役はいつまでやるのか分からんし、最後までその勇姿を目に焼き付けたいと思うちゃ。本当に尊敬しとるがで。

ガボール・キラーイ選手、誕生日おめでとうやちゃ。これからも頑張ってくりゃっせま。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://torepanfoot.blog60.fc2.com/tb.php/844-ca65ae35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。